アストンマーティン ヴァンテージにオープンが登場

アストンマーティン ヴァンテージにオープンが登場!

2月12日に欧州で発表されたアストンマーティン ヴァンテージの新型「アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター」。
最大出力510PS/685Nmを発生させるアストンマーティン製4.0リッター・ツインターボV8エンジン、8速ZFオートマチック・トランスミッションを搭載。
動力性能は0~約97km/h加速がわずか3.7秒で、ルーフを閉じた状態での最高速度は306km/hに達する。
最適化されたエクステリアとシャシーに加えて、新開発されたZパターンの軽量折りたたみルーフメカニズムによりクーペと比較しても60kgしか重量の増加はない。
リア・ダンパー、アダプティブ・ダンピング・システム、ESPキャリブレーションは、「アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター」専用のチューニングが施されている。
また、クーペから受け継がれた走行モード(Sport、Sport +、Track)を「アストンマーティン ヴァンテージ ロードスター」に合わせて調整。
これにより車両全体のレスポンスが向上するため、公道でもサーキットでもエキサイティングな走りを堪能できる。
クーペが多くの人から支持されたドライビング・フィールやラップタイム、コーナリング性能はそのままに、ボディを独自のデザインに変更。
Zパターンに折りたたまれるファブリック性のトップは、7秒以下で作動させることができるという。
(オープン時:6.7秒、クローズ時:6.8秒、最大50km/hまでの速度で作動可能)
これは自動開閉式システムを備えたクルマの中でも最短だ。
さまざまな賞を受賞しているアストンマーティンのデザインチームだからこそ成し得た、2段式の積載スペースへの影響を最小限に抑えたシームレスなリア・スタイル。
トランクの容量は200リットルと、フルサイズのゴルフバッグと付属品を積載することも可能となっている。
アルカンターラやレザーなどの高級素材をふんだんに使用しているインテリアは、スウィートルームにいるような感覚も与えてくれるだろう。
ベース価格は126,950ポンド。
現在注文を受け付け中で、納車は2020年第2四半期から開始とのことだ。

アストンマーティン
https://www.astonmartin.com/ja

関連記事

  1. マセラティ最強のSUV、レヴァンテ・トロフィオ。

  2. マクラーレン新型「765LT」が日本初公開!

  3. メルセデス・ベンツ「EQC Edition 1886」日本限定55台!

  4. 世界一級のスーパースポーツしか辿り着けない領域。7分29秒90。

  5. RM 11-03 ル・マン・クラシック、世界限定150本!

  6. AMG45シリーズが完全刷新!

  7. ファントムをも脅かす新しいゴースト。

  8. フェラーリの純粋な内燃機関で構成された最後のV8ミッドシップ。

  9. フェラーリ、その世界一のサービスが日本にある

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. 奥日光の雄大な自然に抱かれるラグジュアリーホテル ザ・リッツ・カールトン日光へ
  2. 世界限定8点。稀少な大理石のテーブルをイタリア屈指の家具ブランド、ポルトローナ・…
  3. Maison Bonnet 至高のオートクチュール アイウェア
  4. lvjewelry ルイ・ヴィトンのハイジュエリーコレクション「Deep Time」
  5. 「アンリ・ジロー」×「京都蒸溜所」の 幻のジンが「ラグジュアリーカード」とトリプ…
  6. 南青山の会員制フレンチ「Par les saisons(パー レ セゾン)」1周…
  7. ロールス・ロイス「ゴースト」に「ブラック・バッジ」が登場
  8. 南の島の海を思わすブルーラグーン フュメダイアルが魅力の、 H.モーザーの新作2…
  9. shirokuramata 伝説のデザイナー倉俣史朗のデザインの先にあるものを掘り下げる「倉俣史朗のデザイン…
  10. 石垣島の3000坪に佇むヴィラNOT A HOTEL ISHIGAKI「EART…
PAGE TOP