阿寒摩周国立公園内に誕生した1日1組限定の宿「TAPKOP」

tapkop

北海道の東に位置する弟子屈(てしかが)町に〈自然が隣人である暮らし〉をコンセプトにした宿「TAPKOP(タップコップ)」がオープンしました。道東の豊かな自然に囲まれ、誰にも邪魔されない静寂の宿は一日一組限定。慌ただしい都会では決して手にすることができない、自分や大切な人とじっくり向き合える贅沢な時間を提供します。

tapkop

見渡す限りの大自然を一人占めできる贅沢なヴィラ

「TAPKOP」という名はアイヌ語の「こんもり盛り上がったような丘」という言葉に由来しています。阿寒摩周国立公園内の丸山という小さな丘の中腹に位置し、正面には「オプタテシュケ」という、アイヌ神話にも登場する山を望む景色が広がります。施設の背後には屈斜路湖が控えており、敷地内にある摩周火山の火山灰を使用してつくられた散策路は釧路川の源流に行き着きます。施設面積266㎡、敷地面積は30,055㎡を誇り、見渡す限りの大自然という贅沢な空間となっています。

tapkop

屈斜路湖は国内最大のカルデラ湖で、湖内には中島があり、特徴的な風景を作り出します。冬場は前面が氷に覆われ、幻想的な雰囲気に。全面結氷する湖としては日本一の大きさです。氷結した湖は、周囲のカルデラ全体がスピーカーのようになり、不思議な音を奏でます。日中と夜の温度差で氷が収縮・膨張を繰り返すと、道のように盛り上がり、氷丘脈という御神渡り現象が生まれ壮観な景色が広がります。水源の8割が湧き水なので透明度が高く、冬にはシベリアから白鳥が飛来し、夏はカヌーやSUPなどのウォータースポーツを楽しむこともできる土地です。

tapkop

 

tapkop

外気浴と水風呂が気持ち良い完全プライベート空間

宿泊するヴィラはシンプルながら洗練されたデザインで、リビング、キッチン、寝室、バスルームとジムがすべて1階にあり、コーナーに設けられた大きな開口部と吹き抜けが気持ちの良い空間になっています。リビングには暖炉があり、ウッドデッキでは焚き火を楽しみながら、満天の星空を眺めることができます。

tapkop

tapkop

また浴室は、室内のバスタブに加え、サウナに水風呂、そしてテラスには見た目にも楽しい樽風呂が配され、英気を養うにはもってこい。雪のなかに佇む針葉樹の色合いをイメージしており、静かで仄暗い空間から窓の外を見ると、目の前には森の静寂が漂い、まるで森と一体になったかのような感覚を味わうことができます。

tapkop

tapkop

サウナの内装には、木肌が柔らかく耐久性に優れ、心地よい香りが特徴的なレッドシダーを使用し、アイヌ民族の方が制作されたオブジェが飾られています。水風呂は釧路源流のミネラル豊富な湧き水をかけ流しており、心地よい水の音がリラックスをうながします。外気浴を行えるウッドデッキのテラスも完備し、サウナ好きも納得のクオリティに。テラスには佐賀県で作られた味噌樽を配し、露天風呂として活用しています。屋内の休憩室には、自家製のデトックスウォーターやサウナドリンクのオロポなども用意され、何時間も過ごせてしまいそうな気持ちの良い空間となっています。

tapkop

tapkop

専属シェフが作る北海道の食材を活かした滋味に富んだモダンチャイニーズ

 夕食は隣接するレストラン棟で、モダンチャイニーズのコース料理をいただきます。北海道の食材を活かし、伝統的な広東料理とオリジナリティーを融合させた優しい中華料理に仕上げ、大自然を感じられるモダンな食事を創出。中国料理の伝統技法を用いながら、現代的な味や盛り付けにすることで、ナチュールワインにも合う軽やかで健康的かつ満足度も高いディナーになっています。また、レストラン棟が別になっているので、夕食の準備などでスタッフの方が出入りすることもなくヴィラ内ではひと目を気にせず過ごせるのもうれしいところ。

