リゾナーレ小浜島が7/1にグランドオープン!

八重山諸島に位置するゴルフ場隣接の離島リゾート

「星野リゾート リゾナーレ小浜島」は「星のや竹富島」、「西表島ホテル」に続き、同リゾートの八重山諸島における3件目の施設。7月1日には「星のや沖縄」も開業したので、沖縄全体だと4つの施設があるうちの1つ。なかでも「リゾナーレ小浜島」はよりプライベートでこじんまりとしており、のんびり過ごしたい大人にオススメのリゾートです。

客室はヴィラタイプでオールスイート

全室独立したヴィラタイプなので、周囲の目も気にならずプライベートな作りに。さらに客室はオールスイートで、特に「ロイヤルスイート」には、プライベートプール、屋外ジェットバス、ガゼボ、サウナを完備しており、最大4人で利用できるのでカップルでも家族でも、お部屋から出ずとも充実のリゾートステイが実現します。

沖縄本島から南西400㎞の日本一温暖なゴルフコース

「リゾナーレ小浜島」には「小浜島カントリークラブ」が併設されています。日本最南西端にあるので、一年中暖かく、フェアウェイの先には真っ青な海が広がり、美しい景色のリゾートゴルフを満喫することができます。また根が横に伸びる特性のあるチャンピオンドワーフという芝を採用しているので、グリーンが速く、景色を愉しむだけでなく、真剣にゴルフも堪能することができます。

アクティブ派も満足な数多くのアクティビティ

リゾートはのんびりするために行くものですが、一日中何にもしないと意外と飽きてきてしまったりもしますよね。ですが、さすがは星野リゾート。アクティビティはたっぷり用意されているのでご安心を。

① 朝焼け海上ラウンジ

普段なら起きられないけど、バカンスだからこそ、早起きもできちゃったり。リゾナーレ小浜島ではそんな朝時間を満喫するために、「朝焼け海上ラウンジ」に乗って、早朝の海を堪能することができます。こちらインスタ映えも必至かと。

②幻の島

幻の島と呼ばれる、干潮時にのみ現れる三日月型の島へ、リゾートのビーチから船に乗って訪れることができます。島の周りではシュノーケリングを楽しむことができ、初心者でも安心してカラフルな熱帯魚や珊瑚礁と一緒に泳げます。

③ティンガーラナイトディナー

ティンガーラとは、沖縄の方言で天の川のこと。ティンガーラナイトディナーは離島ならではの、満天の星空の下で、レストランの食事を楽しむことができるプラン。誰にも邪魔されず、二人だけのロマンティックなディナータイムに。

④マンタチャレンジ

小浜島では季節を問わずマンタが見られることでも有名な島。「リゾナーレ小浜島」では、シュノーケリングでマンタがよく現れるポイントに船で行くことができます。また幻の島や珊瑚礁のポイントにも訪れることができます。
(天候等によりマンタが見られないこともあります)

他にも、電動キックボードに乗ってホテル内を散策したり、SUPやSUPヨガ、スパも充実しているので、万が一ぼーっとのんびり過ごすことに飽きたとしても、大丈夫。やることがなくなることはありませんよ。
(アクティビティの料金など詳細はホームページをご参照ください)

小浜島は石垣島からフェリーで約25分という立地ゆえ、離島に来た!という気分が盛り上がること間違いなし。また星野リゾートでは、衛生管理と三密を避けた取り組みをしっかり行なっているので、安心して旅に出ることができます。まだまだ海外は難しそうですし、次の旅の目的地に「リゾナーレ小浜島」おすすめです。

「星野リゾート リゾナーレ小浜島」
https://risonare.com/kohamajima/
料金:ロイヤルスイート 1 泊 50,000 円〜(2 名 1 室利用時 1 名あたり、税別、朝食付)
石垣港離島ターミナルより小浜港行きフェリーにて 25 分、小浜港から送迎バスにて約 10 分

関連記事

  1. 非日常のラグジュアリーを提供してくれる「アマン京都」

  2. リビエラ逗子マリーナに『MALIBU HOTEL』が誕生

  3. 三井総領家の記憶と京都の伝統を継承したラグジュアリーホテル

  4. 最上級のラグジュアリー空間「アマン」で体験する日本の秋

  5. ラペルラ×セントレジスによる究極のラグジュアリーコラボ。紳士から淑女へ、まさにうってつけの贈り物!

  6. アートの島に露天風呂付きの 「直島旅館ろ霞」が開業

  7. アマン京都の一棟貸しパビリオンでプライベートディナーを

  8. 「ニセコ樺山の里 楽 水山」が12月1日に開業

  9. プライベートジェットで瀬戸内に浮かぶ宿、guntûへ

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. 「アンリ・ジロー」×「京都蒸溜所」の 幻のジンが「ラグジュアリーカード」とトリプ…
  2. 三ツ星シェフをを唸らせたAtsushi Hataeのスイーツ。
  3. リシャール・ミルの自社開発クロノRM 72-01は、見どころ目白押し!
  4. 今年こそ「アンダーズ東京」で優雅なお花見体験を
  5. RM 011の定番モデルから、マンチーニモデル!
  6. ドーメルの生地とダウンの種類が選べるドゥミ メジュール。
  7. フェラーリ、その世界一のサービスが日本にある
  8. 「RM 07-01 オートマティック レーシングレッド」発売を機に考えてみる
  9. ベルルッティ、再認識。
  10. 喜びと楽しみを分かち合うゴルフのチャリティーイベント開催
PAGE TOP