重すぎず、軽すぎないルイ・ヴィトン。

数々の賞を受賞するとともに、バレンシアガのクリエイティブディレクターも務め、2013年よりルイ・ヴィトン ウィメンズ アーティスティック・ディレクターに就任したニコラ・ジェスキエールが手がける春夏コレクションの新作シューズが2月7日から発売された。

フラワーヒールで仕上げたローファー 「SWIFT」や、70年代から着想を得たプラットフォームスタイルの「PODIUM」など全5タイプ。
可愛い見た目でありながらラグジュアリーな雰囲気を損なわないデザイン性はさすがニコラ・ジェスキエール。
世界的なトレンドであるボリューム感のあるフォルムも野暮ったくないどころか洗練されている。
こういった絶妙なバランスがルイ・ヴィトンを飽きさせることのない秘訣だろう。
ギフトとして贈っても確実に喜ばれる一品。
靴をプレゼントするというのは、ハードルが高い。
特にヒールであればなおさらだろう。
エッジが効きすぎているものでは、構えさせてしまうし、贈り物としては重すぎる……
かといって利便性を考えてカジュアルなスニーカーか……
というとちょっと軽すぎてしまう。
そういった意味でも今回のコレクションは絶妙にハマるだろう。
尖った印象のない可愛い見た目に加えて、モダンなデザインはセンスを感じさせてくれる。
ドレスアップしてもカジュアルにも使える汎用性は、贈られた側からすると嬉しいポイントだ。

「ACADEMY LOAFER」
アッパーの一部にのみモノグラムをあしらったデザイン。
ボリュームのあるカジュアルなフォルムでありながら、品も備えているのでドレスコーデにも。
12万7000円(予定価格)
H:2CM
PLAIN CALF

「PODIUM SANDAL」
シンプルだけどモードで高級感がある。
これは一番ハズさないギフトかもしれない。
12万7000円(予定価格)
H:8CM
SUEDE BABY GOAT

「SWIFT LOAFER」
遊び心のあるデザインならヒールでもギフトとして活用できる。
11万8000円(予定価格)
H:10CM
GLAZED CALF LEATHER

「LV ARCHLIGHT SNEAKER」
スニーカーでもカジュアルすぎない。
足元で遊び心を取り入れるコーデにもピッタリだ。
11万8000円(予定価格)
H:8CM
TEXTILE

2月7日から発売になっている注目の新作。
男女問わず一見に値します。

ルイ・ヴィトン
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/homepage

関連記事

  1. Ferrari Omologata ワンオフモデル

    世界に1台のフェラーリ、新しいワンオフ・モデル「Ferrari Omologata」発表!

  2. 「アンダーズ 東京」で夏の疲れを癒す、至福の時間を

  3. bape

    A BATHING APE®から初めてのゴルフコレクションリリース

  4. アスプレイの四季を彩るベース。

  5. カシミアタッチになったチルコロ1901。

  6. HOTEL THE MITSUI KYOTO×細尾が京都旅を特別な体験にします

  7. 煌びやかな宝石を纏ったお守りウォッチがリシャール・ミルから発売

  8. パリの伝統とデジタルを融合したオーダーメイドシューズ「Derville」

  9. アンリ・ジャックから香川漆芸 と 家庭画報とコラボした特別なコラボレーションボックス誕生

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. 奥日光の雄大な自然に抱かれるラグジュアリーホテル ザ・リッツ・カールトン日光へ
  2. 「ABCDEFGucci」で自分だけのニットを。
  3. ラリックの香水『クリスタルボトル コレクション2020 《オーキデ》』が発売。
  4. 2億5000万円のマクラーレン・スピードテール。
  5. 新感覚のゴッホ展「ゴッホ・アライブ 東京展」開催中
  6. 「Bang & Olufsen」、『Beovision Harmony…
  7. プライベートジェットで瀬戸内に浮かぶ宿、guntûへ
  8. 最上級のラグジュアリー空間「アマン」で体験する日本の秋
  9. 2020年究極の電動カー、Maclaren Senna「ライドオン」が登場
  10. 世界最大のホテルワインセラーを訪問〜 モナコ・モンテカルロの旅へ
PAGE TOP