マセラティ最強のSUV、レヴァンテ・トロフィオ。

ハイパフォーマンスSUVに興味のある方、SUVの枠を取り除き、ハイパフォーマンスモデルに興味のある全ての方に情報提供です。
近年のマセラティの爆発的な成長の立役者であるSUVモデル「レヴァンテ」に、マセラティ史上最強の動力源である排気量3.8ℓのV型8気筒ガソリン・ターボが積まれた。
そのモデル名は、レヴァンテ トロフェオ。
ニューヨークショーでアンベールされたそのモデル、レースシーンを彷彿させるそのネーミングからも本気度合いは伝わってくるだろう。
このV8エンジン自体はGTSにも積まれているが、それよりも最大出力が60psも増強されている。
背景には、砂漠も走れるレベルにまで鍛え上げたQ4インテリジェントAWDという四輪駆動が大パワーと大トルクを受け入れられることが挙げられるが、何にせよ、停止状態から時速100kmまでたった3.9秒でこなす俊足ぶり!
さらに、その最大出力590ps、最大トルク720Nmというモンスターエンジンに組み合わされるのが、ダイレクト感と滑らかな制御を両立するZF製の8速AT。
予想でしか無いが、どのモデルよりも滑らかに、安定して、そして速く目的地まで到着できるはず。
また、それ程のハイパフォーマンスエンジンだから当然、相応に生み出されるエンジンからの大量の熱対策として、専用のインテークグリルを設けており、結果、他のレヴァンテとは異なる存在感のある顔つきとなった。
同様にボンネットにはエンジン内部の空気を吸い出す排気ダクトが設けられ、排気効率を左右するマフラーは、高回転の伸びが良さそうな4本だしマフラーを採用、ブラック加飾されてまとまっている。
またその大パワーと大トルクを支えた上に優れた旋回力を得るべく、22インチの専用ホイルまで用意。
ボディ色を何にするかで、上質からヤンチャ感まで、漂わす空気を幅広い中から選べる。

最後に、内装にもまた相応の仕上げが施されている。
特にシートに使われる革が、フル・グレイン・レザーのピエノフィオーレを使用しており、見て、触れて、その上質な世界が移動の満足度を向上させるはず。
価格はまだ明らかになっていないが、2018年8月よりイタリアのミラフィオーリ工場にて生産がスタートするので、そう遅くない先に判明するはず。
これだけSUVが街に溢れ出した時代だからこそ、この手の中身が伴った個性派ハイパフォーマンスSUVで、周りよりもさらに一歩先を歩みたいものだ。

五味康隆●文

マセラティジャパン
https://www.maserati.com/maserati/jp/ja

関連記事

  1. マクラーレン新型「765LT」が日本初公開!

  2. スポーツカーの世界で最前線を走り続けるGT-Rの魅力。

  3. マクラーレンの最新モデル「McLaren 765LT」発表

  4. ダークなアクセントを効かせたモダンラグジュアリークーペ「 ベントレー GTマリナーブラックライン」登…

  5. アストンマーティン初の二輪車!ブラフ・シューペリアと共同開発した「AMB 001」の走行テストが進行…

  6. 遂に世界最高峰のグランドツアラー「ベントレー新型フライングスパーV8」生産開始

  7. モードな4座フェラーリ「ローマ」

  8. ベントレーコンチネンタルGTコンバーチブルに待望の“スピード”が登場!

  9. 一度は乗りたい!ベンツのスイートルーム 「メルセデス・マイバッハ Sクラス Grand Editio…

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. streamliner レインボーカラーを纏った「ストリームライナー」の 新作2モデルが、ついに日本に入…
  2. 重すぎず、軽すぎないルイ・ヴィトン。
  3. 今年こそ「アンダーズ東京」で優雅なお花見体験を
  4. 画期的な新システムが翼を広げたナダルモデルの新作
  5. 史上初!東京産カカオ使用の「TOKYO CACAO」
  6. ザ・リッツ・カールトン大阪「マノロ ブラニク」監修のアフタヌーンティー開催
  7. W大阪とクリスチャン ルブタン ビューティがコラボしたエレガントなアフタヌーンテ…
  8. 東山総本山 会津若松にバトラー付きの旅館「鶴我 東山総本山」が開業
  9. 信義を重んじる侍のように 時を刻み続ける『RM 47 トゥールビヨン』
  10. 色褪せることなく刺激を与え続ける唯一無二のクリエイター——「石岡瑛子 I デザイ…
PAGE TOP