ベントレーのフラッグシップ「フライングスパー」に最新のハイブリッド車が登場

新時代の幕開けが、ついに動き出した

2030年、ベントレーの歴史が大きく変わる。新時代の到来に至るまでには、まだ9年という時間があり、まだまだ先のことのように感じてしまうが、侮ることなかれ。うかうかしていると、あっという間に時代に乗り遅れてしまうぞ。そう感じさせる、新時代への移り変わりをまさに表現するかのような新モデルが、この度発表されたのだ。世界最⾼峰のラグジュアリーセダンである「フライングスパーハイブリッド」だ。この新型モデルを紐解くことで、時代に乗り遅れないようにしたい。

ベントレーからガソリンエンジンが消える

そもそもなぜ、2030年にベントレーの歴史が変わるのか。「ビヨンド100」と名付けられた計画があるのだが、これがとても画期的かつ刺激的であり、ベントレーのみならず、クルマ業界全体に新時代の到来を予言するものなのだ。「ビヨンド100」は、2030年までにベントレーの全てのモデルを電気自動車(EV)にすると、宣言をした計画なのである。あと9年で、ベントレーからガソリンエンジンが消える。

ベントレーの壮大な夢とは

「ビヨンド100」は、ベントレーが掲げる、20年にも渡る気合の入った長期事業計画。100年以上の歴史を築いてきたからこそ、クルマを、そして環境を、後世にもきちんと残していこうと考え抜かれた計画なのだ。全モデルをEV車にする、ということがもちろん最優先されるべき目標ではあるのだが、この計画の根本で重視されているのは、組織全体として「二酸化炭素の排出量をゼロにする」ということ。本来、二酸化炭素は、植物や植物由来の燃料を燃焼させて発生したとしても、光合成など植物の成長過程によって吸収され、ライフサイクル全体で考えると支出量は実質ゼロなはずだ。このような「カーボンニュートラル」という考え方が徐々に浸透してきているが、まさにこの「ビヨンド100」は「カーボンニュートラル」を実現しようとするものなのだ。二酸化炭素の排出量をゼロにする。そして地球の二酸化炭素量を減らす。ベントレーの壮大な夢なのである。

フライングスパーがハイブリットになった意味

そんな壮大な夢が、今、確実に前に進んでいる。今回発表になった新型「フライングスパーハイブリッド」。V6ガソリンエンジンと、⾼度な電気モーターとを組み合わせた、新時代のラグジュアリーカーだ。2020年の1月。2010年から約10年に渡って、ベントレーのフラッグシップを支えてきた「ミュルザンヌ」が生産終了となった。そのあとを継ぎ、ベントレーのフラッグシップを支えているのが他でもない、今回の新作のベースとなっている「フライングスパー」だ。フラッグシップの最新ハイブリット車。ベントレーの気合いの入れよう、そして、新時代への確実な一歩を感じてもらえることだろう。

EV車と侮ることなかれ

フライングスパーシリーズで定評のあるラグジュアリーさとパフォーマンス、そしてハイブリットという環境性能。新型「フライングスパーハイブリッド」は、これらを⼀切妥協することなく実現してみせた。新設計のパワートレインは、最⾼出⼒がベンテイガハイブリッドよりもさらに95bhpアップした536bhp、最⼤トルク750Nmと超ハイパワー。それでいて燃料の消費量が格段に少なく、トータルで700kmも走行することが可能で、電気のみでもなんと、40km以上の走行が可能なのだ。そう聞くと、さすがにスピードは出ないのではないかと想像してしまいそうになるが、そこはベントレー。走りの速さも抜群だ。0- 60mph加速は4.1秒!最高速は285km/hと!なんとも純ガソリンのフライングスパーとほぼ変わらない数字を叩き出すのだ。都市部を走るのに最適なEVドライブモード、インテリジェントなナビゲーションシステムのデータに基いて、効率性と航続距離を最⼤限に引き出してくれるハイブリッドモー ド、そしてエンジンとEVがバランスよく使い分けられるホールドモードと、3種類の走行モードが用意されていて、好みの走りを表現することができるのはもちろんのこと、スイッチひとつで簡単に切り替えられるのも魅力だろう。

