ふたつの“ふふ”が軽井沢に開業

熱海や京都、箱根などで展開しているスモールラグジュアリーホテルの「ふふ」。その7番目の施設として「ふふ 軽井沢 陽光の風」、8番目として「ふふ 旧軽井沢 静養の森」が、2023年12月24日に開業しました。

立地に合わせ異なる魅力をもつふたつの“ふふ”

今回軽井沢エリアにオープンした2つの“ふふ”は、それぞれ優れたロケーションを活かしながら、個性あふれる空間を演出しています。中軽井沢エリアに位置する「ふふ 軽井沢 陽光の風」は、心身ともに健康になれるナチュラルリゾート。客室にはグリーンが溢れ、明るい光が差し込み、館内にいながらにして軽井沢の自然を存分に感じられる作りになっています。一方旧軽井沢エリアの「ふふ 旧軽井沢 静養の森」は、雲場池のほとりにあり、静かに落ちついたリゾート。木漏れ日が揺れる軽井沢の森にひっそりとたたずみ、ゆったりとした時間を過ごすことができます。


左/「ふふ 軽井沢 陽光の風」のラグジュアリースイート

右/「ふふ 旧軽井沢 静養の森」コンフォートスイート

立地やしつらえ、食事やリラクゼーションメニューにおいて、ふたつの“ふふ”は全く異なる個性をもっています。それぞれの魅力を堪能するべく、2施設を移動し連泊することによって、軽井沢のもつ奥深い魅力を発見することができるでしょう。

「ふふ 旧軽井沢 静養の森」バーラウンジ

心身が満たされるナチュラルリゾート「ふふ 軽井沢 陽光の風」

「ふふ 軽井沢 陽光の風」にあるふふラウンジは、グリーンにあふれ、草木に囲まれた空間でひとときを過ごすことができる場所。天窓から差し込む太陽の光を受けて育つ印象的なシンボルツリーがゲストを迎えてくれます。アフターヌーンティーでは、長野県で収穫されたハーブで作るハーブティーを。ナイトタイムは、長野県のナチュラルワインや果実をふんだんに使用したオリジナルサングリアを愉しめるBarとして営業します。光の移ろいに応じてさまざまな表情を見せてくれるラウンジです。

「ふふ 軽井沢 陽光の風」ふふラウンジ

色鮮やかなビタミンカラーで心躍る客室

どの客室も一年を通じてグリーンで溢れ、生き生きとした明るい空気に包まれています。室内にいながらも太陽の光や自然を感じられ、心身ともに健やかに過ごせる空間です。エネルギーに満ちたグリーンやイエローなど明るいビタミンカラーをソファや壁面にあしらい、エネルギーに溢れた気持ちの良い客室となっています。

「ふふ 軽井沢 陽光の風」ラグジュアリースイート

また「ふふ 軽井沢 陽光の風」は、豊かさの象徴として人と自然に優しいサステナブルなナチュラルリゾートを目指しています。そのため客室には、今までは廃棄されていたガラスの端材などを再形成することで一つ一つ色が異なるグラスやカップ、長野県で作られた木製の小物などを設えているそう。
全客室には、天然温泉の広々としたお風呂を完備し、浴槽の傍らにはホットストーンを備えます。温泉で十分に身体を温めたあとは、浅間山から舞い降りる冷涼な風を感じながら岩盤に横たわりゆったりと外気浴を愉しむことができます。客室には、長野県で自然栽培しているヤーコン葉茎を自然発酵させた健康茶が備えられており、入浴の合間にデトックス効果の高いヤーコン茶を飲みながら温泉と岩盤・外気浴を繰り返すのもおすすめの過ごし方です。

「ふふ 軽井沢 陽光の風」客室温泉

信州の四季を味わうジャパニーズフレンチ「Plaiga KARUIZAWA」

ミシュランガイド掲載店・東京都大手町のフレンチレストラン「Plaiga TOKYO」が「Plaiga KARUIZAWA」として「ふふ 軽井沢 陽光の風」にオープン。“日本の四季を旅するフレンチ”をコンセプトとする「Plaiga TOKYO」では、日本各地の旬な食材を用い、四季の情景が思い浮かぶような美しいコース料理が提供されます。一方、「Plaiga KARUIZAWA」では、鮮度の高いこだわり抜いた信州食材の魅力をフレンチの技法で最大限に引き出したジャパニーズフレンチ料理が提供されます。

「Plaiga KARUIZAWA」アミューズ

「YOUCA SPA」では、イギリスのラグジュアリーオーガニックライフスタイルブランド「バンフォード」のトリートメントメニューを受けることができます。スパルームの中には、プライベートサウナや水風呂、ハーブバスも完備。サウナで芯から温まった身体を、オールハンドによる施術でほぐし、さらなる心地よさへと導きます。また、プライベートサウナとハーブバスのみの利用も可能で、太陽のエネルギーをふんだんに蓄えた植物の香りに包まれながら至福のひとときを過ごすことができます。

