アルマーニ / リストランテの「サステナビリティ」メニュー


サステナブルな食材が主役の、クリエイティブなイタリア料理


料理を通じて環境問題に取り組むリストランテ
環境問題に対して高い意識を持つデザイナーのジョルジオ・アルマーニ氏が監修する「アルマーニ / リストランテ」は、東京・銀座のモダンなイタリアンレストラン。昨年は通常のコースに加え、フードロスバンク協力のもと規画外の食材などを主役としたコース「ロスフードメニュー」を提供して注目を集めた。そのコースに使われた規格外の食材は、“食品ロス削減から始まる環境改善”を目指す企業「フードロスバンク」を通じて仕入れたもの。品質に問題はないのに廃棄される予定だった食材だ。そうした食材で作られた料理は、見た目も味も通常の料理と変わらず、SDGsにも貢献できると大好評。エグゼクティブシェフのカルミネ・アマランテ氏も、このコースを始めたことがきっかけで日本の農業や食材、地球環境に対する関心を深めたという。そこでカルミネシェフが再びフードロスバンクとタッグを組んで作った新メニューが「サステナビリティ」だ。


持続可能であることを意識した生産者の食材
今年5月にスタートした新メニュー「サステナビリティ」は、食に対して社会が抱えるさまざまな問題に焦点を当てた内容。アミューズからデザートまでの6品に使われる食材は、食品廃棄の問題だけでなく、農業や漁業のあり方が“持続可能”であることも意識してセレクトされている。たとえばアミューズは、化学肥料を使用せず、畑に無理のない輪作栽培を行なっている「NOTO 高農園」(石川県)の野菜を 20 種類以上使ったサラダ。「NOTO 高農園」の野菜は、以前から有名シェフの間で人気の農園だ。アミューズに使われる野菜の種類は日によって異なるが、どの野菜も箸でつまむと“ハリ”が伝わってくるほど新鮮。パセリを使った「サルサヴェルデ」ソースを絡めて味わうと、豊かな香りに気持ちが満たされる。


お国自慢のプライドフィッシュを活かした魚料理
前菜のハマチとメインの鰆は、生態系を守ることを意識した“定置網漁”で水揚げされたもの。通常の網漁では需要が少ない魚も獲れてしまうため、市場に出回らない「未利用魚」が生まれやすいが、“定置網漁”では需要の少ない魚を取らないように工夫することもできる。初夏の「サステナビリティ」メニューの前菜とメインに使われる魚は、そうした“定置網漁”で獲られた魚だ。
また、「サステナビリティ」メニューには「サポート」を軸とした3つのテーマもあり、食材選びの背景には「フードロス⾷材のサポート」「地⽅のサポート」「⽇本⽶のサポート」という視点もある。カルミネシェフが今回の初夏のコースのメイン食材を全て北陸産のもので統一したのは、「ひとつの地域で手に入る食材の豊かさ」を示し、地方のパワーと可能性を表現するため。前菜のハマチとメインの鰆は、どちらも福井県の“プライドフィッシュ(各都道府県の漁師が自信を持って推奨する魚介類)”だ。中心部をミディアムレアに焼き上げた鰆は、ふっくらとジューシーで旨み豊か。カルミネシェフがかつて高知県でインスパイアされた “鰹の藁焼き”に通じる、炭火と藁の心地よい香りも楽しめる。その鰆の下には、アスパラガスの切れ端でとった出汁にエシャロット、ポロネギ、クレソンを合わせたソースも敷かれている。食材の活かし方からも、繊細な火入れからも、シェフの探求心が伝わってくる一皿だ。


新潟県産米のロスを防ぐために生まれた「れすきゅう米」
「サステナビリティ」メニューの前菜とメインの間には、「⽇本⽶のサポート」というテーマに基づくリゾットが登場。このリゾットに使われるのは、新潟県産米を厳選して配合した「れすきゅう米」だ。リゾット作りには本来はイタリア産の米の方が適しているが、カルミネシェフは新潟県産米のロスを防ぐべく、敢えて「れすきゅう米」を使用することにしたのだとか。「『れすきゅう米』は日本の米の中ではリゾットに適している方ですが、理想のリゾットに仕上げるまでには試行錯誤しました」。そう語るカルミネシェフが初夏のコースで提供するのは、故郷ナポリの伝統的なパスタ「パスタ エ ピゼッリ」にヒントを得たという「スナップえんどうのリゾット」。本来は捨ててしまう野菜の切れ端から取った出汁で「れすきゅう米」をアルデンテに炊き上げ、グリーンピースのピューレ、パルメザンチーズを絡めたリゾットだ。中央のトッピングは、オーガニック卵のポーチドエッグ。突つくとソースのように流れる半熟の黄身は、シェフが日本の「卵かけご飯」にインスパイアされて考えたもので、45度のお湯に2時間入れて作っているという。リゾットを囲むように盛り付けられたパルメザンチーズのソースとスモークしたスナップえんどうを合わせて味わうと、まろやかなハーモニーに心が和む。


