ベンテイガがよりベントレーらしく

ベンテイガに「S」が追加

1919年、イギリスで誕生したベントレー。ラグジュアリーなブランドとして知られているベントレーだが、ル・マンを5度も制したブランドでもある。そのベントレーにとって初となるSUVが「ベンテイガ」だ。この度「ベンテイガS」なるグレードを追加した。この「S」とは、一体どんなクルマなのだろうか。

時代が求めるベンテイガが誕生した

名前に付けられた「S」の文字。これは性能も見た目も、よりスポーティさが強化されたモデルにのみ与えられる称号だ。2015年に発表されて以来、ベンテイガに「S」の称号が与えられたのは、今回が初めてだ。では、なぜ今この「S」がつくモデルが誕生することになったのか。そこには、長い歴史の中で根付いた、ベントレーらしいとも言える考えが反映されている。ベントレーは、長距離移動を軽々とこなし、快適な旅を支えるクルマとして一世を風靡した。17世紀から18世紀にかけて英国貴族の中で流行した、ヨーロッパをめぐるグランドツアー。その刺激的で魅力的な旅を、もっと快適にできないだろうか。当時の富裕層の間で「あったらいいな」という理想を、見事に完成させてブランドだ。グランドツーリングで世界をリードし続けてきたのは、時代の流れを汲み取り、反映させる力を持っていたからと言えるだろう。今回の「ベンテイガS」の誕生にも、前期型のオーナーたちの声をしっかりと反映している。まさに「ベンテイガS」は、今の時代の流れを汲み取り反映した、痒いところに手が届く、現代に求められているクルマなのである。

よりスポーティに、よりエレガントに

ブラックでまとめられた独特のディティール、そして、フロントドア下部に取り付けられた新デザインの「S」バッジ。今までとは違った印象が新鮮だ。これらをドアミラーやテールパイプのブラックが、さらにキリリと引き締める。

そこに合わせるインテリアも新しい取り組みが多く、シートデザインも新たな意匠とした。4人乗り、5人乗り、7人乗りのどの仕様でも装備可能なフルーティングパターンが採用されていて、コントラストが独創的な空気を造り出す。そこに合わせる素材は、リッチなスエードのアルカンターラ®だ。V8エンジン搭載のベンテイガで初めての試みだ。スポーティなクルマと謳いながらも、溢れ出るラグジュアリーさが、なんともベントレーぽくてかっこいい。
しかもこのアルカンターラ®、なんと採用されているのがシートだけではない。シートクッションとシートバックインサートだけでなく、ステアリングホイール、そしてギアレバーにまで使われているのだ。この大胆さが、いかにも現代的だ。これらを引き立てるよう、特別なエクステリアも設えた。ベンテイガS専用で、22インチホイールが新設計されたのだが、そのデザインも3種類から選ぶことができる。

さらに進化した圧倒的パフォーマンス

もちろん、走りも圧倒的だ。日常に溶け込むだけでなく、レースでも実績を残し続けているベントレーだからこその進化。その技術が余すところなく詰め込まれている。搭載されているエンジンは、ベントレーが誇る4.0リッター
ツインスクロールターボチャージャー付きV8ガソリンエンジン。巨大なパワーだけでなく、優れた燃費を両立することが可能だ。この最新エンジン、最高出力550PS、最大トルク770Nm。0–100km/h加速4.5秒を実現し、最高速は290km/hを叩き出す。エンジンの数値はそのままだが、ベンテイガSでは、を生かすことができるようになっている。スポーツモードが強化され、運動性能がさらに向上しているのだ。スポーツモードでは、エアサスペンションの減衰力が15%も増加した。これによってドライバーへのレスポンスも向上し、さらに快適に走りを楽しめるようになったのだ。このパワーは、クラストップ級。そうでありながらも、航続距離は654km、CO2排出量294g/kmと超高燃費。この両立こそ、流石のベントレーといえよう。嬉しい知らせはもう一つ、スポーツエキゾーストをも新設計。
排気の流れがよりスムーズで、響くスポーティなサウンドが、路上でのベンテイガの存在感を、より引き立ててくれること間違いないだろう。

オーナーたちの声を聞いた正常進化

ベンテイガのマイナーチェンジ。逃げでもなんでもない。現代でより輝くための、進化が詰まった変化だ。この「ベンテイガS」の発表により、さらにベントレーの歴史が熟成されていく。ワンランク上の日常を。そして、ワンランク上の走りを。ベンテイガSは、それまでのベンテイガとは違う。

メーカー希望小売価格 26,900,000円(税込)
日本のデリバリー開始時期は2022年第1四半期予定

BENTLEY
https://www.bentleymotors.jp/

関連記事

  1. フィアットの人気モデル「500(チンクエチェント)」が電気自動車に

  2. リシャール・ミルがフェラーリとの数年間にわたるパートナーシップを発表!

  3. RM 11-03 ル・マン・クラシック、世界限定150本!

  4. 想像を超えたウルスの実力。

  5. 一度は乗りたい!ベンツのスイートルーム 「メルセデス・マイバッハ Sクラス Grand Editio…

  6. ベントレーのフラッグシップ「フライングスパー」に最新のハイブリッド車が登場

  7. 世界にわずか「2台」しか誕生しない F8 TRIBUTO「ALLEGGERITA CARBONIO…

  8. メルセデス・ベンツ「EQC Edition 1886」日本限定55台!

  9. 世界から注目を集めるアウトモビリ。・ランボルギーニ×Riva 1920の家具

人気記事 PICK UP!

  1. 西中千人
  2. dior
  3. kanolly
  4. maserati
  5. egon schiele
  6. cirpas
  7. aman tokyo
  8. setsuniseko
  9. fendi
  10. dorchester

HOT TOPICS

  1. boucheron
  2. zenbo
  3. 蟹王府
  4. james jarvis
  5. SHIGUCHI1
  6. winemarketparty
  7. dorchester
  8. steinway
  9. aman tokyo
  10. otakeshinro

おすすめ記事

  1. 史上初!東京産カカオ使用の「TOKYO CACAO」
  2. 大人のためのシックなバー& ジャズラウンジ「マデュロ」約2年ぶりに営業…
  3. ラグジュアリー・ステイショナリー MAISON AGRY(メゾン・アグリ)
  4. aman tokyo アマン東京にて3年振りのカウントダウンパーティー開催
  5. 食卓を彩るSMEG×Dolce&Gabbanaのアートな家電
  6. setsuniseko ニセコにオープンした新たなラグジュアリーホテル「雪ニセコ」
  7. リシャール・ミルの日本未発売モデルがNX ONE銀座で手に入る!
  8. 非日常のラグジュアリーを提供してくれる「アマン京都」
  9. cirpas 吉田能シェフ独自の世界観を表現するカウンターフレンチCIRPAS
  10. fendi 今年の雪山はFENDIのリュクスなウェアで
PAGE TOP