フランチェスコ・マッツィ 個展「ジャパニーズ・ビューティ」第一部がボローニャで開催


金・銀といった貴金属や宝石などの希少で高価なマテリアルや繊細でラグジュアリーな世界観のアートで世界中から注目を集めているフランチェスコ・マッツィ氏。
彼が母国イタリアにて開催する、歴史的な重要都市を巡る三部作の個展「ジャパニーズ・ビューティ」の第一部がボローニャにて開催された。

イタリア最大級のアートイベント「ART CITY BOLOGNA」のプログラムにて個展は開催され、ボローニャ中心部の歴史的建造物の1階及び地下スペース全てがMAZZI FINE ARTの世界に染まりました。
5月14日の土曜日には、祭典が深夜まで続けられる「アートシティ・ホワイトナイト」にも選ばれ、深夜まで観客をその豪華な世界観で魅了しました。

観客を魅了する荘厳なアート作品の数々に待望の新作も登場

希少な貴金属や宝石を素材に使用するため、どの作品も美しく光輝いていますが、全面に純金箔を使った「Pelle di Sole (太陽の肌)」は、その中でも別格の輝きを放っています。イタリア巡回展・第一部ボローニャの看板となりアイコニックな作品となった「太陽の肌」ですが、女神ヴィーナスが纏うローブや太陽から放出される光の波などからインスパイアされ、女神を思わせる女性的なフェミニンで柔らかな印象を持ちながらも、相反する躍動的な太陽の力強さも感じさせる作品です。
多くの観客が黄金に輝くアートに魅了され、太陽のパワーと女神の美しさ、慈しみを感じたことでしょう。

早くも話題になっている意欲的な新作の数々

その作風故に作品の完成には多大な時間と労力を要し希少性が高いMAZZI FINE ARTですが、精力的に作品づくりに取り組み今回のイタリア巡回展三部作でも、待望の新作がいくつも発表されました。
古来より神々が住んでいたとされる荘厳な山を、プラチナやゴールドを用いることでさらに美しく神格化させた作品である「La Casa degli Dei (神々の家)」や
プラチナと青の中に金色が反射する原始の物語の作品「L`Albero di Pietra(ストーンツリー)」、月の光の中の森、ケルトの神秘、太古は森の木々達がアルファベットであり、森の中には、重要なコードが存在していたとする「I Codici del Bosco (森のコード)」など意欲的で魅力的な新作の数々は、多くの観客の心を捉えました。

L`Albero di Pietra (ストーンツリー)など発表した即日に完売した作品も多く、MAZZI FINE ARTを心待ちにしていた観客がいかに多かったかを物語っています。

即日完売となった新作【L`Albero di Pietra (ストーンツリー)】


La Casa degli Dei (神々の家)

「神々の家」が生み出されるまで


I Codici del Bosco (森のコード)

多くの観客から評価され多くの作品が完売に

ボローニャの「ART CITY BOLOGNA」で開催されたマッツィ氏のイタリア巡回展第一部ですが、その反響は素晴らしく訪れた観客は口々に満足を表明していました。
今回の個展は芸術と文化の水準が高いイタリアにおいても多くの専門家や著名な人物からの高い評価を受けており、ヨーロッパ最古の総合大学として名高いボローニャ大学で40年芸術に携わる教授からも感銘の声を伝えられたそうだ。
この第ニ部のイベントを支援しているウディネユネスコクラブの会長であるレナタカ・プリア・ダルコンコ博士も、個展の展示内容に感動し称賛するコメントを発表している。
独自の手法を用いたラグジュアリーなこのアートは当然地元ボローニャでも話題となり、多くのメディアがこぞってこの個展を大きく取り上げました。
訪れた観客の満足度の高さを示すように、今回の個展のアイコニックな作品である「Pelle di Sole(太陽の肌)」をはじめとして、個展で展示された作品の多くが即完売となっています。希少な一点物のアートなだけに、多くの作品が今後直接お目にかかることは出来なくなりそうなので、実物の作品を見逃したくないファンは、現地を訪れ鑑賞しておいたほうがよさそうだ。