規格外のフルーツを活かしたデザート
デザートは福井県産“とみつ金時”のアイスクリームとベルガモットのシャーベットを合わせたアイスキャンディと、石川県の紅ほっぺと福井県産の黒龍の酒粕を使用した「いちご 酒粕」。アイスキャンディは、形や大きさの理由で通常のルートでは出荷できない“とみつ金時”のペーストを使用したもの。“とみつ金時”は、土壌環境のために3年に1度休耕地を作り、クロタラリア(豆科)を植えて土壌の活力維持に努めている農業法人フィールドワークスで作られたものだ。2品目のデザート「いちご 酒粕」は、形が理由で出荷できなかった苺のピューレのシャーベットを、酒粕のジェラートと共にフレッシュな苺のスライスで包んだもの。苺はマイクロ水力発電の電力を使用して地域と共生している「いちごファームHakusan」のものが使用されている。

「『サステナビリティ』コースでは、今後も季節ごとに日本の異なるエリアをピックアップし、各地方の魅力的な食材を発信していきたい」とカルミネシェフ。日本の地方が持つ産地としてのパワーを感じつつ、食事を通じてSDGsにも貢献できるコースを、ぜひ体験してみてほしい。

アルマーニ / リストランテ
東京都中央区銀座5-5-4 アルマーニ / 銀座タワー 10F&11F
TEL.03-6274-7005
営業時間:火曜〜日曜 ランチ11:30〜15:00(ラストオーダー14:00)、ディナー18:00〜23:00(ラストオーダー 20:00)
定休日 月曜日
「サステナビリティ」メニュー(ランチ・ディナー共通)¥12,000
http://www.armani-ristorante.jp

関連記事

  1. オルネッライアから新ヴィンテージ 「ポッジョ・アッレ・ガッツェ・デル・オルネッライア 2018」発売…

  2. 「ベンジャミン ステーキハウス 東京ガーデンテラス紀尾井町」

  3. 「ブルーノ・マーズ」がプロデュースするラム酒「セルバレイ」 が日本上陸!

  4. 「ベルルッティ」のホーム&オフィス オブジェ コレクション

  5. 伊勢丹新宿店本館5階=ウォッチにラグジュアリーを極めたカフェが誕生。 後篇

  6. ホリデーシーズンにぴったり!フランチャコルタのリュクスなケータリングサービス

  7. 「アンリ・ジロー」×「京都蒸溜所」の 幻のジンが「ラグジュアリーカード」とトリプルコラボ

  8. 「PROUD LIBERICA COFFEE SYRUP」でおいしく楽しく社会貢献。

  9. ロイヤルブルーティーから新作ロイヤルダージリンラジャインペリアル発売

人気記事 PICK UP!

  1. james jarvis
  2. boucheron
  3. zenbo
  4. 蟹王府
  5. winemarketparty
  6. otakeshinro
  7. steinway
  8. SHIGUCHI1

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. 人車一体のVantage AMR。
  2. 喜びと楽しみを分かち合うゴルフのチャリティーイベント開催
  3. 重すぎず、軽すぎないルイ・ヴィトン。
  4. アマン東京で味わう五島列島の夏「Isole di Goto – 五島の海の恵み」…
  5. 2020年究極の電動カー、Maclaren Senna「ライドオン」が登場
  6. Elvaの名を引き継いだマクラーレン究極のロードスター。
  7. 四川料理の名門グループからカウンターの一軒『竹韻飄香』がデビュー
  8. 世界で最もエレガントな自動車コンテスト
  9. ショーメより、海をテーマにした新作ハイジュエリーが登場
  10. 100年の時を超えて蘇ったバカラ「春海コレクション」発売
PAGE TOP