「ベルルッティ」のホーム&オフィス オブジェ コレクション

デスクをヴェネチアレザーで彩るアートのような逸品


ベルルッティは、ヨーロッパの伝統的なメーカーと新たにホーム&オフィス オブジェ コレクションの コラボレーションを行いました。歴史に残る象徴的な作品の他に新作も製作。現代に蘇った名作に新たな息吹が吹き込まれ、魅力がさらに増しました。

コラボレーションをしたのは主にカール・オーボック、サン・ロレンツォ、サイモン・ハッサンという3つのメーカーです。
カール・オーボック工房は19 世紀後半に創業したウィーンを拠点とする真鍮工房で、サン・ロレンツォは、1970 年に創業し、世界的に有名なデザイナーや建築家たちと組んでコンテンポラリーなシルバー製品を生みだしました。
また、ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アート出身のサイモン・ハッサンは革製品のデザイナー兼メーカーで、生の革を煮詰めるボイルドレザーという中世の技術を用いて自然で抽象的なフォルムの作品を作り上げます。

カール・オーボックによる美しいオフィスアイテム

真鍮工房のカール・オーボックからは、マガジンラック、レターオープナー、レザー製蓋付ボックスセット、デスクパッド、ペンホルダー、ステーショナリーホルダー、ダストボックスがラインナップします。

使い方はアナタ次第なカルトッチョ ボウル

サン・ロレンツォからは、アフラ&トビア・スカルパによる1996 年に発表されたカルトッチョ ボウルを復刻しました。純銀を、まるで一枚の紙のように、自然で有機的なフォルムに加工し、その表面を上質なヴェネチアレザーで仕上げています。

お花がなくても生活に華を与えてくれる花瓶

サイモン・ハッサンは、5種類の花瓶をデザインしました。ユニークな形状の花瓶は、ベジタブルタンニンレザーを木型にかぶせ、お湯で加熱することで形作っていくという15 世紀の手工業の技術を用いて制作されました。合わせ目を金具で固定し、レジンで内側を固めたのち、ベルルッティのアトリエでブランドを象徴するパティーヌを施しています。

 

製品ラインナップ一例

レターホルダー ¥189,000(税別)

レターオープナー ¥142,000(税別)、

マガジンラック ¥456,000(税別)

カルトッチョボウル ¥472,000(税別)

レザー花瓶 ¥346,000(税別)

新しいホーム&オフィス コレクションは、全国のベルルッティ店舗で 2020 年 11 月中旬 より取り扱いを開始します。

問い合わせ:ベルルッティ・インフォメーション・デスク TEL.0120-203-718

関連記事

  1. ミシュランの焼き鳥「南青山 七鳥目」

  2. 特許取得のホワイトニング トゥースペースト。

  3. リシャール・ミルがラファエル・ナダルモデル最新作「RM 27-04」を発表

  4. 特別連載 リシャール・ミル 銀座 × レーシングドライバー中野信治

  5. ドットール・ヴラニエスの極上ルームフレグランス。

  6. 役目を終えた靴を素敵に蘇らせる「ウエストン・ヴィンテージ」

  7. 日本酒の上質を極めた「百光」

  8. ラグジュアリー ライフスタイルホテル「アンダーズ 東京」から夏のスペシャルメニューが続々登場!

  9. アンダーズ 東京でクリスマスはラグジュアリーグランピング。

特別連載 リシャール・ミル ブティック紹介

  1. 特別連載 リシャール・ミル 神戸 × プロゴルファー宮里優作
  2. 特別連載 リシャール・ミル 銀座 × レーシングドライバー中野信治
  3. 特別連載 リシャール・ミル 名古屋松坂屋店
  4. 特別連載 リシャール・ミル 福岡
  5. 特別連載 リシャール・ミル 神戸
  6. 特別連載 リシャール・ミル 大阪
  7. 特別連載 リシャール・ミル 銀座

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

  1. Ferrari Omologata ワンオフモデル

おすすめ記事

  1. 「ル・カフェ」に 「パティシエ エス コヤマ」のオリジナルスイーツが登場!
  2. 世界初! MARK & LONA × EPON GOLFのコラボクラブ…
  3. 一度は乗りたい!ベンツのスイートルーム 「メルセデス・マイバッハ Sクラス Gr…
  4. 鈴鹿サウンドオブエンジンで、リシャール・ミルの新作発表!
  5. リシャール・ミルが新しい“代表作”「RM 72-01 オートマティック フライバ…
  6. 世界でたった一つのグローブ・トロッター。
  7. フェンディ カーサ、モダンになって復刻。
  8. 世界初コーナーソファを生み出した「ロルフベンツ」
  9. 2020年のクリスマスは、アンダーズ東京のスペシャルグランピング
  10. 重すぎず、軽すぎないルイ・ヴィトン。
PAGE TOP