今回のイタリア巡回展のプロジェクトにも参画している著名な芸術評論家のGiancarlo Bonomo(ジャンカルロ・ボノモ)によるMAZZI FINE ARTについての評論もここで紹介しておこう。

現代アートの進化は、何十年にもわたって、美的センスの変化に大きく貢献しており、ファッション、デザイン、そして特に、新しいメディアの分野にも反映されています。
調和と比率の正確なパラメータを定義することを目的とした、事前に確立された参照の教義との関係は、特に西洋では、徐々に変化しています。
少なくとも止められない技術の進歩によって条件付けられた、破壊的ではないにしても大衆文化の肯定を伴っています。
このように、美学は形式的な激変を経験し、それが最高の意味で理想的に結合されていた倫理から離れることが非常に頻繁にあります。
20世紀には、最初の超越的な表現が出現しました。
確立された伝統と比較して、「破裂」と言うかもしれません。
これは、理由の代わりに感情的および視覚的な影響を与えることがあります。
それ自体が目的です。 「横断的」挑発の「概念」のアイデアは、長い間(そして部分的にはまだ)、合理的思考、執行規範、議論の余地のない倫理的価値の歴史の何世紀にもわたって無効にする新しい命令でした。
これらの前衛的な経験の後、今日、アートの方向性を理解することは本当に困難です。人は、社会的、政治的、イデオロギー的部門の間を視界でナビゲートしているという印象を持っており、すべてが不確実性と文化相対主義にねじ込まれているようです。
おそらく序文で述べたこれらすべての理由のために、フランチェスコ・マッツィの芸術は、まるでそれが穏やかな瞑想の瞬間であるかのように、喜んでそして本物の喜びで長居するオアシスのように見えます。
さまざまな国際新聞に彼について多くのことが書かれており、彼が好きで、本当に好きな表現力を示しており、疑いの余地のない市場のコンセンサスによって十分に報われています。
著者自身が指摘しているように、オリエンタルなミニマリズムとすべての幸せなブレンドで高品質のブランド(および特許、3Dフレームプッシュアップ、フレームの外側にキャンバスを表示するシステム)を生み出した公共の成功イタリアのエレガンス。
そして、まさにこの最後の文の中に、彼の作品の魅惑的な魅力、光に満ちた尊さを説明できる鍵があります。
それは関与を獲得し、私たちの感性の細い糸を動かす崇高な、神聖な感覚を知覚することから派生するその尊敬を呼び起こします。
概念主義と視覚的扇情主義の終わりのない時代において、マッツィは、他の妥協のない自然の純粋な観察から導き出される本質性の基準から始まり、それが寛大に形と色の奇跡を起こすという別の道を歩むつもりです。惜しみなくリッチ。
しかし、インスピレーションの源である主題を特定することは、最初のステップにすぎません。私たち全員が導き出すその素晴らしい貴重さは、表現された視覚的シンボルの鋭く強力な特徴づけを必要とします。
ここでは、樹脂ベースの塗料、接着剤、材料ペースト、油絵の具、フレーム(作品自体の不可欠な部分)のための貴重な木材、そしてとりわけ、金、銀、プラチナ、ダイヤモンドを使用して呼び起こします。
それ自身の輝きの独自性、その神聖な精神、常に人間の心に生息し、地球と天国の間のリンクを構成するもの。
銀がより多くの「月」の特徴を含んでいるように、これまでの芸術家は、たとえば、神聖な表現のために、または太陽のカルトを強化するために金メッキを使用してきました。何よりも、エジプト人や初期のルネサンスの芸術家の金色の背景について考えてみてください。
マッツィは、細心の注意を払った作業と慎重な技術的方法論の結果である彼の作品を再現不可能で排他的なユニークな作品にすることで、この古代の伝統を取り戻します。
しかし、贅沢な芸術は、まったく逆に、富や展示主義的な誇示の役に立たない空虚な表示ではありません。この選択には深い動機があり、マッツィの敏感で気配りのある性格にとって、非常に深い意味があります。
贅沢は人間の価値への回帰として理解されています。それは自然への最高の敬意であり、それは毎日私たちに教えている強さ、生命、粘り強さの絶え間ない奇跡、存在の無秩序な囚人への祝福と賛辞です。
洗練された実行方法と最高の素材の選択には、間違いなく教訓的な目的があります。
素晴らしい大阪のアトリエが拠点を置く桜と火山の土地は、無限のインスピレーションを示唆しています。さらに他の人、その絆が常に強いイタリアの風景。そして、神話、伝説、英雄の古代のカルト、神々の家、または山々。思い出は無意識から現れ、暗示の力を超えて、心と心の中で自分自身を明らかにし、キャンバス上のレリーフの実際的な表現と非常に活気のある色で意識のイベントになります。
したがって、芸術家は、より密閉された形而上学の迷路や、過去に深遠な理由を見つけた知的過激主義、そして市場との関係における投機的な目的のための物質の壮大な操作に自分自身を失うことはありません。
マッツィの手入れの行き届いた介入は、瞑想的な瞑想に捧げられた瞬間に得られた単純な観察に触発されています。
ここに、特に現代の狂乱における贅沢の別の側面があります。私たちの周りの美しさの真実を賞賛する時間を持つことは、太陽、蜂、蝶の花や果物の小さな生命の息吹を知覚します。新鮮さを味わい、水の声に耳を傾け、森のコードを読み、すべてが記憶と独自の意識を持っていることを発見してください。
芸術家のレンズの下で、自然は、「彫刻された」絵画の立体的な効果とともに、表面の絶対的な素晴らしさ、ペーストと補完的な材料の厚さでそれ自体を明らかにします。ここで、アートは装飾的なスタイルを超えて配置され、その古代の役割、つまり私たちが属する全体とつながるという役割に戻ります。
最後に、彼の作品から抜粋した、アーティストによる簡単な考察で締めくくりたいと思います。
内側の日記:「芸術は人生を豊かにし、その究極の機能は人々を幸せにすることです」。
何と言えば…時代を超えたイメージがちりばめられたこの夢を彼と共有しないのは本当に残念だろう。
厳格な心理的檻や裂けるようなイデオロギーを超え、自然のシンプルさのメトファーで、誰もが不思議に身を包んだ生命の無限の秘密を認識できるユニークな次元で東と西を結びつける夢。
Giancarlo Bonomo
ジャンカルロ・ボノモ

