ブルガリの「ビー・ゼロワン」コレクションのブレスレット。

男性にも愛用者が多い「ビー・ゼロワン」コレクション。
大胆さと軽やかさが組み合わされ、ロゴがオープンワークデザインで描かれているブレスレットがある。

ブルガリ生誕の地であるローマを代表する遺跡、
コロセウムの円形に着想を得て誕生したブルガリ
「ビー・ゼロワン」は、1999年に誕生した。
螺旋が印象的なデザインは、
そのインスピレーションの出自から、
慣習にとらわれず、束縛されない大胆な精神を体現している。
モダニティであり、発表から20年以上経て色あせないエタニティさをもつ、コロセウムのような不変性を融合したデザインで、結婚指輪としても人気がある。
スポーティなリストウォッチにも合わせやすいから、外す必要もない。

ブレスに採用されているオープンワークデザインは、ソティリオ・ブルガリ氏が細かなシルバー細工を行っていた当時を思い起こさせる職人技で、モダンなたたずまいだ。
また、シグネチャーであるロゴを両面に施した
定番のブレスレットには、手首に程よくなじむ、
より身に着けやすい軽さに再解釈された新作が登場している。
ピンク、ホワイト、イエローゴールドの3色があり、
重ねづけも楽しめるのもいい。

革新性と大胆さを主張しながら、今ではブランドを代表するコレクションになっている「ビー・ゼロワン」コレクション。
手元が気になるこれからの季節に、リストウォッチとの相性を考えて、カラーを選びたい。

ブルガリ
https://www.bulgari.com/ja-jp/

関連記事

  1. 煌びやかな宝石を纏ったお守りウォッチがリシャール・ミルから発売

  2. よりラグジュアリーに進化したトゥールビヨン エアロダインの後継機

  3. H.モーザー2021年最初の新作は、眼と耳で楽しむハイコンプリケーション

  4. リシャール・ミルのチャリティオークションピースが¥96,666,000で落札!

  5. ついに公開されたRM 40-01“スピードテール”その吸引力とは

  6. リシャール・ミルのチャリティ活動とは。

  7. リシャール・ミルと海洋スポーツの意外なコネクション

  8. 真っ白なリシャール・ミルの新作「RM 037 オートマティック」発表

  9. リシャール・ミルが新しい“代表作”「RM 72-01 オートマティック フライバッククロノグラフ」を…

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. アンダーズ 東京でクリスマスはラグジュアリーグランピング。
  2. ペロタン東京でダニエル・アーシャム「31st Century Still Lif…
  3. 伊勢丹新宿店本館5階=ウォッチにラグジュアリーを極めたカフェが誕生。 後篇
  4. フランス人アーティスト ジャン=ミシェル・オトニエルの個展「夢路 DREAM R…
  5. ブルガリの「ビー・ゼロワン」コレクションのブレスレット。
  6. V8フェラーリ最強の488ピスタ スパイダー。
  7. グッチのクリエイティブ ビジョンを称え探求する没入型エキシビション「Gucci …
  8. 2億5000万円のマクラーレン・スピードテール。
  9. サバティーニの夏は“海鮮”がいい。
  10. 「アマンレジデンス 東京」と「ジャヌ東京」虎ノ門に2023年開業
PAGE TOP