格別の美味しさと話題の土鍋「ベストポット」から、ミニサイズが登場

機能性とデザイン性を兼ね揃えた最高の土鍋「ベストポット」

土と金属が作る最高の鍋。ここまでの機能性とデザイン性を兼ね備えた土鍋が他にあったでしょうか。世界に誇る日本の技術力の結晶ともいえる鍋の「ベストポット」。株式会社MOLATRURAが生産する家庭用調理鍋「ベストポット」に、小さなサイズのbest pot miniが誕生。文句の付け所のない傑作の新サイズは、日本中のキッチンを席巻しています。

簡単、手間なし、短時間で“いつもできたて”を実現した「ベストポット」は、四日市市の伝統産業でもある“萬古焼”と“鉄の鋳物”に、高度な精密加工技術と職人の匠の技を集結し生まれた、全く新しい鍋。新たに誕生したミニサイズは、一人分の料理を作るのにちょうどいい容量で、必要な分量を、必要な分だけ鍋におさめ、作りすぎることなく食事を楽しめます。また、一人用としてだけでなく、食事の時間が異なる家庭や、少しずつをたくさん用意したい時など、様々なシーンで活躍する優れものです。

best potの料理がおいしい秘密

土鍋の遠赤外線効果でうまみを逃がさない

土鍋は鉄鍋やアルミ鍋と比べて、3-4倍もの遠赤外線を放射しており、素材を一気に芯まで加熱することでうまみを内部に閉じ込めます。土鍋料理が美味しい理由の一つは、この遠赤外効果によるもの。Best potは、土鍋内部の釉薬に鉄分を多く含んだ阿蘇山の火山灰を使用することで、遠赤外線放射率を通常の土鍋よりも更に高め、よりうまみを逃がしません。

煮崩れしづらく素材の甘味を引き出す

土鍋は表面のざらざらにより食材が動きづらくなることに加え、煮はじめにゆっくりと過熱されていくため食材の表面が適度に固くなり煮込んでも荷崩れしにくくなります。その為、魚や肉料理など、形を崩さず見栄えのする料理に最適な調理器具と言われています。
また、ゆっくりと過熱されていくことで、デンプンを糖へと変えていく酵素の活動が活発になる温度帯を通過する時間が長く、より多くのデンプンが糖へと変えられ素材の甘味がより引き出されます。

高精度な技術による高い気密性でうまみを閉じ込める

食材に熱を入れることに対して、土鍋は最も優れていると言われていますが、陶器という性質上、焼く前と後ではサイズが異なり、精度の高い成形は極めて困難で、蓋と本体との密着度は、大きな課題となっていました。Best potは、その土鍋の致命的な問題を航空宇宙産業の部品加工にも携わる高精度技術の現合加工によって解決。1/1000mmの誤差まで保証する超高精度な技術によって、陶器を切削し、蓋と本体の密閉度を極限まで高めています。隙間なく極限まで高められた密閉度は、熱も旨味も鍋の中に閉じ込め、無水料理も可能としています。

特殊な羽釜形状と二重構造による効果的な熱対流

独自の特殊な羽釜形状と二重構造によって鍋の中でまんべんなく熱が対流し、じんわり、コトコト、ふっくら、素材本来の旨味をじっくりと引き出します。特殊形状による熱対流により、火を止めてからも、蓄熱した鍋の本体から、淀みなく熱が食材に届けられ、蓄熱調理を可能としています。

水滴で旨味を戻す

裏側に配置された突起物と中央部分の隆起によって、素材の旨味を含んだ蒸気を循環させて水滴に変えることで、無水料理が可能です。また、鍋本体と異素材の鉄鋳物の重みで、より気密性を高めている。蓋の裏側にあるフィボナッチ数列で並んだ凹凸が旨味成分を含んだ水分を効率よく鍋へ戻します。

