ワイン愛好家のためのRIMOWAアルミニウム製ボトルケース

rimowa

rimowa

旅先に、仲間との集いに大切な1本を持ち運ぶ

気兼ねなく移動し、人と会う自由が戻ってきた今。多くの人たちが思うままに旅し、久しく会えずにいた人たちとの再会を楽しんでいる。ホームパーティを企画して、喜びのひと時を分かち合っている人たちも少なくないだろう。あるいは大切な人と旅に出かけ、自由を享受する至福について語り合っているかもしれない。

どんなシチュエーションであったとしても、そんな幸福感溢れる場へ持って出かけたいのが、とっておきの美酒であろう。そう、もしかしたら“この日”“この夜”を待ち望んで大切に保管してきた1本だ。そうした貴重なワイン、あるいはスピリッツを持ち運ぶのに最適なのが、RIMOWAの「One Bottle Case」。RIMOWAならではの卓越した品質と機能性によって、道中、ケース内のボトルをしっかりと守ってくれる。

rimowa

高性能なプレミアムラゲージをリードするRIMOWA

1898年に創業して以来、RIMOWAは高性能なプレミアムラゲージブランドとして知られてきた。今日のアイコンとなるアルミニウム製スーツケースの製作が始まったのは1937年のこと。1950年には、航空機の黎明期にインスパイアされた特徴的なグルーヴデザインが誕生する。世界初のフル金属旅客機へのオマージュとなったグルーヴは、飛行機で世界を飛び回るジェットセットスタイルのシンボル的存在となった。

rimowa

1976年にはプロのカメラ機材を守るための防水ケースを開発。2000年にはポリカーボネートを素材として取り入れるなど、弛まぬ進化を続けるRIMOWAだが、製品の開発から熟練工による精巧を極めた製品づくりに至るまでのほとんどの工程を、今日も創業地であるドイツ・ケルンで行なっている。軽くて頑丈、究極の耐久性を誇るRIMOWAのスーツケースは、目的に向かって旅し続ける人々のために、旅を愛する人々のために、確固たるトラベルソリューションを提供し続けている。

機能性とラグジュアリー感が融合するリモワのワインケース

そんなRIMOWAが新たに手がけた「One Bottle Case」。ブランドが長年にわたり培ってきたクラフツマンシップとエンジニアリングの粋を反映させて、ワイン愛好家を唸らす機能的なラグジュアリーを体現している。


「One Bottle Case」はボトルネックを巧妙なフォームクッションシステムによって安全に固定するシステムを採用している。そのため、例えばルイナールシャンパンのような幅広のものから、アルザスワインのような背の高いフルート型のものまで、様々な形状のボトルの収納が可能。さらにケース内のボトルを数時間に及び冷たいままに保つことができるため、目的地に到着してすぐに空けて楽しめるのが嬉しい。

ブランドのアーカイブからインスピレーションを得たデザインは、象徴的なグルーヴ入りのアルミニウムシェルに、光沢のあるアルミニウムのコーナー、ブラックのハンドルを持つヴィンテージ感のある趣。美しく輝くシルバーの外装と、高級感あるブラックの内装がスタイリッシュなコントラストを生む。

rimowa

rimowa

大切な1本を持ち運ぶために、RIMOWAならではの頑強さは頼もしい限りであり、またその質感から、到着した先で蓋を空ける時の高揚感も類うべきものがない。ワインやスピリットの愛好家であれば、ぜひ手に入れたい究極の逸品と言えるだろう。

これから麗らかな季節を迎え、旅も、ホームパーティの誘いもこれまで以上に増えていくであろうなか、究極の機能美を備えたOne Bottle Caseは羨望の的となるに違いない。

RIMOWA One Bottle Case リモワ ワン ボトル ケース
展開色:シルバー
サイズ:H20×W41×D18cm
容量:2L
重量:2kg
価格:243,100円(税込)

 

商品に関するお問い合わせ
RIMOWA /リモワ クライアントサービス
072-994-5522

関連記事

  1. ルイ・ヴィトンの新作「ガストン ラベル」

  2. 欧州セレブが注目するドレイクスのセットアップ

  3. 世界中のセレブを魅了する高級フレグランス「アンリ・ジャック」が伊勢丹新宿店にポップアップサロンオープ…

  4. 世界で最もエレガントな自動車コンテスト

  5. ルイ・ヴィトンのトローリー第2弾は、ニット素材。

  6. セレブも夢中の「アレキサンダー・ワン×ブルガリ」のカプセルコレクション第2弾

  7. カジュアルには、ルイ・ヴィトンの「タイガラマ」

  8. ドーメルの生地とダウンの種類が選べるドゥミ メジュール。

  9. fendi

    今年の雪山はFENDIのリュクスなウェアで

人気記事 PICK UP!

  1. gaudi
  2. gastronomy award
  3. hockney
  4. chopard
  5. sixsenses
  6. janu
  7. fendi
  8. EmmaWebster
  9. eaufeu

HOT TOPICS

  1. louisvuitton
  2. ronherman
  3. tillmans
  4. moksa
  5. GLENMORANGIE
  6. tokito
  7. goyard
  8. armani
  9. rimowa
  10. eaufeu

おすすめ記事

  1. H.モーザー2021年最初の新作は、眼と耳で楽しむハイコンプリケーション
  2. 「アマンレジデンス 東京」と「ジャヌ東京」虎ノ門に2023年開業
  3. アストンマーティン初のSUV最終段階へ。
  4. gaudi 未完の聖堂、サグラダ・ファミリアとガウディの軌跡を辿る『ガウディとサグラダ・ファ…
  5. フランチェスコ・マッツィ 個展「ジャパニーズ・ビューティ」第一部がボローニャで開…
  6. 役目を終えた靴を素敵に蘇らせる「ウエストン・ヴィンテージ」
  7. リゾナーレ小浜島が7/1にグランドオープン!
  8. 2億5000万円のマクラーレン・スピードテール。
  9. ドーメルの生地とダウンの種類が選べるドゥミ メジュール。
  10. イタリアの名門ブランドDe Padova社のフォールディングチェア「SUNDAN…
PAGE TOP