優美なオープントップで極上のドライビング体験を――アストンマーティンの新型モデル「DB12 Volante」

astonmartin

アストンマーティンは8月14日、新型オープントップモデル「DB12 Volante」を発表しました。「DB12 Volante」は、新型クーペ「DB12 Coupe」に続いて発表された2+2シートのオープントップモデルで、「DB11 Volante」の後継モデルです。

astonmartin

比類なきエレガンスの秘密は新開発の「Kフォールド」システム

「DB12 Volante」の特筆すべき特徴のひとつは、電子制御された「K フォールド」ルーフが採用されていることです。2段階の折りたたみプロセスにより、折りたたまれたルーフの高さをクラス最小の260㎜に留め、ルーフオープン時も十分な積載スペースを確保しています。K フォールドのメカニズムはトノカバーの 下に収容され、優雅で美しいテールのデザインを作り出します。ルーフ操作は、オープン時に14秒、クローズ時は16秒しかかからず、車速が50km/hまでであれば開閉することが可能。また、車体から2メートルの範囲では、リモートキーでルーフを開閉することができます。

astonmartin

ファブリック製のルーフには、8層の遮音素材を使用し静粛性を確保。ソフトトップのカラーは標準のブラックに加え、レッド、ブルー、ブラック&シルバーの4色がラインナップ。このカラーパレットにより、さまざまなカスタマイズが可能となり、ボディやインテリアのカラーとともに多様な組み合わせを楽しむことができます。

astonmartin

ドライブ中にも最高の音楽体験を

 デザインチームは、画期的なKフォールドのルーフメカニズムによって実現した高さを抑えたパッケージングを利用し、ルーフオープン時もクローズ時も、流麗で躍動感溢れるフォルムを実現させました。張りのあるファブリック製フードは、金属ルーフを装備したコンバーチブルにはない魅力的な外観をもたらします。ルーフが開き、トノカバーに隠れるとVolanteの本領発揮です。流れるように美しいベルトラインは、ラグジュアリーなインテリアを彷彿とさせ、しなやかで力強いテールを作り、ライバルたちを遥かに凌駕します。またシートバックの木製ベニヤまたはカーボンファイバーパネルが、ドアトリムインレイと同色なので、ルーフを開けた時に豪華さと遊び心ある印象も加えます。さらにDB12のために専用開発されたインフォテインメントであるBowers & Wilkinsのサラウンドサウンドhi-fiシステムが最先端のドライビングエクスペリエンスをもたらします。

astonmartin

標準装備の 390w 11 スピーカー・オーディオシステムはサラウンド・サウンド・モードや QuantumLogic®サウンド・プロセッシングを内蔵しており、DB12 と完璧にマッチした音像ならびにオーディオ・パフォーマンスを実現しています。そして真のオーディオファン のため、世界最高峰の Hi-Fi 技術を備えた Bowers & Wilkins のテクノロジーとイノベーションを活用したオプションのヘイロ・システムも開発しました。

astonmartin

スポーツカーの純粋なダイナミクスを備えた真のドライバーズカー

「DB12 Volante」は、「DB12 Coupe」と並行して開発され、アストンマーティンを象徴するDBシリーズの最新モデルとして、革新的なデザイン、エンジニアリング、先進的なテクノロジーを取り入れています。その妥協のないパフォーマンスとハンドリングは、極めて剛性が高いDB12の接着アルミニウム構造を基盤としており、このテクノロジーにより、「DB12 Coupe」のダイナミクスを新たなレベルに高めただけでなく、他の追随を許さないドライビングエクスペリエンスを「DB12 Volante」にもたらしました。このボディ構造がもたらす基本性能を引き出すため、アンダーボディは、細部のエンジニアリングやスペックについて徹底的に検証が行われました。リアサスペンションのアッパーマウンティングポイント、横方向の連結などの重要な構造要素や、エンジン・クロスブレースなどによるパフォーマンスの強化により、全体的なねじり剛性は5%近く向上し、すべてのサスペンション取付部の横剛性も大幅にアップグレードしています。

astonmartin

エンジンは、4リットルV8ガソリンツインターボを搭載し、クラス最高の出力680PS@6000rpm、最大トルク800Nm@2750-6000rpmを獲得。カムプロファイルの変更、圧縮率の最適化、ターボの大型化、冷却の強化などにより、DB11と比べて出力が34%増加しました。トランスミッションは8速AT、「エレクトロニック・リア・ディファレンシャル(E-Diff)」を搭載し、最高速度は325km/h、0-100km/h加速は3.6秒を実現しています。

astonmartin

アストンマーティンの最高経営責任者であるアメデオ・フェリーサは、次のように述べて います。「多くの顧客にとって、オープントップドライビングは、至極の楽しみとなっています。アストンマーティンの Volante は、こうした喜びを生み出すため、60 年以上にわたり独自 のスタイルで表現し続けてきました。新しい『DB12 Volante』では、やや発想を変え、『DB12 Coupe』の純粋さと傑出したスポーティさをそのまま活かすことで、このような喜びを強調 する車を生み出しました。あらゆる点で本物かつ希少なスポーティング・コンバーチブル である『DB12 Volante』は、先入観を覆し、新世代の顧客層にアプローチするでしょう」

astonmartin

「DB12 Volante」は2023年第4四半期からデリバリー開始予定。

問い合わせ
アストンマーティン https://www.astonmartin.com/ja/

関連記事

  1. ベントレーから第5のシリーズとなる「ベンテイガ エクステンデッド ホイールベース」発表

  2. フェラーリの純粋な内燃機関で構成された最後のV8ミッドシップ。

  3. フェラーリ、その世界一のサービスが日本にある

  4. 映画「007」のボンドカー世界25台限定で完全再現!

  5. アストンマーチンの名機「DBR1」のビスポーク仕様モデルが登場

  6. 5月5日、フェラーリの頂点が頂点を塗り替える日。

  7. ファントムとドーン 2台の特別なビスポークのロールス・ロイスが完成

  8. 世界でたったひとりのために作られた特別なフェラーリ「BR20」

  9. Ferrari Omologata ワンオフモデル

    世界に1台のフェラーリ、新しいワンオフ・モデル「Ferrari Omologata」発表!

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. 「アンリ・ジロー」×「京都蒸溜所」の 幻のジンが「ラグジュアリーカード」とトリプ…
  2. 「アマンレジデンス 東京」と「ジャヌ東京」虎ノ門に2023年開業
  3. 伊勢丹新宿店本館5階=ウォッチにカフェが誕生。
  4. lvjewelry ルイ・ヴィトンのハイジュエリーコレクション「Deep Time」
  5. 「ベルルッティ」のホーム&オフィス オブジェ コレクション
  6. 世界でたったひとりのために作られた特別なフェラーリ「BR20」
  7. 猛暑に最適! 「バカラ」でいただくサマーカクテル
  8. josefalbers 配色の設計者であり教育者、その軌跡をたどる――「ジョセフ・アルバースの授業 色と…
  9. うまさを追求した最高峰の日本酒鷹ノ目-ホークアイ
  10. 「アンダーズ 東京」で夏の疲れを癒す、至福の時間を
PAGE TOP