2時間半でフル充電

今回のモデルには、地域にあった充電ケーブルが付いてくる。自宅や勤務先、公共の駐車場などで、手軽に充電することが可能だ。しかもなんと、フル充電まではたったの「2時間半」。スマホを充電するような感覚で、クルマを充電できる日がやってきた。

どこまでもこだわれるラグジュアリー

EVのハイブリット車とはいえ、内外装へのこだわりもすごい。ラグジュアリーさもエレガントさも、何も諦めることがなかった。スタイルやデザインを崩さないように選び抜かれた7色が標準設定されているが、60種類以上もある豊富なオプションカラーから、お好みを選択することも可能。ブラックラインスペシフィケーションを選択すると、ブライトウェアをブラックに統一できたり、オプションのイルミネーション付き電動フライング B マスコットもブラックに変更できたりと、ラグジュアリーはどこまでも追求することができる。さらにはホイールの大きさや仕上げ方、シートのレザーカラーなどなど、どこまでも居心地がよく洗練された空間に、カスタマイズしていくことが可能だ。さすがのベントレーの気遣いというところだろうか。

新時代に、乗り遅れるな

EVハイブリッドと侮ることなかれ。新時代では、こちらがスタンダードになるのだから。ベントレーのあくなき挑戦を見逃すことがないよう、そして、新時代に置いていかれることがないよう。新時代のラグジュアリーカーを、体感してほしい。

メーカー希望⼩売価格24,200,000 円(税込)

ベントレー
https://www.bentleymotors.jp/

関連記事

  1. 想像を超えたウルスの実力。

  2. Elvaの名を引き継いだマクラーレン究極のロードスター。

  3. メルセデスが、直列6気筒にこだわった理由。

  4. マクラーレン720Sは、2駆で0-100km/h 2.9秒!

  5. メルセデスVクラスからアウトドアに最適の「V220d マルコポーロ ホライゾン」登場

  6. アストンマーティン初の二輪車!ブラフ・シューペリアと共同開発した「AMB 001」の走行テストが進行…

  7. ランボルギーニ・ウラカン EVOは、ペルフォマンテに近付いた!

  8. フェラーリの純粋な内燃機関で構成された最後のV8ミッドシップ。

  9. フェラーリの限定モデル「デイトナ SP3」誕生

人気記事 PICK UP!

  1. 西中千人
  2. dior
  3. kanolly
  4. maserati
  5. egon schiele
  6. cirpas
  7. aman tokyo
  8. setsuniseko
  9. fendi
  10. dorchester

HOT TOPICS

  1. boucheron
  2. zenbo
  3. 蟹王府
  4. james jarvis
  5. SHIGUCHI1
  6. winemarketparty
  7. dorchester
  8. steinway
  9. aman tokyo
  10. otakeshinro

おすすめ記事

  1. 特別連載 リシャール・ミル 神戸
  2. 南青山の会員制フレンチ「Par les saisons(パー レ セゾン)」1周…
  3. 「ABCDEFGucci」で自分だけのニットを。
  4. 「アンリ・ジロー」×「京都蒸溜所」の 幻のジンが「ラグジュアリーカード」とトリプ…
  5. ヴァージル・アブロー×ナイキ・コラボレーションプロジェクト 知られざるバックスト…
  6. フエギア 1833から、ディフューザーが!
  7. ベントレーコンチネンタルGTコンバーチブルに待望の“スピード”が登場!
  8. 猛暑に最適! 「バカラ」でいただくサマーカクテル
  9. Ferrari Omologata ワンオフモデル 世界に1台のフェラーリ、新しいワンオフ・モデル「Ferrari Omologat…
  10. zenbo 座禅リトリート「禅房 靖寧」で体験するマインドフルネスな旅
PAGE TOP