ドットール・ヴラニエスの極上ルームフレグランス。

最高級のエッセンシャルオイルを使用しクラシカルなガラスのボトルに詰められている香りは、ワンランク(?)いや、ツーランク上といえる。
それが、(ドットール・ヴラニエス)」だ。

薬剤師であるDr. Paolo Vranjes(パオロ・ヴラニエス)により1983年にスタートしたイタリア・フィレンツェ発の自然派ルームフレグランス/コスメティックブランドだ。
幼いころからフレグランスに興味を持ち、香水の複雑な香りをかぎ分ける繊細な嗅覚の持ち主で、その記憶を一瞬にしてとどめ、表現されている。
リラックス、リフレッシュ効果とともに、インテリアにも最適なデザインボトル。
人気の赤ワインをモチーフにしたロッソノービレは、デキャンタにぶどうの枝のディフューザーで、オフィスでも愛用中だが、香りと見た目がシンクロして空間演出にもぴったりだ。
ワインのある生活を愛する人へのギフトにもいいかも。
リビング、キッチン、ベッドルーム、書斎、バスルーム、玄関など、家という大切な空間のそれぞれの部屋の広さや照明、家具などのインテリアとフレグランスに含まれるエッセンシャルオイルとのバランスを考えながら、最適な香りを見つけ出すことが重要と考えているドットール・ヴラニエスには、車内でも快適に過ごせるようクルマ専用フレグランスまである。

また、ボリューム感のあるキャンドルは、大きいもので3kg、フィレンツェには5kgのものも展開している。
トスカーナの伝統工芸でもあるガラス工芸職人の手吹きの芸術性を感じさせるベースに、豊かな香りが広がりながらゆらめく炎は、時間を忘れさせてくれそうだ。

2019年1月に発売されたルームフレグランスディフューザーのGIGLIO DI FIRENZE(ジリオディフィレンチェ)は、これまでの「ドットール・ヴラニエス」の雰囲気とは異なった香りを持ったルームフレグランスだ。
メディチ家の庇護のもと繁栄した中心地であるフィレンツェの歴史にインスパイアされたものらしい。
ラベンダーとベルガモットのフレッシュなトップノートから、それに続くアイリスとゼラニウムのフローラルノートとスパイシーなナツメグとのバランスが基調となっている。
ラストは、ウッディノートから繊細なバニラやパチュリへと溶け込んでいく。
ベビーパウダーを思わせる甘くまろやかなパウダリーノートが、幼い頃の記憶を呼び起こし祝福してくれているような香りだ。
部屋の模様替えでなく、香りを変えるのも気分が変わっておすすめだ。

ドットール・ヴラニエス:https://drvranjes.jp

関連記事

  1. カジュアルには、ルイ・ヴィトンの「タイガラマ」

  2. 非日常のラグジュアリーを提供してくれる「アマン京都」

  3. 戯曲「ファウスト」から着想して生まれたリキッドイマジネ。

  4. あの割烹が『銀座 kappou ukai 肉匠(にくしょう)』にリニューアルオープン

  5. アンダーズ 東京でクリスマスはラグジュアリーグランピング。

  6. ジェイエムウエストンの定番に、遊び心のあるトリプルソール。

  7. アイリッシュ・ウイスキーの老舗「イーガンズウイスキー」が放つ限定シングル・モルト

  8. サバティーニの夏は“海鮮”がいい。

  9. リシャール・ミルの新作は、甘く懐かしい時間に誘うタイムマシン?

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. 最高峰の日本酒ブランドSAKE HUNDREDが、現代日本画家 大竹寛子氏とのコ…
  2. 日本茶の最高峰「八女伝統本玉露」のボトリングティー
  3. 四川料理の名門グループからカウンターの一軒『竹韻飄香』がデビュー
  4. 信義を重んじる侍のように 時を刻み続ける『RM 47 トゥールビヨン』
  5. ロイヤルブルーティーから新作ロイヤルダージリンラジャインペリアル発売
  6. ベルルッティ、再認識。
  7. RM 011の定番モデルから、マンチーニモデル!
  8. 喜びと楽しみを分かち合うゴルフのチャリティーイベント開催
  9. 2億円超!? モンブランのスペシャルな筆記具が一堂に会します
  10. 青木瀬令奈プロ、「宮里藍サントリーレディスオープン」大会レコードで大逆転優勝!
PAGE TOP