重すぎず、軽すぎないルイ・ヴィトン。

数々の賞を受賞するとともに、バレンシアガのクリエイティブディレクターも務め、2013年よりルイ・ヴィトン ウィメンズ アーティスティック・ディレクターに就任したニコラ・ジェスキエールが手がける春夏コレクションの新作シューズが2月7日から発売された。

フラワーヒールで仕上げたローファー 「SWIFT」や、70年代から着想を得たプラットフォームスタイルの「PODIUM」など全5タイプ。
可愛い見た目でありながらラグジュアリーな雰囲気を損なわないデザイン性はさすがニコラ・ジェスキエール。
世界的なトレンドであるボリューム感のあるフォルムも野暮ったくないどころか洗練されている。
こういった絶妙なバランスがルイ・ヴィトンを飽きさせることのない秘訣だろう。
ギフトとして贈っても確実に喜ばれる一品。
靴をプレゼントするというのは、ハードルが高い。
特にヒールであればなおさらだろう。
エッジが効きすぎているものでは、構えさせてしまうし、贈り物としては重すぎる……
かといって利便性を考えてカジュアルなスニーカーか……
というとちょっと軽すぎてしまう。
そういった意味でも今回のコレクションは絶妙にハマるだろう。
尖った印象のない可愛い見た目に加えて、モダンなデザインはセンスを感じさせてくれる。
ドレスアップしてもカジュアルにも使える汎用性は、贈られた側からすると嬉しいポイントだ。

「ACADEMY LOAFER」
アッパーの一部にのみモノグラムをあしらったデザイン。
ボリュームのあるカジュアルなフォルムでありながら、品も備えているのでドレスコーデにも。
12万7000円(予定価格)
H:2CM
PLAIN CALF

「PODIUM SANDAL」
シンプルだけどモードで高級感がある。
これは一番ハズさないギフトかもしれない。
12万7000円(予定価格)
H:8CM
SUEDE BABY GOAT

「SWIFT LOAFER」
遊び心のあるデザインならヒールでもギフトとして活用できる。
11万8000円(予定価格)
H:10CM
GLAZED CALF LEATHER

「LV ARCHLIGHT SNEAKER」
スニーカーでもカジュアルすぎない。
足元で遊び心を取り入れるコーデにもピッタリだ。
11万8000円(予定価格)
H:8CM
TEXTILE

2月7日から発売になっている注目の新作。
男女問わず一見に値します。

ルイ・ヴィトン
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/homepage

関連記事

  1. ラリックの香水『クリスタルボトル コレクション2020 《オーキデ》』が発売。

  2. 人気プロゴルファーとのラウンド権をチャリティオークションに出品

  3. 【FLEXFORM TOKYO】新作コレクション2023 展示・販売を開始

  4. 食卓を彩るSMEG×Dolce&Gabbanaのアートな家電

  5. ヴァージル・アブロー×ナイキ・コラボレーションプロジェクト 知られざるバックストーリーが、1冊の本と…

  6. フランス人アーティスト ジャン=ミシェル・オトニエルの個展「夢路 DREAM ROAD」が、9月16…

  7. グッチのクリエイティブ ビジョンを称え探求する没入型エキシビション「Gucci Garden Arc…

  8. lucienpellafinet

    ハイテク素材で心地良い、「lucien pellat-finet LPFG」夏のゴルフウェア

  9. molteni

    室内外をシームレスに繋ぐ 伊ブランド、モルテーニ 初のアウトドアコレクション

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

  1. armani
  2. hoshinoresort

おすすめ記事

  1. ento 隠岐の海と山からエナジーチャージできる宿「Entô」
  2. 「アマンレジデンス 東京」と「ジャヌ東京」虎ノ門に2023年開業
  3. 2020年究極の電動カー、Maclaren Senna「ライドオン」が登場
  4. 最高峰の日本酒ブランドSAKE HUNDREDが、現代日本画家 大竹寛子氏とのコ…
  5. 時計連載 / H.モーザー vol.01
  6. グラフィカルでカラフルな3種類のレディス限定モデルが登場
  7. 祈りの島に開業した露天風呂付きリゾート 「五島リトリート ray」
  8. winemarketparty 恵比寿ガーデンプレイスのワインショップ「WINE MARKET PARTY」がリ…
  9. リシャール・ミルからキミ・ライコネンモデル。
  10. 重すぎず、軽すぎないルイ・ヴィトン。
PAGE TOP