ガス代も抑えられて環境に優しく調理ができる。best potの恵まれた環境の中で素材は本来の旨味を引き出される。メイドインジャパンの全てを集約し、さまざまなシーンを想定したカラーバリエーションで『見て楽しい、使って嬉しい、食べて満足』というデザインと機能性をとことん追求した今までにない新しい蓄熱無水調理鍋です。


新しく発売された「ベストポットミニ」は、料理のプロフェッショナルである広尾「分とく山」の総料理長・野﨑洋光氏、銀座「懐食みちば」の料理長・一ノ谷浩司氏からアドバイスを受け開発されたサイズで、「ベストポットミニ」(550ml)には、1人分のスープやデザートを作るのに最適な「mini shallow(300ml)」も同時にラインナップされ、1人分の食事や小分けでの料理を「いつもできたて」で愉しむことができます。また「ベストポット」シリーズとしては、豊富なサイズ、カラー、形状ラインナップが取り揃えられており、自宅に合った自分らしいベストポットをセレクトするのも楽しい。直火だけでなく、IH対応も出ているので、用途に合わせて選ぶこともできます。
そのまま食卓に並べ、器としても利用可能なかわいい土鍋は、プレゼントにもおすすめです。


「best pot mini」
サイズ:直径14.8㎝
重さ:鍋910g・蓋540g
容量:550ml(炊飯約1合)
カラー展開:ホワイト、ブラック、インディゴブルー、マスタードイエロー
価格:14,000円(税別)

best pot
https://www.bestpot.jp/

株式会社MOLATRURA
【空気以外なんでも削ります】の精神で、精密部品から航空宇宙分野の部品まで、様々な分野の加工技術を行ってきた株式会社 中村製作所(創業1914年)が、自社ブランド事業を法人化し、2018年に誕生した。三重県四日市市の遺跡や土器に育まれた縄文由来の会社だ。

関連記事

  1. 「Bang & Olufsen」、『Beovision Harmony』の88インチモデル…

  2. うまさを追求した最高峰の日本酒鷹ノ目-ホークアイ

  3. 世界初コーナーソファを生み出した「ロルフベンツ」

  4. カジュアルには、ルイ・ヴィトンの「タイガラマ」

  5. ジェイエムウエストンの定番に、遊び心のあるトリプルソール。

  6. 自分だけのリモワをカスタマイズで。

  7. 100年の時を超えて蘇ったバカラ「春海コレクション」発売

  8. 日本酒の上質を極めた「百光」

  9. 日本一予約の取れない「紀尾井町 三谷」へ。

特別連載 リシャール・ミル ブティック紹介

  1. 特別連載 Vol.9 リシャール・ミル名古屋松坂屋店
  2. 特別連載 Vol.8 リシャール・ミル伊勢丹新宿
  3. 特別連載 Vol.7 リシャール・ミル福岡
  4. 特別連載 Vol.6 リシャール・ミル神戸
  5. 特別連載 Vol.5 リシャール・ミル 西武渋谷店
  6. 特別連載 Vol.4 リシャール・ミル 大阪髙島屋
  7. 特別連載 Vol.3 リシャール・ミル 日本橋髙島屋
  8. 特別連載 Vol.2 リシャール・ミル 大阪

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. ルイ・ヴィトンの新作「LV ESCALE」 発売開始
  2. リシャール・ミルが新しい“代表作”「RM 72-01 オートマティック フライバ…
  3. 史上初!東京産カカオ使用の「TOKYO CACAO」
  4. フエギア 1833から、ディフューザーが!
  5. 2億5000万円のマクラーレン・スピードテール。
  6. サバティーニの夏は“海鮮”がいい。
  7. 世界初! MARK & LONA × EPON GOLFのコラボクラブ…
  8. 重すぎず、軽すぎないルイ・ヴィトン。
  9. 伊勢丹新宿店本館5階=ウォッチにカフェが誕生。
  10. 世界初コーナーソファを生み出した「ロルフベンツ」
PAGE TOP