映画「007」のボンドカー世界25台限定で完全再現!

アストンマーティンが、映画「007」のボンドカー「DB5 ゴールドフィンガー・コンティニュエーション」の生産を55年ぶりに再開!25台のみの限定販売!

スポーツカーの理想像とされるボンドカー・アストンマーチンDB5が復刻

ジェームズ・ボンドが荒々しく乗り回す「世界で最も有名なクルマ・ボンドカー」アストンマーティンDB5は、時代を超越したスタイルの代名詞となり、スポーツカーの理想像として、現在でも高い人気を誇るクラシックモデルなのは言うまでもない。
1963年から1965年にかけて生産されたDB5の生産台数はわずか900台未満で、このクルマの最も有名なオーナーは、1964年に公開された映画『007ゴールドフィンガー』に登場したジェームズ・ボンド。
それ以来、DB5はボンドカーとして人々の記憶に鮮明に焼き付けられてきた。
「DB5 ゴールドフィンガー・コンティニュエーション」

007の秘密兵器を搭載「DB5ゴールドフィンガー・コンティニュエーション」の価格は3億8000万円

当時のグローバルな製造拠点であったバッキンガムシャーのニューポート・パグネルから、最後のDB5がラインオフされてから55年が経過した今年、わずか25台限定で、DB5の復刻モデルの生産が再開された。
1964年の映画に登場したDB5には、映画007シリーズの製作会社であるイーオン・プロダクションズと共同で製作された、さまざまな「秘密兵器」が搭載されていた。
今回生産されるアストンマーティン「DB5ゴールドフィンガー・コンティニュエーション」は、なんと、これらの装備を忠実に再現し、ファンを熱狂させている。
アストンマーティンは、2017年に復刻モデルのDB4 GT Continuationを発表し、大きな成功を収めた。
「Continuation」と名付けられたこのプログラムは、英国のラグジュアリー・ブランドによって市場に導入されたクルマの中で、最も高い価値を備えたDB5の復刻モデルへと受け継がれる。
「DB5ゴールドフィンガー・コンティニュエーション」の価格は、税抜275万ポンド。
日本円にすると約3億8000万円だ。
ディテールに至るまで細心の注意を払って生産されるDB5の車両を生産するために必要な時間は約4,500時間。25台の車両には、デイヴィッド・ブラウン卿時代の職人技、現代的なエンジニアリング、強化されたパフォーマンスを巧みに組み合わせ、可能な限り最高の品質で製造される。
さらに、12本以上の映画007シリーズに取り組んできた特殊効果監督のクリス・コーボールドOBEと共同で開発した最先端の専用アイテムを装備し、映画への最大のリスペクトを再現度で表す。

精巧に再現された007の秘密兵器

このリミテッド・エディションには、1964年に公開された大ヒット映画に登場したボンドカーの「秘密兵器」を再現した、以下のアイテムが搭載されている。
エクスエリア:
• リア・スモーク発生装置
• リア・オイル散布装置(模擬)
• フロント&リアの回転式トリプル・ナンバープレート
• フロント・ツインマシンガン(模擬)
• 防弾リアシールド
• フロント&リアの伸縮式バンパー
• タイヤ・スラッシャー(模擬)
• 脱着式助手席ルーフパネル(オプション)
インテリア:
• レーダー追跡装置(模擬)
• 運転席ドアに設置された電話
• シフトレバーの脱出用ボタン
• アームレストとセンターコンソールに設置された各種スイッチ類
• シート下の武器格納トレイ
• 様々な秘密兵器を作動させるためのリモコン

すべての車両は、ボンドカーへの改造や強化も含めて、映画に登場するDB5を細部に至るまで忠実に再現しており、最高レベルの製造品質と信頼性が確保されている。
ボディカラーは1種類で、オリジナルと同じ、シルバー・バーチ・ペイントが採用されている。
このモデルには、当時の製造工程がそのまま採用され、軟鋼シャシー構造をベースにして、DB5スタイルのアルミニウム製エクステリア・ボディパネルをエレガントに装着。
ボンネットの下には、6本のプラグヘッド、3器のSUキャブレター、オイルクーラーを備えた、4.0リッター自然吸気、直列6気筒エンジンが搭載。最高出力290bhp。
このエンジンには、ZF製5速マニュアル・トランスミッションが組み合わされ、機械式のリミテッドスリップ・デファレンシャルも装備。
駆動方式は、当時のまま後輪駆動だ。
さらに、サーボ付きガーリングタイプ・スチール・ディスクブレーキ、ラック&ピニオン・ステアリング(パワーステアリングは非装備)、スタビライザーを備えたストラット式フロント・サスペンション、ラジアスアームとワッツリンケージを備えたライブアクスル式リア・サスペンションも装備され、このダイナミックなパッケージが完成する。

究極の“おもちゃ” 「DB5ゴールドフィンガー・コンティニュエーション」

アストンマーティン・ワークスの社長を務めるポール・スピアーズは、「この貴重な復刻モデルは、世界でわずか25人の幸運なオーナーだけが入手することができる、究極の“おもちゃ”と言えるかもしれません。今回、イーオン・プロダクションズ、特殊効果監督のクリス・コーボールドと協力して生産することは、アストンマーティン・ワークスで働くすべての従業員にとって特別な体験となり、彼らのキャリアのハイライトとなるでしょう。」と語る。
なお、納車は2020年下半期から開始される予定だ。
世界一有名ながら、目にする機会のなかった伝説のボンドカーの登場とは、なんと夢のあるプロジェクトだろう。
日本の何処かのガレージから顔を出す日を期待したい。
詳しい情報は、ウェブサイトへ。

アストンマーティン
https://www.astonmartin.com/ja

関連記事

  1. 人車一体のVantage AMR。

  2. 2020年究極の電動カー、Maclaren Senna「ライドオン」が登場

  3. ベントレーコンチネンタルGTコンバーチブルに待望の“スピード”が登場!

  4. 一度は乗りたい!ベンツのスイートルーム 「メルセデス・マイバッハ Sクラス Grand Editio…

  5. モードな4座フェラーリ「ローマ」

  6. リシャール・ミルがフェラーリとの数年間にわたるパートナーシップを発表!

  7. ベントレーから第5のシリーズとなる「ベンテイガ エクステンデッド ホイールベース」発表

  8. V8フェラーリ最強の488ピスタ スパイダー。

  9. ベンテイガがよりベントレーらしく

人気記事 PICK UP!

  1. james jarvis
  2. boucheron
  3. zenbo
  4. 蟹王府
  5. winemarketparty
  6. otakeshinro
  7. steinway
  8. SHIGUCHI1

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. リシャール・ミル RM 35-03 ラファエル・ナダル チャリティオークション開…
  2. 非日常のラグジュアリーを提供してくれる「アマン京都」
  3. エレガントなユニセックスモデルのトゥールビヨンが2モデル発表
  4. リシャールミルジャパン基金が「チャリティオークション2021」を開催
  5. 信義を重んじる侍のように 時を刻み続ける『RM 47 トゥールビヨン』
  6. 薬効に優れたメディカルハニー「アピフォーミュラ」。甘くて美味しいひとさじが、日々…
  7. 世界でたったひとりのために作られた特別なフェラーリ「BR20」
  8. ルイ・ヴィトンのテーブル・フットボール&ビリヤードテーブルが登場
  9. 心優しき飛ばし屋バッバ・ワトソンの愛にあふれるピンクウォッチ
  10. 三ツ星シェフをを唸らせたAtsushi Hataeのスイーツ。
PAGE TOP