H.モーザーの貴重なコンプリケーションの新作2モデルが日本に入荷

貴重な実機をLUX-BLO初の撮りおろし動画でご紹介

一昨年デビューのミニッツリピーターのアップデイトモデル

H.モーザーが今年発表した、いずれも貴重な新作2モデルが入荷した。まずひとつは「エンデバー・コンセプト ミニッツリピーター トゥールビヨン」。というと、あるいはご記憶にあるかもしれない。そう、実は、このモデルは2019年に発表されている。今回の新作は、そのアップデイト版だ。

「エンデバー・コンセプト ミニッツリピーター トゥールビヨン」は、モデル名のとおりに、ミニッツリピーターとトゥールビヨンを併載するのが特徴。どちらも時計技術の頂点に位置する超複雑機構であり、開発に当たってH.モーザーはミニッツリピーターのエキスパートであるスイスのタイムレス社=Timeless Manufacture SA(2019年当時はMHC社=Manufactures Hautes Complication SA)と提携。両社の協働により、まったく新しいデザインを創造した。
目を惹く大きな特徴が、通常は裏面に設置されることの多いミニッツリピーターのハンマーとゴングをダイアル側に配置したこと。そのため2つの超複雑機構を同時に見ることが可能。ミニッツリピーターの美しい鐘の音のリズムと響きに合わせるように、軽やかにフライングトゥールビヨンが踊るように回転するのを眺めることのできる、すなわち耳と目の両方で愉しめるのがこのモデルの魅力だ。
また、ゴングがフライングトゥールビヨンの動きを妨げることなく、しかも控えめなデザインというH.モーザーのブランド哲学に適うよう、独特の湾曲した形状にされているのも注目点。
ミニッツリピーターのスライドレバーは、滑らかな作動のためテフロン製ランナーに取り付けられ、スペースを節約するためにメインプレートに組み込まれている。そうしてムーブメントをコンパクトにしつつ、一方、ケース内部を大きく広げることで、音を響かせるための空間を確保。美しく大きな音を実現しているのが素晴らしい。
さらにムーブメントとケースの設計では、時計全体をエレガントなプロポーションにするために、それぞれの直径と厚さのバランスの調整に多くの時間と労力が費やされたという。
▲エレクトリックブルーのダイアルとチタンケースが特徴

今回の新作の新しくなったところが、まずダイアルカラーで、前回のブラックからサンバースト仕上げのエレクトリックブルーに変更。それによりハンマーとゴングが、より鮮明に浮き立つように見えるようになった。
そしてもうひとつが、ケース素材。前回のホワイトゴールドからチタンに変更されたのが大きなポイントだ。
というのは、チタンは比重が低く軽量で、さらに減衰率が低いため音の振動エネルギーの放出を抑え効率的に伝達する特性をもつ。そのためミニッツリピーターのケースには理想的なのだ。
そうして新たに再設計された「エンデバー・コンセプト ミニッツリピーター トゥールビヨン」は世界限定20本。その1本1本のすべてが、H.モーザーのCEOであるエドゥアルド・メイラン氏が実際に音を聴いて出荷しているという。

「エンデバー・コンセプト ミニッツリピーター トゥールビヨン」
手巻き、チタンケース、ケース径43mm、アリゲーターストラップ、非防水。世界限定20本。4400万円(税込)

世界でただひとつの模様や色や表情が大きな魅力

その名のとおり「エンデバー・トゥールビヨン コンセプト」をベースに、H.モーザーのアイコンであるインデックスもロゴもすべて排した「コンセプトダイアル」を天然石のタイガーアイ(虎目石)で表現した特別なモデルだ。

タイガーアイは微結晶石英の一種である半貴石。繊維状組織をもち、それによってシャトヤンシー=キャッツアイ効果を示すのが特徴で、光の角度によりさまざまな表情を見せるのが魅力だ。
タイガーアイは鉄分を多く含み、それがクロシドライト(青石綿)と結びついた酸化度により色が変わるのも特徴。酸化鉄による黒色から茶褐色、黄金色へと縞模様になった様子が虎の目の虹彩のようになったものが、そもそものタイガーアイの名の由来。酸化鉄の赤色の強く出たものがオックスアイ(雄牛眼石)。クロシドライトがほとんど酸化せず、本来の青色のまま石英に変化したものがファルコンアイ(鷹目石)。黄色に変化する途中の灰緑色のものがウルフアイ(狼眼石)などと呼ばれている。
また、タイガーアイは邪悪なものを退け、自信を与え、健康と繁栄をもたらすもの、と信じられてきたという。古代ローマ帝国では兵士が戦で身を守るために身に着け、中世の暗黒時代には魔除けとして用いられた、とされている。