tapkop

tapkop

朝食は北海道産の四季折々の素材をメインに、シンプルかつ丁寧に仕上げたメニューを提供。囲炉裏を使った焼き魚なども楽しめます。

tapkop

チェックインはカヌーで川からアプローチ

「TAPKOP」ではオプションで特別なチェックインをすることができます。車を預け、施設にたどり着く前に、屈斜路湖からカヌーに乗り、釧路川源流を降り、TAPKOP の敷地へと向かいます。敷地内にたどり着く と、2頭の馬が待っており、馬で坂道を登っていくと、森の中にヴィラが現れるというドラマティックなチェックインです。TAPKOP では、このようなカヌーと乗馬を組み合わせたチェックインを始め、広大な敷地を活かした、ここでしかできない体験を準備しています。

tapkop

tapkop

TAPKOPでの過ごし方

 「TAPKOP」では何かをしなければいけないということはありません。ただ小鳥の声に耳を傾け、芝生に寝転び、暖炉の火を眺める。そういった何もしない時間こそが、都会の生活では足りていない時間です。周辺を散策したり、サウナに入ったりしていると時間はあっという間に過ぎてしまうでしょう。もちろんジムもありますし、プロジェクターもあるので、いつものルーティーンを守ることも可能です。ですが、気持ちを切り替え、心を整えるために、一度ただ自然の中に身をおいてみるという体験をするのも必要なのではないでしょうか。四季を通して様々な植物が織りなす景観は、何度訪れても決して飽きることはありませんし、時には、動物たちが立ち寄ってくれることもあるでしょう。普段向き合うことのできない感情と対峙し、人生を見つめ直す。「TAPKOP」はまさにそんな心のリセットにうってつけなのです。

tapkop

「TAPKOP」
所在地:北海道川上郡弟子屈町字屈斜路181
女満別空港もしくは中標津空港から車で 約1時間、釧路空港から車で約1時間半
宿泊料金:¥200,000+税〜(2名分夕朝食付き、1泊2日)
※基本定員2名。2023年5月以降は、4名様まで宿泊可能
※お子様がいらっしゃる場合は要相談
TEL:050-3174-7355
MAIL:tapkop@kussharo.co.jp
https://tapkop.com/

関連記事

  1. ふたつの“ふふ”が軽井沢に開業

  2. 「ザ・ペニンシュラ東京」から8つのLoveの贈り物プログラム

  3. 唯一無二の体験ができる「MUNI KYOTO」で、期間限定で最高のアフタヌーンティーを

  4. キャンティ・クラシコの誇り、カステッロ・ディ・アマの豊穣の恵みを体感する旅へ

  5. ドイツ人が国内旅行に選ぶ行き先No.1がハンブルク。 同国人にこよなく愛される街のサステイナブルな魅…

  6. 世界初! ハワイを出て初めて日本に上陸した最高級ホテル、ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜へ…

  7. 開会式まであと半年を切ったパリ五輪2024 現地に足を運んで楽しむための前知識あれこれ

  8. 坂本龍馬生家跡として知られる「ホテル南水」がラグジュアリーホテルとして2024年秋リブランドオープン…

  9. ソンム湾鉄道 フランス式鉄道旅の愉しみ方

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. ペロタン東京でダニエル・アーシャム「31st Century Still Lif…
  2. リシャール・ミル ブティック銀座が、並木通りに。
  3. フェラーリの純粋な内燃機関で構成された最後のV8ミッドシップ。
  4. mizubasho 主要7カ国(G7)閣僚会合での乾杯酒に採用されたスパークリング日本酒AWA SA…
  5. セレブを魅了する香り「アンリ・ジャック」から”HJ ヴォヤージュ”トラベルコレク…
  6. EmmaWebster エマ・ウェブスターの個展『The Dolmens』、ペロタン東京で開催
  7. ポールボキューズ 金曜夜は銀座でロゼ色の“ごちそう”ステーキを。「ブラッスリー ポール・ボキューズ…
  8. ショーメより、海をテーマにした新作ハイジュエリーが登場
  9. フランチェスコ・マッツィ イタリア巡回展三部作「ジャパニーズ・ビューティ」を開催…
  10. 開会式まであと半年を切ったパリ五輪2024 現地に足を運んで楽しむための前知識あ…
PAGE TOP