オルネッライアから新ヴィンテージ 「ポッジョ・アッレ・ガッツェ・デル・オルネッライア 2018」発売

「ポッジョ・アッレ・ガッツェ・デル・オルネッライア 2018」

オルネッライアのワイナリーが誇るワインのひとつ『ポッジョ・アッレ・ガッツェ・デル・オルネッライア 2018』は、1年間の瓶内熟成が終わり、発売を開始した。

極上ワインの代名詞・品質至上主義のオルネッライア

まずは、オルネッライアについて紹介しよう。オルネッライアの名前は極上ワインの代名詞であり、トスカーナの美しさを余すことなく表現している。畑はトスカーナの海岸沿いにあり、歴史的な中世の町、ボルゲリや、ボルゲリから伸びる世界的に有名な「糸杉並木」まで至近距離にある。オルネッライアのシンボル的なワインが、赤のオルネッライアDOCボルゲリ・スペリオーレと、白のオルネッライア・ビアンコだ。セカンド・ラベルとして、赤のレ・セッレ・ヌオーヴェ・デル・オルネッライアと、レ・ヴォルテ・デル・オルネッライア、白のポッジョ・アッレ・ガッツェ・デル・オルネッライアも造っている。オルネッライアの初ヴィンテージは1985年で、わずか30年強の歴史の中で、入り組んだ土壌ごとに最適のブドウを選び、地中海性のマイクロ・クライメイトの恩恵を受け、赤白ワインとも、イタリア国内だけでなく、世界中から熱い賞賛を受けている。

オルネッライアのエレガントなスタイルを見事に表現

そんなオルネッライアが放つ新ヴィンテージ「ポッジョ・アッレ・ガッツェ・デル・オルネッライア 2018」。優れた味覚を備えたワイン愛好家をも魅了する白ワインとして、ソーヴィニヨン・ブランを主体に、ヴェルメンティーノとヴィオニエを少量づつブレンドしたこのワインは、オルネッライアのエレガントなスタイルを見事に表現している。
ワイナリーの醸造責任者、オルガ・フザーレは、次のようにコメントしている。
「ポッジョ・アッレ・ガッツェ・デル・オルネッライア 2018は、麦わら色に輝き、立体的な骨格のある芳醇なワインとなりました。2018年は、雨で始まり、陽光で終わった年。収穫は遅く始まり、通常よりも長く続きました。その結果、エキゾチックな果実の香りがあり、白桃や、デリケートなヴァニラのニュアンスのあるワインに仕上がり、口に含むと、ボディーが大きく滑らかなテクスチャーを感じ、華麗で豊かな味わいにあふれています。爽やかに続く余韻をお楽しみいただけます」

理想の天候に恵まれた2018年。上質のブドウで作られたワインは瓶内熟成を経て市場へ

猛暑が続いた2017年、ブドウの木に疲れが見えましたが、翌2018年は、寒い冬で始まり、春に雨が降ったことで、ブドウは活力を取り戻すことが出来た。7月は、地中海性のマイクロ・クライメイトの不思議な力で、乾燥して陽光の豊かな日々となり、9月に入ると一転して涼しい夜が続き、香り豊かで酸味に富むブドウが育った。理想の天候に恵まれた2018年、ソーヴィニヨン・ブランとヴィオニエの収穫は8月16日から9月中旬まで続き、ヴェルメティーノは、9月17日から25日にかけて収穫された。

エレガントで複雑な風味の「オルネッライア・スタイル」のワインを造るには、上質のブドウが欠かせない。同時に、ワインの醸造と熟成においても、細心の注力を持って臨み、高度に熟練した技が必要となる。はじめに、畑で健全なブドウだけを選んで収穫し、さらに、醸造前にも厳格に選果していく。ブドウは柔らかく破砕し、果汁を新樽と旧樽に、また、ステンレスタンクとコンクリート槽内でも発酵させる。ワインは6ヵ月おきに、微小の澱と接触させたシュールリーの状態での熟成と、バトナ―ジュによる撹拌を交互に繰り返す。これらは、オルネッライアのエレガンスと力強い白ワインを造る上で欠かせないプロセスとなる。最後に、それぞれのワインを試飲してブレンドし、1年間の瓶内熟成に入る。

