重すぎず、軽すぎないルイ・ヴィトン。

数々の賞を受賞するとともに、バレンシアガのクリエイティブディレクターも務め、2013年よりルイ・ヴィトン ウィメンズ アーティスティック・ディレクターに就任したニコラ・ジェスキエールが手がける春夏コレクションの新作シューズが2月7日から発売された。

フラワーヒールで仕上げたローファー 「SWIFT」や、70年代から着想を得たプラットフォームスタイルの「PODIUM」など全5タイプ。
可愛い見た目でありながらラグジュアリーな雰囲気を損なわないデザイン性はさすがニコラ・ジェスキエール。
世界的なトレンドであるボリューム感のあるフォルムも野暮ったくないどころか洗練されている。
こういった絶妙なバランスがルイ・ヴィトンを飽きさせることのない秘訣だろう。
ギフトとして贈っても確実に喜ばれる一品。
靴をプレゼントするというのは、ハードルが高い。
特にヒールであればなおさらだろう。
エッジが効きすぎているものでは、構えさせてしまうし、贈り物としては重すぎる……
かといって利便性を考えてカジュアルなスニーカーか……
というとちょっと軽すぎてしまう。
そういった意味でも今回のコレクションは絶妙にハマるだろう。
尖った印象のない可愛い見た目に加えて、モダンなデザインはセンスを感じさせてくれる。
ドレスアップしてもカジュアルにも使える汎用性は、贈られた側からすると嬉しいポイントだ。

「ACADEMY LOAFER」
アッパーの一部にのみモノグラムをあしらったデザイン。
ボリュームのあるカジュアルなフォルムでありながら、品も備えているのでドレスコーデにも。
12万7000円(予定価格)
H:2CM
PLAIN CALF

「PODIUM SANDAL」
シンプルだけどモードで高級感がある。
これは一番ハズさないギフトかもしれない。
12万7000円(予定価格)
H:8CM
SUEDE BABY GOAT

「SWIFT LOAFER」
遊び心のあるデザインならヒールでもギフトとして活用できる。
11万8000円(予定価格)
H:10CM
GLAZED CALF LEATHER

「LV ARCHLIGHT SNEAKER」
スニーカーでもカジュアルすぎない。
足元で遊び心を取り入れるコーデにもピッタリだ。
11万8000円(予定価格)
H:8CM
TEXTILE

2月7日から発売になっている注目の新作。
男女問わず一見に値します。

ルイ・ヴィトン
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/homepage

関連記事

  1. ラスベガスの名門シャドウ・クリーク。

  2. ベルルッティのウィメンズ、デビュー。

  3. ベルルッティの隠れた名靴。

  4. 高級原料でこだわりの生地を作ったカンタータ至極のスーツ

  5. 一年待ちのチウネに。

  6. カシミアタッチになったチルコロ1901。

  7. パテント素材を纏った、魅惑のジョン ロブ。

  8. 新しいゲレンデヴァーゲンに乗った!

  9. 日本酒の上質を極めた「百光」

特別連載 リシャール・ミル ブティック紹介

  1. 特別連載 Vol.8 リシャール・ミル伊勢丹新宿
  2. 特別連載 Vol.7 リシャール・ミル福岡
  3. 特別連載 Vol.6 リシャール・ミル神戸
  4. 特別連載 Vol.5 リシャール・ミル 西武渋谷店
  5. 特別連載 Vol.4 リシャール・ミル 大阪髙島屋
  6. 特別連載 Vol.3 リシャール・ミル 日本橋髙島屋
  7. 特別連載 Vol.2 リシャール・ミル 大阪
  8. 特別連載 Vol.1 リシャール・ミル 銀座

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. マクラーレン「720S Spider」に魅せられて。
  2. ベルルッティ、再認識。
  3. ラリックの香水『クリスタルボトル コレクション2020 《オーキデ》』が発売。
  4. 特別連載 Vol.6 リシャール・ミル神戸
  5. 空気清浄機は、ひとりに1台の時代か。
  6. 伊勢丹新宿店本館5階=ウォッチにラグジュアリーを極めたカフェが誕生。 後篇
  7. アンダーズ 東京でクリスマスはラグジュアリーグランピング。
  8. セレブも夢中の「アレキサンダー・ワン×ブルガリ」のカプセルコレクション第2弾
  9. RM 011の定番モデルから、マンチーニモデル!
  10. リシャール・ミルの新作は、甘く懐かしい時間に誘うタイムマシン?
PAGE TOP