「アマンレジデンス 東京」と「ジャヌ東京」虎ノ門に2023年開業

森ビルによる新たな街が生まれます

2023年に開業予定の森ビルによる「虎ノ門・麻布台プロジェクト」。地下鉄・六本木一丁目駅から神谷町駅に渡る東西に長い土地を使い、六本木ヒルズに匹敵する大規模な都市開発を行います。

街区は約6000㎡の中央広場を中心に、都心最大級のインターナショナルスクール、ミュージアム&ギャラリー、オフィス、住宅、ホテル、4000㎡を誇る大規模なフードマーケットで構成されます。中でも注目は、「アマンレジデンス 東京」と「ジャヌ東京」の開業です。

最高峰の空間とサービスの「アマンレジデンス 東京」

メインタワーは写真向かって右の330メートルの超高層ビル。その54階から64階の10フロア・91戸を「アマンレジデンス 東京」として住居にする予定だそう。アマンブランドのレジデンスとしては関東初進出で、ハイグレードなサービスを提供します。コンシェルジュサービスはもちろん、居住者専用のラウンジやアマンスパのほか、各住戸の専用のエレベーターホールも備えます。

新たなソーシャルスポットになる「ジャヌ 東京」

東棟の1〜13階にはアマンの姉妹ブランドで日本初進出となるラグジュアリーホテル「ジャヌ 東京」が開業します。緑豊かな中央広場に面した立地で、客室は約120室。国内最大規模となる約3500平方メートルのスパや6つのレストラン、カフェ、バーなどを展開する予定。
「ジャヌ(JANU)」はモンテネグロ、サウジアラビア北部のアル・ウラー、東京の3ヶ所で着工しているアマンのシスターブランド。ジャヌはサンスクリット語で「魂」を意味し、人とのつながりをキーワードにしています。ジャヌでの滞在を通じて、様々な人との偶然の出会いと交流を促し、ゲストの内なる満足感を充足させる施設を目指しているとのこと。
空間設計では、明るく心地よさを感じさせるデザインを意識し、他のゲストとも交流しやすい雰囲気を創出。広々としたゲストルームにはハイエンドな家具を揃え、細部に到るまで洗練された客室になる予定。
ダイニングやラウンジ、バーエリアでは「多様性のある食」をコンセプトにしており、中央広場に面した開放的なテラスも展開予定。これまでアマンブランドの施設は、「アマン 東京」、「アマネム」、「アマン 京都」が開業しており、「アマン ニセコ」も2023年以降に開業予定。
「アマンレジデンス 東京」、「ジャヌ 東京」の両施設を含む「虎ノ門・麻布台プロジェクト」は約8.1haもの広大な計画区域からなり、約6,000 ㎡の中央広場を含む緑化面積は約2.4haに上ります。森ビルがこれまでの「ヒルズ」で培ったすべてを注ぎ込んだ「ヒルズの未来形」の誕生が待ち遠しいですね。

Photoクレジット:DBOX for Mori Building Co.

 

関連記事

  1. アンリジャック

    アンリ・ジャックは、世界一の手作りフレグランス。

  2. 「ブルーノ・マーズ」がプロデュースするラム酒「セルバレイ」 が日本上陸!

  3. ベルルッティの両A面ベルト。

  4. ロイヤルブルーティーから新作ロイヤルダージリンラジャインペリアル発売

  5. ホリデーシーズンにぴったり!フランチャコルタのリュクスなケータリングサービス

  6. ルイ・ヴィトンから新作コレクション「ナイロン・カモフラージュ」登場

  7. ドン ペリニヨン × レディー・ガガ 限定ギフトボックス10月1日より全国の百貨店で発売

  8. サバティーニの夏は“海鮮”がいい。

  9. 格別の美味しさと話題の土鍋「ベストポット」から、ミニサイズが登場

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. ブルガリの「ビー・ゼロワン」コレクションのブレスレット。
  2. ベントレーの新作「Bacalar」が3月3日に一般公開
  3. 世界初コーナーソファを生み出した「ロルフベンツ」
  4. 2020年究極の電動カー、Maclaren Senna「ライドオン」が登場
  5. 「THE HIRAMATSU 京都」が開業
  6. 南の島の海を思わすブルーラグーン フュメダイアルが魅力の、 H.モーザーの新作2…
  7. ベントレーコンチネンタルGTコンバーチブルに待望の“スピード”が登場!
  8. あの割烹が『銀座 kappou ukai 肉匠(にくしょう)』にリニューアルオー…
  9. 天才パティシエの芸術的な大人スイーツ! フォーシーズンズホテル東京大手町のオータ…
  10. ラリックの香水『クリスタルボトル コレクション2020 《オーキデ》』が発売。
PAGE TOP