世界最強のトゥールビヨン、RM 53-01。

ピッティ、ミラノ・コレクションから、
SIHH、ジュネーブ・サロンへ。
待望のリシャール・ミルの取材が終わった。
ポロ競技界のチャンピオンで、
リシャール・ミル ファミリーのパブロ・マクドナウ、
彼の限定モデル第2弾が発表された。

 


6年ぶりの第2弾、
それがRM 53-01 トゥールビヨン パブロ・マクドナウだ。

優雅にみえるポロ競技は、実はかなりハードだ。
一流プレイヤーの彼も何度も大怪我をしている。
脚や手の骨折の他、
「頭部の骨が砕けて、半年くらい穴が空いたままになった」
「60km/hから落馬!
失神してしまったこともあった」そうだ。
「マレットが、RM 053(第1弾モデル)に当たって、
怪我を免れたこともあった」
軽量にして、強靭なRM 053が、彼の選手生命を守ったのだ。
一方で、RM 053以上の強度を持ち、
さらに軽量なモデルの開発を、リシャール・ミルは続けた。

 

第2弾RM 53-01は、
メカニズムが見えるようになった!
ケーブル・サスペンションを搭載したトゥールビヨン。
業界初のラミネート加工された
サファイアクリスタルによって、
彼とトゥールビヨンを守る。
RM 53-01は、メカニズムが見える究極のタフ・ウォッチとなった。
衝撃はトゥールビヨンにとって大敵だが、
この問題に対してリシャール・ミルが出した答えは、
ケーブルを使ってムーブメントを吊るす
サスペンション構造だ。
この前例の無い構造を実現するには、
2枚の地板を使う必要があった。
1つ目は「周辺」の地板で、
ケースに固定し、張力装置を支える。
そして2つ目の「中央」地板は、
歯車や手巻き機構を含めたムーブメントそのもので、
ケーブルによって周辺の地板と繋がっている。
中央の地板は、
巣で待ち構える蜘蛛のように支えられており、
スチールを編んだ2本のケーブルの直径は、
僅か0.27mmにしかない。
RZ1と呼ばれるこのケーブルは、
立体的な構造を成しており、
10個のプーリーを介して
4個の張力装置に支えられている。
組立てを担当するウォッチメーカーは、
それぞれの張力装置にあるスプラインスクリューを回し、
ケーブルのテンションを調整。
また、ムーブメント全体に
均等なテンションを持たせるために、
プーリーシステムも採用している。
こうして吊るされたムーブメントは、
剛性に優れたグレード5チタン製で、
輪列のスムーズな動作と耐衝撃性に寄与しているという。

 


通常のクリスタルでは、
ポロで使われるマレットの衝撃には耐えられない。
そこでリシャール・ミル技術陣は、
サファイア・クリスタルのスペシャリストとして
世界的に有名なステットラー社の協力を得て、
自動車の分野で用いられるラミネート加工を採用した。
このクリスタルは、腕時計業界初となるもので、
薄いポリビニールのフィルムを
2枚のサファイア・クリスタルで挟むことによって、
すさまじい衝撃にも耐え、
仮にヒビが入っても、風防が砕け散ることがないという。
また、無反射のUVコーティングも施されている。
これは、視認性の向上のみならず、
紫外線の影響から内部を保護することもできるという。
これはリシャール・ミルが特許を取得している。

 


くぼみを入れることで構造を強化したケース(上)は、
カーボンTPTを加工したもの。
破壊不可能と言えるほどに優れた剛性に加え、
微小なヒビや断裂に対する耐性を備えている。
ダマスカス鋼のような光沢と、シャープなラインが、
スポーティな雰囲気を醸している。
下のモデルは、RM 029ジ ャパンブルー。
6.35mm、その厚みがおわかりになるだろう。

 

 


  • 第1弾、RM 053 トゥールビヨン パブロ・マクドナウ
    マレットが当たっても割れないよう、
    風防を守るためのようなモデルだった。

RM 53-01 トゥールビヨン パブロ・マクドナウ
手巻きトゥールビヨン
世界限定30本、日本入荷3本。
予定価格は1億230万円(税抜)
年内発売予定です。
10名近い方が予約を入れているそうだ。
http://www.richardmille.jp/watch/RM-53-01_TPT.html

リシャール・ミル
http://www.richardmille.jp/

関連記事

ページ上部へ戻る