Maison Bonnet 至高のオートクチュール アイウェア


スイス国境近くジュラ山脈に囲まれたフランシュ・コンテ地方。そこにはその土地の名のついたコンテチーズが有名だが、もう一つここを代表するものがある。メガネだ。一つの村にメガネのアトリエや工場がひしめき合っている。それを象徴するようにメガネ博物館もあるほどだ。山脈に囲まれた土地柄、冬は雪に覆われ農作物が取れない。そこで冬の間内職として始まったメガネだったがその品質の高さからフランスを代表するメガネの街となった。

フランスのメガネの聖地から受け継がれてきたこだわり


そのジュラ地方でオーダーメイドのアイウェアにこだわったアルフレッド・ボネが「メゾン ボネ」を誕生させたのが1930年代。
息子のロベールの代の1950年代にパリに移り今のスタイルを確立。ブランドの名声はさらに広がりイヴ・サン・ローランやフランソワ・ミッテラン、オードリー・ヘップバーンといった多くの著名人のアイウェアも手掛けてきた。卓越した技術でアイウェアのオートクチュールへと深めていったのだ。3代目となるクリスティアンは、その熟練の技巧とこだわりでメガネ作りの人間国宝にも指定されるほどになり、メゾン ボネは、名実ともに至高のアイウェブランドとなった。現在は4代目のフランクに受け継がれているが、その卓越した技巧と工程もすべて引き継がれている。

パリの中心地で至高のアイウェアをオーダー


それはパリの中心地にあるパレロワイヤルにほど近いパサージュ・デ ・ドゥ・パヴィリオン(passage des Deux Pavillons)。そこにメゾンン ボネのブティックとアトリエがある。ここで自分好みの顔、スタイルにフィットした自分だけのアイウェアをオーダーできる。
オーダーするのはそれほど難しいことではない。予約をとり、ブティックに行く。いくつものサンプルから気に入ったモデルを選ぶ。もちろん自分でイメージしたモデルがあればそれを作ってもらえる。鼈甲やバイオアセテートなど好みの素材、色を決める。そしていよいよ採寸に入る。

12項目にも及ぶこだわりの採寸


採寸する項目は12にも及ぶ。
こめかみの幅や目の幅、鼻の位置やサイズ、耳までの長さなどを測る。面白いのは下顎角も測ることだ。これは顔の中でのメガネのバランスを取るためだそう。例えばこめかみの幅や、頭の幅に対して顎の幅広い人にその頭の幅だけでメガネを作るとかけたときに余計に顎の幅が目立ってしまう。
そこでメガネをその顎の幅に合わせて顔全体に合うようにするのだ。顔の大きさ、眉の形や目との距離、そういった所からフレームの厚みなども微妙に変更して顔の物理的なサイズだけでなく全体のバランスがとれるように整えて行く。
それだけでなく、店内には姿見の鏡がある。その人の体型や、ファッションスタイルに合わせたサイズもフレームデザインに反映させるためだ。

熟練の職人による手作業で行われるフレーム作り


測定されたサイズに合わせメガネフレームをアトリエで作っていく。あらかたカットされた素材を指定されたサイズとデザインに削り込み、曲げて形にしていく。
おおまかにグラインダーで削ったあとは、少しずつ手で削っていく。形が整うとヒンジを取り付け、フレーム本体と耳にかかる3つのパーツが一つになっていく。微調整をしながら置いたときには水平に、そして閉じたときにピタッと収まるようにしていく。次にそれを磨き込んでいく。磨き込むことで見えてくる細かな凹凸もさらに削って表面を整えていく。最終的に全体を磨き上げて一段落だ。

フィッティングで人それぞれの微妙な曲線を調整


ここで再びお客に足を運んでもらいフィッティングを行う。
顔の微妙な曲面に合わせて、熱して曲げたり、時にはその場でさらに削り込んだりしてフィットさせていく。そこで問題がなければレンズを入れて最終チェックをして納品となる。
フランスではメガネのための視力検査は眼科に行って処方箋を書いてもらわなければいけない。それでは海外からの顧客に対応しずらいので、ブティックに眼科医を常駐させ、安心してオーダーできるようにしているのだ。

長い時間をかけ様々な要望に応えるべく作りあげられるオーダーメガネ


フレームの完成までは、素材やデザインで大きく変わるが2〜9ヶ月。アトリエでの実際の作業も6〜30時間を要するという。
このメガネのオーダーは、ファッションのアイウェアとしてもそうだが、疾患や障害を持った人に特に必要なのだ。
最小限の光しか入れられない人向けに全体のほとんどがフレームでレンズの縦幅が1cmにも満たない細さのものを作ったり、耳が片方しかない人などにも対応して特別な形状のものを作ったりしているのだ。
メガネを必要としている人にとってそれは常に身につけているものであり、人に会う時に最も目につくアイテムだ。熟練の職人による自分だけのメガネをメイドインフランスでオーダーしてみるのはいかがだろうか?
ちなみにロンドンにもブティックがある。そちらはまた別の機会に紹介したい。

https://www.maisonbonnet.com/
5 rue des Petits-Champs
Passage des Deux Pavillons
75001 Paris
T : +33 (0)1 42 96 46 35
paris@maisonbonnet.com

素材の見本

Image 1 of 41

鼈甲、バイオアセテートなど素材の違い、光の当たり方で表情を変える色などを手に取って確認出来る。

関連記事

  1. ドットール・ヴラニエスの極上ルームフレグランス。

  2. ミカフェートで、世界最高峰のコーヒーを。

  3. 「FLEXFORM TOKYO」のショールームが規模を拡大して南青山に移転オープン

  4. 日本茶の最高峰「八女伝統本玉露」のボトリングティー

  5. 再生医療から人間ドックまで ペニンシュラ東京にある会員制クリニック

  6. フォックス・アンブレラで雨の日も手を抜かない

  7. 東京都庭園美術館に希望の花を咲かせる–蜷川実花 「瞬く光の庭」展

  8. 三ツ星シェフをを唸らせたAtsushi Hataeのスイーツ。

  9. ドーメル、抗菌撥水生地スーツを開発!!老舗自転車メゾン・タンボワットとのコラボも!

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

  1. armani
  2. hoshinoresort

おすすめ記事

  1. ベントレーの新作「Bacalar」が3月3日に一般公開
  2. 「ABCDEFGucci」で自分だけのニットを。
  3. 南の島の海を思わすブルーラグーン フュメダイアルが魅力の、 H.モーザーの新作2…
  4. 喜びと楽しみを分かち合うゴルフのチャリティーイベント開催
  5. 今年こそ「アンダーズ東京」で優雅なお花見体験を
  6. 話題のスパークリング日本酒・SHIROKIMONOサロンがスタート
  7. 麻布台ヒルズに移転した「デポルターレクラブ」が人間ドック付きトレーニングプログラ…
  8. プライベートテラスで京都の景色と桜を独占するエレガントステイ~ザ・ホテル青龍 京…
  9. OKETA COLLECTION「YES YOU CAN -アートからみる生きる…
  10. 特別連載 リシャール・ミル 銀座 × スノーボードアルペン竹内智香
PAGE TOP