W大阪で味わう中華×鉄板焼の一夜限りのシェフズディナー


ラグジュアリー・ライフスタイルホテルW大阪1階の鉄板焼「MYDO」にて、京都四条烏丸の人気店「廣澤」からオーナーシェフ廣澤将也氏をゲストとして迎えた中華×鉄板焼という異色のシェフズディナーが5/25(土)に開催される。

大阪出身の2大アーティストがインテリアを手掛けた「MYDO」


W大阪1階に構える鉄板焼「MYDO」は趣向の異なる3つのエリアからなる。
遊び心溢れる“粉もん”を中心としたW大阪ならではのメニューが提供される「FUN(ファン)」。黒毛和牛のブランド牛や国産赤牛、新鮮なシーフードなどの高級食材を大胆に組み合わせたクリエイティブなメニューが提供される「LUXE(リュクス)」。大正時代に大阪で誕生したと言われる割烹に鉄板を使ったテイストを取り入れた「KAPPO(カッポウ)」。
それぞれのカウンターでW大阪ならではのエッセンスを加えたオリジナリティあふれる鉄板焼を楽しめる。
車寄せから専用通路で直接入店可能な完全個室の「プライベートダイニング」も備える。「天下の台所」と呼ばれ、進化を続ける大阪の食の歴史からインスピレーションを得たインテリアは、GLAMOROUSの森田恭通氏が手がける。さらにイラストレーターの黒田征太郎氏が大阪の食文化を手描きでエネルギッシュに表現、大阪出身の2大アーティストによるラグジュアリーなコラボレーション空間となっている。

予約困難な人気モダンチャイニーズ「廣澤」


京都祇園「蓮香(レンゲ)」、大阪「蓮心(レンシン)」という人気中華料理店で料理長として腕を振るった廣澤将也氏が、満を持して2023年烏丸に町家を改装しオープンした広東料理店「廣澤」。中華の枠に捉われず和食やフレンチの技法なども取り入れ常に進化を続け、オープンするや否や予約困難な店となった話題の人気モダンチャイニーズだ。

中華を鉄板で賞味するという新スタイルのシェフズディナー


京都四条烏丸で予約困難店として人気の広東料理「廣澤」からオーナーシェフ廣澤将也氏をゲストとして迎える一日限りの特別なシェフズディナー。
中華でありながら和食やフレンチのテイストを取り入れ、中華の概念を覆すような斬新な驚きを提供している「廣澤」。既に予約の取れない人気店として食通のみならず評判の高い廣澤将也氏の中華料理がW大阪の「MYDO」で味わえるスペシャルなディナーイベントが開催される。


提供されるのは、中華料理=中華鍋という概念を取り払い、鉄板で調理する中華メニュー。中華以外のエッセンスも取り入れることで新しい中華を創造してきた廣澤氏が、鉄板焼というエレメンツと邂逅すれば、新たな化学反応が起きることは必然だ。目の前の鉄板で調理される特別なライブ感とシズル感を愉しみながら、W大阪のソムリエセレクトのワインやティーをペアリングできるという贅沢を堪能できる貴重な時間となるだろう。
他では味わえない極上で特別なエンターテイメントが体験できるのは、このたった一日のシェフズディナーだけだ。

ここでしか味わえない特別な体験を望むなら、すぐに予約してみてほしい。
既に残りわずかということだが、特別な体験のパスポートを手にできるかもしれない。

「廣澤」〈鉄板中華〉シェフズディナー@「MYDO」

【開催日時】  2024年5月25日(土)18:30~スタート(18:00ドアオープン)
【場  所】  鉄板焼「MYDO」(1階)
【内  容】  鉄板で仕上げる廣澤シェフのモダンチャイニーズ(11品)、

—-ワインペアリング OR ティーペアリング—-
【料  金】  ワインペアリング: 1人 8万円
        ティーペアリング: 1人 6万円
【定  員】  24名
【予  約】  電話:06-6484-5812(レストラン予約)
        E-mail:w.osaka.restaurantreservations@whotels.com

※写真はすべてイメージです。
※料金はすべて、税・サービス料15%込。

W大阪

公式サイト:wosaka.com
Instagram:instagram.com/wosakahotel
Facebook:facebook.com/WOsakaJPN
鉄板焼「MYDO」

https://mydo.wosaka.com

モダンチャイニーズ「廣澤」

https://www.instagram.com/hirosawa_official

関連記事

  1. フェラーリのレストラン「イル・カヴァリーノ」がリニューアルオープン

  2. 海外三ツ星レストランでも使用されるハンドメイドワイングラス『フェニックス』日本初上陸。

  3. アンリ・ジローの最高級シャンパーニュ「DP12」 が日本先行発売

  4. 特別な大人バレンタインをグランド ハイアット 福岡オリジナルの「ジュエル・クリュッグ」で~世界最高峰…

  5. 「ベンジャミン ステーキハウス 東京ガーデンテラス紀尾井町」

  6. フレンチの鬼才が手がける前衛的レストラン「NINE by La Cime」

  7. 蟹王府

    今が旬! 上海蟹を食べるなら、自社で育て、輸入する「蟹王府(シェワンフ) 日本橋店」へ。

  8. ポールボキューズ

    金曜夜は銀座でロゼ色の“ごちそう”ステーキを。「ブラッスリー ポール・ボキューズ銀座」でフレンチスタ…

  9. アイリッシュ・ウイスキーの老舗「イーガンズウイスキー」が放つ限定シングル・モルト

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. リシャール・ミル待望の新作モデルは、新素材グレーサーメットを採用したRM 11-…
  2. 森アーツセンターギャラリーにて「キース・ヘリング展 アートをストリートへ」開催中…
  3. 夏のヴァカンスをプールサイドで満喫する。 ルレ・エ・シャトー 3つのホテルを巡る…
  4. ベントレーから第5のシリーズとなる「ベンテイガ エクステンデッド ホイールベース…
  5. fendi フェンディ家の暮らしの美学が光るホームコレクション
  6. 世界初の“オフィシャル・シャンパン・ホテル”「Cuvée J2 Hôtel Os…
  7. ヴァージル・アブロー×ナイキ・コラボレーションプロジェクト 知られざるバックスト…
  8. 「アマンレジデンス 東京」と「ジャヌ東京」虎ノ門に2023年開業
  9. 最上級のラグジュアリー空間「アマン」で体験する日本の秋
  10. Maison Bonnet 至高のオートクチュール アイウェア
PAGE TOP