次回の第二部は ユネスコ世界遺産の地、チビダレ・デル・フリウリ – サンタ・マリア・イン・ヴァッレ聖堂にて2022年7月1日から開催されるようなので、こちらも期待して待ちたい。

【 MAZZI FINE ART についてのお問い合わせ等 】
オフィシャルWEBサイト
MAZZI FINE ARTへのお問い合わせ CONTACT

関連記事

  1. サバティーニの夏は“海鮮”がいい。

  2. ジェイエムウエストンの定番に、遊び心のあるトリプルソール。

  3. ロイヤルブルーティーから新作ロイヤルダージリンラジャインペリアル発売

  4. 特許取得のホワイトニング トゥースペースト。

  5. 「ザ・ペニンシュラ東京」から8つのLoveの贈り物プログラム

  6. セレブも夢中の「アレキサンダー・ワン×ブルガリ」のカプセルコレクション第2弾

  7. クリストフルからブランド初のペットコレクション発売!

  8. 日本酒の上質を極めた「百光」

  9. 世界限定8点。稀少な大理石のテーブルをイタリア屈指の家具ブランド、ポルトローナ・フラウが発売。

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. ファントムとドーン 2台の特別なビスポークのロールス・ロイスが完成
  2. 今年こそ「アンダーズ東京」で優雅なお花見体験を
  3. アマン京都の一棟貸しパビリオンでプライベートディナーを
  4. リシャール・ミル待望の新作モデルは、新素材グレーサーメットを採用したRM 11-…
  5. 「Bang & Olufsen」、『Beovision Harmony…
  6. あの割烹が『銀座 kappou ukai 肉匠(にくしょう)』にリニューアルオー…
  7. グラフィカルでカラフルな3種類のレディス限定モデルが登場
  8. 世界でたった一つのグローブ・トロッター。
  9. 食卓を彩るSMEG×Dolce&Gabbanaのアートな家電
  10. リゾナーレ小浜島が7/1にグランドオープン!
PAGE TOP