赤色が強く出たものがオックスアイ。オックスアイは熱処理により内部に含まれる鉄が酸化し赤色が強く表れたもの。H.モーザーが使用するのは平行に美しく模様が入ったのタイガーアイのみ。加工が難しいため、とても貴重なモデルだ。

クロシドライトの青がほぼそのままであるのがファルコンアイ。その美しいダイアルの6時位置に精緻なフライングトゥールビヨンが覗く。搭載されるムーブメントは自社で設計・製造したダブルヘアスプリングが使用されている。
今回の新作は、ファルコンアイのダイアルにホワイトゴールドケースのモデルが世界限定50本。オックスアイのダイアルにレッドゴールドケースのモデルが世界限定50本。タイガーアイは天然石のためすべて模様や色や表情が異なり、そのためすべてのモデルがユニークピースであるのも大きな魅力。工房では年間20本が製造される予定だという。


「エンデバー・トゥールビヨン コンセプト タイガーアイ」
自動巻き、18KRGケース、ケース径40mm、オックスアイダイアル、アリゲーターストラップ、3気圧防水。世界限定50本。924万円(税込)


「エンデバー・トゥールビヨン コンセプト タイガーアイ」
自動巻き、18KWGケース、ケース径40mm、ファルコンアイダイアル、アリゲーターストラップ、3気圧防水。世界限定50本。924万円(税込)

問い合わせ先:エグゼス TEL.03-6274-6120
H.モーザー直営店 NX ONE 銀座

関連記事

  1. ショーメより、海をテーマにした新作ハイジュエリーが登場

  2. グラフィカルでカラフルな3種類のレディス限定モデルが登場

  3. 特別連載 リシャール・ミル 伊勢丹新宿店 × プロゴルファー成田美寿々

  4. 特別連載 リシャール・ミル 伊勢丹新宿

  5. 特別連載 リシャール・ミル 神戸

  6. ラファエル・ナダルモデル最新作「RM 27-04」を発表

  7. ブルガリの「ビー・ゼロワン」コレクションのブレスレット。

  8. 特別連載 リシャール・ミル 福岡

  9. 特別連載 リシャール・ミル 大阪 × レーシングドライバー松下信治

人気記事 PICK UP!

  1. hemel
  2. 西中千人
  3. dior
  4. kanolly
  5. maserati
  6. egon schiele
  7. cirpas
  8. aman tokyo
  9. setsuniseko
  10. fendi

HOT TOPICS

  1. boucheron
  2. zenbo
  3. 蟹王府
  4. dorchester
  5. SHIGUCHI1
  6. winemarketparty
  7. james jarvis
  8. steinway
  9. aman tokyo
  10. otakeshinro

おすすめ記事

  1. aman tokyo アマン東京にて3年振りのカウントダウンパーティー開催
  2. cirpas 吉田能シェフ独自の世界観を表現するカウンターフレンチCIRPAS
  3. 「THE HIRAMATSU 京都」が開業
  4. より豊かで快適なライフスタイルへ。 至福のひとときを優雅に彩る、ロルフベンツのニ…
  5. kanolly ヤザワミート監修、一日一組限定のリゾート「KANOLLY Resorts HAK…
  6. リシャール・ミル RM 35-03 ラファエル・ナダル チャリティオークション開…
  7. egon schiele ウィーンが生んだ夭折の芸術家「エゴン・シーレ」の大規模展開催
  8. 「Bang & Olufsen」、『Beovision Harmony…
  9. 南青山の会員制フレンチ「Par les saisons(パー レ セゾン)」1周…
  10. 一度は乗りたい!ベンツのスイートルーム 「メルセデス・マイバッハ Sクラス Gr…
PAGE TOP