「YOUCA SPA」

木漏れ日の明かりと森の香りに満ちた自由閑閑なリゾート「ふふ 旧軽井沢 静養の森」

館内に入ると目の前に広がるのは、軽井沢の森で育った木々が象徴的に用いられた「KUMOBA TERRACE」。木立に光が映り、風がそよぐ旧軽井沢の原風景を表現。日中は、木々の間から覗くやわらかな木漏れ日に包まれ、夜はバーで注文したドリンクを片手に暖炉や薪木のゆらめきを眺めながら、特別な休日を彩る、ゆったりとした贅沢な時間を過ごすことができる空間です。

「ふふ 旧軽井沢 静養の森」ロビーラウンジ

炎の揺らぎを感じることのできる客室

客室はシックで落ち着いた軽井沢らしさを追求した空間。客室ごとに異なる3色のカラーをベースに、リゾートらしい大きなソファやベッドをしつらえた上質で心地の良いインテリアに。全客室に暖炉を完備し、揺らめく炎をソファに座って愉しむことが可能です。矢張りの壁や木々の葉脈を表現したカーペット、また敷地内に雲場池から川が流れ込んでいることから着想した水面を感じるインテリアなど、客室にいながらも、旧軽井沢の自然を感じられる空間となっています。
また、「ふふ 軽井沢 陽光の風」同様、全室に大きな窓のある天然温泉が備えられており、窓を開けるとまるで半露天のように、心地よい軽井沢の風や森を感じることができます。

「ふふ 旧軽井沢 静養の森」ラグジュアリースイート

「ふふ 旧軽井沢 静養の森」客室温泉

旧軽井沢の自然を感じられる日本料理と鉄板焼

2007年の開業以来、上質な空間と旬の食材を生かした日本料理で政財界をはじめ多くのお客様から愛されてきた「日本料理 赤坂紙音」が軽井沢に誕生しました。軽井沢の「日本料理 赤坂紙音」では、長野県産の肉や魚、きのこ、フルーツなどを使った日本料理と鉄板焼を提供。「赤坂紙音」で培った熟練の職人技が、新鮮な地元食材を、洗練された日本料理へと昇華させます。

「赤坂紙音」前菜

また、館内には長野県や全国で活動している新進気鋭のアーティストの作品が飾られ、上質な空間を作り出しています。東京都在住のアーティスト・水田典寿による、流木や廃材から創り出す独自の彫刻品は、モノの持つ記憶や時間を感じることができ、国内外で高い評価を受けています。「ふふ 旧軽井沢 静養の森」では、軽井沢に生息する動物や野鳥からインスピレーションを受けたオリジナル作品が展示されています。

水田 典寿氏「アカハラ(鳥)」

『ふふ 軽井沢 陽光の風』
所在地:〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉568-1
TEL:0570-0117-22
https://www.fufukaruizawa.jp/
料金:¥90,000~ 1泊2食1室2名(税サ込・入湯税別)

『ふふ 旧軽井沢 静養の森』
所在地:〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1299-2
TEL:0570-0117-22
https://www.fufukyukaruizawa.jp/

料金:¥98,200~ 1泊2食1室2名(税サ込・入湯税別)

関連記事

  1. プライベートジェットで瀬戸内に浮かぶ宿、guntûへ

  2. ホテル・レ・オート・ロシェに。

  3. 山形県南陽市の名宿「山形座 瀧波」が、ミシュラン星付きシェフを招聘してのコラボレーションディナーを開…

  4. gastronomy award

    フーディーたちを唸らせた新潟のレストランとホテルは? 「新潟ガストロノミー アワード」の大賞・特別賞…

  5. sixsenses

    シックスセンシズ初のウェルネス特化型リゾート「シックスセンシズ ヴァーナ」がインドに開業

  6. 石垣島の3000坪に佇むヴィラNOT A HOTEL ISHIGAKI「EARTH」販売開始

  7. 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルで体験できる 唯一無二の氷瀑クリスマス

  8. 至高の時間を堪能する 「フォーシーズンズホテル東京大手町」19時間の贅

  9. アマン京都の一棟貸しパビリオンでプライベートディナーを

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

  1. armani
  2. hoshinoresort

おすすめ記事

  1. ベントレーコンチネンタルGTコンバーチブルに待望の“スピード”が登場!
  2. H.モーザーとMB&Fの特別なコラボレーションモデルが登場  2つの個…
  3. バウハウス設立100周年を記念するライカ特別モデルは世界限定150台
  4. tokyostationhotel 東京ステーションホテルとグローブ・トロッターがスペシャルコラボ
  5. ベルルッティ、再認識。
  6. フランス人アーティスト ジャン=ミシェル・オトニエルの個展「夢路 DREAM R…
  7. ルイ・ヴィトンの新作「LV ESCALE」 発売開始
  8. ponant 豪華客船ル コマンダン シャルコーで巡る北極への旅
  9. cirpas 吉田能シェフ独自の世界観を表現するカウンターフレンチCIRPAS
  10. lucienpellafinet ハイテク素材で心地良い、「lucien pellat-finet LPFG」夏の…
PAGE TOP