現在と未来、ファンタジーとリアルをつなぐ ダニエル・アーシャム×ポケモン展開催

NYを拠点に活躍する世界中で人気を博す現代アーティストのダニエル・アーシャムと日本が誇る人気コンテンツ、ポケモンがコラボレーションしたアートプロジェクト「A Ripple in Time」が都内5か所(NANZUKA UNDERGROUND、NANZUKA 2G、3110NZ by LDH kitchen、草月会館 草月プラザ、六本木ヒルズ 66プラザ)で開催されています。(一部終了)このプロジェクトは、2020年6月に東京で開催された「Relics of Kanto Through Time」、2021年1月にNYで開催された「Time Dilation」に続く第3弾になります

未来の考古学者が創る
デカダンスな結晶

ダニエル・アーシャムはアメリカのオハイオで生まれ、マイアミで育ちました。生まれながらに色覚異常を持つことから、作品の多くが白と黒を基調としており、セレナイト、火山灰、ガラス、黒曜石、水晶などを使用します。“Fictional Archeology(フィクションとしての考古学)”をコンセプトに掲げ、彫刻やペインティング、映像作品などを多く手掛けます。また、ファッションブランドやカメラ、車メーカーとの協業もしており、2020年にはディオールとコラボレーションしメンズコレクションも発表しました。
©Daniel Arsham
Courtesy of NANZUKA
Photography by Guillaume Ziccarelli

「現在は、未来から見た過去である」というコンセプトのもと、アーシャムは、現在、過去、未来をつなぐ遺物を創造し、化石のように結晶化させます。作品の題材となるものの多くは1990年代から2000年代のものが多く、デジタル化が急速に進み、既存のテクノロジーがみるみるうちに旧式に変化していった世界を象徴しており、アーシャムの作品を鑑賞することで、私たちは今、身の回りにある建築物や車、おもちゃなどあらゆるものが1年後には化石と化した世界を想像することができるのです。未来の考古学者であるダニエルは、時の超越について壮大な実験を、実在するプロダクトやオブジェで行なっているとも言えるでしょう。
「フィクションとしての考古学という考えは、現代のオブジェを地質学的な素材に置き換えて未来に投影するというものです。例えるなら、未来に行ったとして、自分の人生、あるいは自分の文明の遺跡を見るようなものなのです」(ダニエル・アーシャム)。
アーシャムの作品はNYのPS1やマイアミ現代美術館、現代アートセンター(シンシナティ)、カレ・ダニール(仏ニーム)などで展示されており、現代アートを代表するアーティストであることがわかります。

5の会場のロケーションを生かした
多彩な展示

「A Ripple in Time」は5つの展覧会によって構成されます。3つのNANZUKAギャラリーに加えて、六本木ヒルズ・66プラザでの展示、草月会館1Fの草月プラザでのインスタレーションです。
NANZUKA UNDERGROUNDでは、アニメーション作品「”A Ripple in Time” by Pokémon x Daniel Arsham」が展示されます。約5分間のアニメ作品は、未来の世界へ行った主人公が結晶化したポケモンの彫像を発見し……というストーリーで、97年放送のテレビアニメ「ポケットモンスター」の総監督を務め、現在もクリエイティブスーパーバイザーとして関わる湯山邦彦とのコラボレーションによって生まれました。アーシャムによる結晶化したポケモンの彫像がアニメーションに登場し、現代アートとアニメが融合された特筆すべき作品です。また、アニメーションに出てくるシーンのペインティング作品も展示されます。

NANZUKA UNDERGROUND
Daniel Arsham x Pokémon, A Ripple in Time, Nanzuka Underground, Tokyo,2022
©2022 Pokémon. ©1995-2022 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon
©Daniel Arsham
Courtesy the artist and Nanzuka.

また六本木ヒルズでは、総勢6体のポケモンが大型のブロンズ作品として公開されています。アウトドアのパブリックアート展示なので、ポケモンたちが六本木ヒルズの街に溶け込む姿も見どころです。

Roppongi Hills 66 Plaza
Daniel Arsham x Pokémon, Pokémon of Future Past, Roppongi Hills 66 Plaza,Tokyo, 2022
©2022 Pokémon.
©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
Special Thanks to ArigaHitoshi and Kotobukiya Co., LTD.
©Daniel Arsham
Courtesy of Nanzuka.

