肌の角質層から潤す日本発の美容液“もみじ”

季節の変化を肌で感じる「shiki.」

肌のコンディションは季節によっても異なる。
乾燥、紫外線、花粉など気候が変化していく四季の様々な要因によって、肌荒れ、シミ、シワなどのトラブルの発生など、肌の状態も左右されていく。
特にこれからの季節の変わり目は肌が不安定な時期だ。
shiki. もみじ
でもそれをネガティブに捉えるのではなく、肌の変化でも四季を感じようというコンセプトのコスメブランドShiki.。
とはいえそれはトラブルを楽しむことではない。
肌トラブルがないからこそ、その変化を趣があることとして捉えることができる。
文字通り季節を肌で感じることをサポートするコスメだ。

美容の角度だけでなく、免疫学の視点からも作られているコスメ

「もみじ(美容液)」の主成分のひとつには、アウレオバシジウムプルランス培養液が採用されている。
“アウレオバシジウムプルランス培養液”は、別名「黒酵母」と呼ばれており初めて耳にする方も多いと思うが、これにはβグルカンが豊富に含まれ、「免疫力を活性化する」、「老化の進行を遅らせる」、「ホルモンの分泌を正常にする」、「免疫の異常を修復する」など、さまざまな健康促進作用といった効果をもつとともに、高い保湿力を誇る。
学会などでも注目を集めている成分だ。
またこの美容液に一番多く含まれている成分は水ではなく、保湿成分であるコンドロイチン。

βグルカンで注目されるアウレオバシジウムプルランス培養液含め、加齢とともに減っていく保湿成分コンドロイチンを贅沢に使用している一方で、可能な限り塗布後のトラブルを防ぐために、配合成分の量は厳選。
保湿と潤いの持続だけでなく、肌なじみにも真摯に向き合っている。

ユニセックスで男性も使え様々な悩みに最適な一本

表面だけでなくトラブルの根源である角質層をしっかりと潤すスキンケアを叶える美容液は、シワやシミというお悩みにもアプローチしてくれる。
ノンオイルのため美容液でありながらサラッとした使用感も特徴だ。
乾燥からくる肌トラブルの対策としてのプラス1として活用したい。
高い保湿力なのでこれ一本でという使い方もありだろう。
オールインワンで使えるので、肌は気になるけど色んなものを使うのは面倒というような男性にも最適な一本だ。

「shiki. もみじ(美容液)」
50ml 9900円。

Shiki.
https://shiki-cosmetics.jp/

関連記事

  1. イタリア新進気鋭のアーティスト「MAZZI FRANCESCO」特別展 ポルトローナ・フラウ東京青山…

  2. 東京エディション虎ノ門のカクテルバー「Gold Bar at EDITION」

  3. 「アマンレジデンス 東京」と「ジャヌ東京」虎ノ門に2023年開業

  4. ヴァージル・アブロー×ナイキ・コラボレーションプロジェクト 知られざるバックストーリーが、1冊の本と…

  5. アンリジャック

    アンリ・ジャックは、世界一の手作りフレグランス。

  6. 隈研吾が手掛けた一組限定温泉宿「草津きむらや」が開業

  7. フェンディ カーサ、モダンになって復刻。

  8. 銀座の名店「馳走 啐啄」、「日本料理 ときわ」と改名し、新天地へ。

  9. 100年の時を超えて蘇ったバカラ「春海コレクション」発売

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. ゴルフアイテムがラインナップする「ルシアン ペラフィネ LPFG」がデビュー
  2. マクラーレンとの驚異的なコラボレーションモデルが遂に発表!
  3. 非日常のラグジュアリーを提供してくれる「アマン京都」
  4. 南青山の会員制フレンチ「Par les saisons(パー レ セゾン)」1周…
  5. ルイ・ヴィトンのトローリー第2弾は、ニット素材。
  6. リゾナーレ小浜島が7/1にグランドオープン!
  7. ラグジュアリー・ステイショナリー MAISON AGRY(メゾン・アグリ)
  8. 「アンダーズ 東京」で夏の疲れを癒す、至福の時間を
  9. 三ツ星シェフをを唸らせたAtsushi Hataeのスイーツ。
  10. リシャールミルジャパン基金 チャリティオークション第二弾を開催
PAGE TOP