ドットール・ヴラニエスの極上ルームフレグランス。

最高級のエッセンシャルオイルを使用しクラシカルなガラスのボトルに詰められている香りは、ワンランク(?)いや、ツーランク上といえる。
それが、(ドットール・ヴラニエス)」だ。

薬剤師であるDr. Paolo Vranjes(パオロ・ヴラニエス)により1983年にスタートしたイタリア・フィレンツェ発の自然派ルームフレグランス/コスメティックブランドだ。
幼いころからフレグランスに興味を持ち、香水の複雑な香りをかぎ分ける繊細な嗅覚の持ち主で、その記憶を一瞬にしてとどめ、表現されている。
リラックス、リフレッシュ効果とともに、インテリアにも最適なデザインボトル。
人気の赤ワインをモチーフにしたロッソノービレは、デキャンタにぶどうの枝のディフューザーで、オフィスでも愛用中だが、香りと見た目がシンクロして空間演出にもぴったりだ。
ワインのある生活を愛する人へのギフトにもいいかも。
リビング、キッチン、ベッドルーム、書斎、バスルーム、玄関など、家という大切な空間のそれぞれの部屋の広さや照明、家具などのインテリアとフレグランスに含まれるエッセンシャルオイルとのバランスを考えながら、最適な香りを見つけ出すことが重要と考えているドットール・ヴラニエスには、車内でも快適に過ごせるようクルマ専用フレグランスまである。

また、ボリューム感のあるキャンドルは、大きいもので3kg、フィレンツェには5kgのものも展開している。
トスカーナの伝統工芸でもあるガラス工芸職人の手吹きの芸術性を感じさせるベースに、豊かな香りが広がりながらゆらめく炎は、時間を忘れさせてくれそうだ。

2019年1月に発売されたルームフレグランスディフューザーのGIGLIO DI FIRENZE(ジリオディフィレンチェ)は、これまでの「ドットール・ヴラニエス」の雰囲気とは異なった香りを持ったルームフレグランスだ。
メディチ家の庇護のもと繁栄した中心地であるフィレンツェの歴史にインスパイアされたものらしい。
ラベンダーとベルガモットのフレッシュなトップノートから、それに続くアイリスとゼラニウムのフローラルノートとスパイシーなナツメグとのバランスが基調となっている。
ラストは、ウッディノートから繊細なバニラやパチュリへと溶け込んでいく。
ベビーパウダーを思わせる甘くまろやかなパウダリーノートが、幼い頃の記憶を呼び起こし祝福してくれているような香りだ。
部屋の模様替えでなく、香りを変えるのも気分が変わっておすすめだ。

ドットール・ヴラニエス:https://drvranjes.jp

関連記事

  1. アマン東京で味わう五島列島の夏「Isole di Goto – 五島の海の恵み」

  2. 格別の美味しさと話題の土鍋「ベストポット」から、ミニサイズが登場

  3. ベントレーから第5のシリーズとなる「ベンテイガ エクステンデッド ホイールベース」発表

  4. 世界初のNMNを高配合タッチアップリップ 「ミライダカラ NMNリップジェル」

  5. 「FLEXFORM TOKYO」のショールームが規模を拡大して南青山に移転オープン

  6. リシャール・ミルの新作は、甘く懐かしい時間に誘うタイムマシン?

  7. HOTEL THE MITSUI KYOTO×細尾が京都旅を特別な体験にします

  8. 三ツ星シェフをを唸らせたAtsushi Hataeのスイーツ。

  9. baccarat

    バカラとフィリップ・スタルクの魅惑のコラボレーション20周年記念コレクション

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

  1. hoshinoresort

おすすめ記事

  1. ベントレーから第5のシリーズとなる「ベンテイガ エクステンデッド ホイールベース…
  2. 再生医療から人間ドックまで ペニンシュラ東京にある会員制クリニック
  3. GINORI 1735がホリデーシーズンに向け伊勢丹新宿にて「GINORI DO…
  4. 秘かなる深淵あれこれと目くるめく新体験 リニューアルされたベルリンの魅力とは
  5. 西中千人 フランスのシャトーホテルで煌めく、西中千人のガラスアートの世界
  6. 食卓をおとぎ話のように彩る 「ジノリ1735」の『アルカディア』シリーズ
  7. louisvuitton ルイ・ヴィトンのハイジュエリー コレクション「Spirit」 新たなる30のピー…
  8. バウハウス設立100周年を記念するライカ特別モデルは世界限定150台
  9. W大阪とクリスチャン ルブタン ビューティがコラボしたエレガントなアフタヌーンテ…
  10. フランチェスコ・マッツィ 個展「ジャパニーズ・ビューティ」第一部がボローニャで開…
PAGE TOP