最高醸造責任者のアクセル・ハインツは「ポッジョ・アッレ・ガッツェ・デル・オルネッライアは、エレガントで複雑さを備え、個性豊かで上質なワインとして、市場にリリースした直後からお楽しみいただけます。トスカ―ナ沿岸の銘醸畑の豊潤で華麗なこの白ワインが、時の流れとともに、どこまで熟成し、深みを増すのか、とても楽しみです」とコメントしている。

ポッジョ・アッレ・ガッツェ・デル・オルネッライアは、直ぐにでも、または長期熟成の味わいも魅力的だ。地中海スタイルの大きな特徴である、眩ゆい陽光と爽やかな風の恵みが詰まっている。畑の区画ごとに異なるマイクロ・クライメイトは、自然からの贈り物である。活き活きとした酸味、芳醇で瑞々しいこの白ワインは、トスカーナ沿岸のそよ風がブドウの木を優しく包み育て、見事に完成するのだ。

まばゆい陽光と爽やかな風、雨の恩恵を受けて理想の天候に恵まれ誕生した理想的な白ワインが、瓶内熟成を終え、いよいよ我々の食卓に上る。この年にしか存在し得ない極上の味わいを堪能しよう。

■商品名:ポッジョ・アッレ・ガッツェ・デル・オルネッライア 2018
■テイスティングコメント:白い果肉のフルーツの凝縮感のあるアロマに、わずかにヴァニラが感じられる。ふくよかで柔らかい印象に続き、豊かで際立った酸味を感じ、爽やかで長く余韻を楽しめる。
■ブドウ品種:ソーヴィニヨン83%、ヴェルメンティーノ11%、ヴィオニエ6%
■価格:8800円、750ml希望小売価格(税込)

オルネッライア
http://www.ornellaia.com/it/

関連記事

  1. 空気清浄機は、ひとりに1台の時代か。

  2. 日本一予約の取れない「紀尾井町 三谷」へ。

  3. アスプレイの四季を彩るベース。

  4. フェンディ カーサ、モダンになって復刻。

  5. 自分だけのリモワをカスタマイズで。

  6. 「FLEXFORM TOKYO」のショールームが規模を拡大して南青山に移転オープン

  7. リシャール・ミルの新作は、甘く懐かしい時間に誘うタイムマシン?

  8. 伊勢丹新宿店本館5階=ウォッチにラグジュアリーを極めたカフェが誕生。 後篇

  9. ルイ・ヴィトンの新作「ガストン ラベル」

特別連載 リシャール・ミル ブティック紹介

  1. 特別連載 Vol.8 リシャール・ミル伊勢丹新宿
  2. 特別連載 Vol.7 リシャール・ミル福岡
  3. 特別連載 Vol.6 リシャール・ミル神戸
  4. 特別連載 Vol.5 リシャール・ミル 西武渋谷店
  5. 特別連載 Vol.4 リシャール・ミル 大阪髙島屋
  6. 特別連載 Vol.3 リシャール・ミル 日本橋髙島屋
  7. 特別連載 Vol.2 リシャール・ミル 大阪
  8. 特別連載 Vol.1 リシャール・ミル 銀座

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. フェンディ カーサ、モダンになって復刻。
  2. ベントレーの新作「Bacalar」が3月3日に一般公開
  3. うまさを追求した最高峰の日本酒鷹ノ目-ホークアイ
  4. 世界でたった一つのグローブ・トロッター。
  5. V8フェラーリ最強の488ピスタ スパイダー。
  6. 一度は乗りたい!ベンツのスイートルーム 「メルセデス・マイバッハ Sクラス Gr…
  7. マクラーレン「720S Spider」に魅せられて。
  8. 空気清浄機は、ひとりに1台の時代か。
  9. ロイヤルブルーティーから新作ロイヤルダージリンラジャインペリアル発売
  10. リシャール・ミルからキミ・ライコネンモデル。
PAGE TOP