草月会館では、新作の立体作品をイサム・ノグチの石庭で展示しており、空間そのものも見逃せません。

Sogetsu Plaza
Daniel Arsham x Pokémon, Hidden within the Tall Grass, Sogetsu Plaza,Tokyo, 2022
©2022 Pokémon.
©1995-2022 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
©Daniel Arsham
©Teppei Kojima
Courtesy of Nanzuka
photo by Hiroaki Fukuda

作品と併せて
ポケモングッズも要チェック

また、この一連のプロジェクトをまとめた作品集『ダニエル・アーシャムのポケモン図鑑』(美術出版社)が出版され、プロジェクトを記念したコレクション「Daniel Arsham×Pokémon×P-ROOM THE WORLD CAPSULE COLLECTION」も販売されます。Tシャツやスウェット、キーチェーンなどのほかに、Daniel ArshamとPokémonによる結晶化したピカチュウのぬいぐるみと、Daniel ArshamとEYEFUNNY OBJECTSによる「Japanese Stone Crystalized Mew Card」もラインナップします。

【オンラインストア限定 抽選予約販売】
〈Daniel Arsham×Pokémon〉

PLUSH(Big)
¥44,275

KEY CHAIN
Color: WHITE
Size: ONE
¥6,050

CREWNECK SWEAT
Color: WHITE,BLACK
Size: M,L,XL
¥10,780

購入方法は店頭(NANZUKA UNDERGROUND,NANZUKA 2G)もしくはオンラインとなり、抽選販売のみの商品もあるので、詳しくはHPでご確認ください。

 

ダニエル・アーシャム×ポケモン
『A Ripple in Time / 時の波紋』
日時:2/12(土)〜3/27(日)、11:00-19:00(月曜、祝日休)
場所:NANZUKA UNDERGROUND( 東京都渋谷区神宮前3-30-10)

『Ancient Power: Hidden in the Ruins / げんしのちから: 遺跡に潜む』
日時:2/11(金) 〜3/6(日) ※原則無休(営業時間は渋谷パルコに準じます)
場所:NANZUKA 2G(東京都渋谷区宇田川町 15-1 渋谷 PARCO 2 階)

『Field Research / フィールド・リサーチ』
日時:2/8(火) 〜 3/6(日)、火曜日 ‒ 木曜日 11:00-16:00, 金曜日 ‒ 土曜日 11:00-17:00 (日曜、月曜、祝日休)
場所:3110NZ by LDH kitchen(東京都目黒区青葉台 1-18-7)

『Hidden within the Tall Grass / 草むらに潜む』
場所:草月会館 草月プラザ (東京都港区赤坂 7-2-21)
※終了

『Pokémon of Future Past / ポケモン:未来の過去』
場所:六本木ヒルズ 66 プラザ (東京都港区六本木 6-10-1)
※終了

関連記事

  1. egon schiele

    ウィーンが生んだ夭折の芸術家「エゴン・シーレ」の大規模展開催

  2. アマン東京で味わう五島列島の夏「Isole di Goto – 五島の海の恵み」

  3. 再生医療から人間ドックまで ペニンシュラ東京にある会員制クリニック

  4. OKETA COLLECTION「YES YOU CAN -アートからみる生きる力 -」展に込めた想…

  5. アクア ディ パルマからヘアケアラインが新登場!

  6. アンダーズ 東京でクリスマスはラグジュアリーグランピング。

  7. オルネッライアから新ヴィンテージ 「ポッジョ・アッレ・ガッツェ・デル・オルネッライア 2018」発売…

  8. 「アンリ・ジロー」×「京都蒸溜所」の 幻のジンが「ラグジュアリーカード」とトリプルコラボ

  9. ラグジュアリー ライフスタイルホテル「アンダーズ 東京」から夏のスペシャルメニューが続々登場!

人気記事 PICK UP!

  1. hemel
  2. 西中千人
  3. dior
  4. kanolly
  5. maserati
  6. egon schiele
  7. cirpas
  8. aman tokyo
  9. setsuniseko
  10. fendi

HOT TOPICS

  1. boucheron
  2. zenbo
  3. 蟹王府
  4. dorchester
  5. james jarvis
  6. SHIGUCHI1
  7. winemarketparty
  8. steinway
  9. aman tokyo
  10. otakeshinro

おすすめ記事

  1. フエギア 1833から、ディフューザーが!
  2. ラリックの香水『クリスタルボトル コレクション2020 《オーキデ》』が発売。
  3. 蟹王府 今が旬! 上海蟹を食べるなら、自社で育て、輸入する「蟹王府(シェワンフ) 日本橋…
  4. グッチのクリエイティブ ビジョンを称え探求する没入型エキシビション「Gucci …
  5. 世界最高峰のヒストリックカー・レース「ル・マン クラシック」。同祭典を讃えるリシ…
  6. aman tokyo アマン東京にて3年振りのカウントダウンパーティー開催
  7. かつてない規模の大回顧展「展覧会 岡本太郎」開催
  8. 5月5日、フェラーリの頂点が頂点を塗り替える日。
  9. 「ABCDEFGucci」で自分だけのニットを。
  10. マクラーレンの最新モデル「McLaren 765LT」発表
PAGE TOP