フエギア 1833から、ディフューザーが!

生産時に入手可能な最高峰の天然原料のみを厳選したリミテッド・エディションのフレグランスを作っているブランド「フエギア1833」すべてのボトルに香水の製造年度が表示され、パルファンのクリスタルボトルには、シリアルナンバーが刻まれている。
そんな貴重な原料そのままの香りをルームフレグランスとして楽しめる待望のパフューム ディフューザーが登場した。

すべてのフレグランスに使われる香料は、調香の都度、原料に合わせて調整されるため、エディションごとに香りに「ゆらぎ」が生まれるという。
植物由来のフレグランスである証しでもある。そんなナチュラルな香りが、お気に入りの空間で楽しめたならと、愛用者なら願ってしまうのも当然だろう。
自分自身がまとう香りと、お気に入りの空間に漂う香り。
もしかしたら、同じ香りでも違った楽しみ方ができるかもしれない。
香りは、調香師のジュリアン・ベデル氏が愛する詩やタンゴ、また、彼自身の人生に影響を与えたパタゴニアの大自然や歴史、文化、人物などからインスピレーションを得て作られている。
コレクションのタイトルが、スウェーデンにあるホテルの名前から名づけられた「エット ヘム」や、ブランド共同設立者のアマリア・アモエド氏との友情を称えて作られた「アマリア」、さらには、植物の聖地パタゴニアの神秘的なイメージを香りに表した「パタゴニア」など、それぞれの香りにストーリーがある。香りの物語を楽しめそうだ。
ボトリングまでのすべての工程を自社で行い、ディフューザーは、ストラディバリウス・スブルースと呼ばれる木材からほり出したボックスに入っている。
ストラディバリウスとはもちろん、ヴァイオリンの名工として知られているアントニオ・ストラディバリ氏にちなんでいる。
持続可能な木材の使用を目指し、300年以上の樹齢のスブルースを使用するが、ほかの製品が作れないほど小さな断片で、ボックスを作ることで、環境にも配慮されている。

一部日本未発売のものもあるが、パフュームと同じ香りで展開されるので、お気に入りをそろえて楽しむのもよさそうだ。
パフューム ディフューザー
全9種類 100ml 42,000円~(税抜)

フエギア1833
http://www.fueguia.jp/

関連記事

  1. 自分だけのリモワをカスタマイズで。

  2. 日本に初上陸。イタリア発の至高のメタルファニチャーDe Castelli

  3. リシャール・ミル ブティック銀座が、並木通りに。

  4. 猛暑に最適! 「バカラ」でいただくサマーカクテル

  5. 世界から注目を集めるアウトモビリ。・ランボルギーニ×Riva 1920の家具

  6. 至高の時間を堪能する 「フォーシーズンズホテル東京大手町」19時間の贅

  7. ルイ・ヴィトンのテーブル・フットボール&ビリヤードテーブルが登場

  8. “3つの顔”をもつフレンチ『トワヴィサージュ』が銀座にオープン。

  9. 奥日光の雄大な自然に抱かれるラグジュアリーホテル ザ・リッツ・カールトン日光へ

人気記事 PICK UP!

  1. hemel
  2. 西中千人
  3. dior
  4. kanolly
  5. maserati
  6. egon schiele
  7. cirpas
  8. aman tokyo
  9. setsuniseko
  10. fendi

HOT TOPICS

  1. boucheron
  2. zenbo
  3. 蟹王府
  4. dorchester
  5. james jarvis
  6. SHIGUCHI1
  7. winemarketparty
  8. steinway
  9. aman tokyo
  10. otakeshinro

おすすめ記事

  1. egon schiele ウィーンが生んだ夭折の芸術家「エゴン・シーレ」の大規模展開催
  2. setsuniseko ニセコにオープンした新たなラグジュアリーホテル「雪ニセコ」
  3. ルイ・ヴィトンの新作「LV ESCALE」 発売開始
  4. バウハウス設立100周年を記念するライカ特別モデルは世界限定150台
  5. 「ベンジャミン ステーキハウス 東京ガーデンテラス紀尾井町」
  6. 春のお出かけはルシアン ペラフィネ コラボのモードなE-BIKEで
  7. 天才パティシエの芸術的な大人スイーツ! フォーシーズンズホテル東京大手町のオータ…
  8. 世界限定8点。稀少な大理石のテーブルをイタリア屈指の家具ブランド、ポルトローナ・…
  9. ラファエル・ナダルモデル最新作「RM 27-04」を発表
  10. 西中千人 フランスのシャトーホテルで煌めく、西中千人のガラスアートの世界
PAGE TOP