120年の歴史が生み出した、RIMOWAのソフトバックとは?

「RIMOWAに新しいコレクションが登場」

RIMOWAの旅は終わらない。
120年以上の歴史で初めてとなる「ソフトバック」が発売になった。スーツケースの一時代を築いたRIMOWA。旅をより快適に、そしてラグジュアリーにするためのアイテムを数多く排出してきている。supremeやDiorなど、有名ブランドとも数多くコラボをしたり、昨年2020年にはよりパーソナライズの旅を提案するため、ポリカーボネート製のクロスバックや、アイウェアも発売した。これまでも常に進化を止めなかった。そんなRIMOWAが2021年、新たに提案するのが、初の「ソフトバック」日常に溶け込むフォルムと素材、そして機能面も充実したバックたちだ。

Never Stillという名前に込められた思いとは

今回のコレクションは、5種類のバックで構成されるユニセックスのコレクションだ。その名も「RIMOWA Never Still」コレクション。「Never Still」とはそもそも、2018年に創業120年を迎えたRIMOWAが自身の創立120年を彩るために行ったキャンペーンの名前だ。デザイナーのキム・ジョーンズのほか、バスケットボール選手のレブロン・ジェームズ(LeBron James)、中国出身のピアニスト ユジャ・ワン(Yuja Wang)という、3人の世界的アイコンとコラボをし、世界4カ国で撮影をした映像を発表したのだ。3人のアイコンに共通していたのは「何かを極めることは決して終わらない旅。歩み続ける者が世界を変える」という、信念だった。一つの道を極め、歩み続ける者たちが照らした「Never Still」の先にあったのが、今回紹介するソフトバックだ。今回のテーマは何と言っても、「現代的」かつ「機能的」であるということ。旅の経験を向上させることに焦点を当ててきたRIMOWAが、ただのラグジュアリーではない、機能的なラグジュアリーという、新たな一歩を踏み出す。時代の変化とともに生まれたバックは、果たしてどのようなバックなのだろうか?今回のコレクションを、詳しくみていこうと思う。

機能的かつ、選べる豊富なラインナップ

ドイツ生まれのブランドとして有名だが、このコレクションは全てイタリア製。日常のファッションに溶け込もうとする意気込みが感じられる。特徴は何と言っても、その素材にある。丈夫で撥水性の優れた「キャンバス生地」と、ソフトな手触りが特徴的な「フルグレインレザー」が使われている。フルグレインレザーとは、表面に動物皮本来のきめの性質を保持しているナチュラル・レザーのこと。
フルグレインは、その中でももっとも高級な部位だ。特徴は、とにかく耐久性に優れていること。ちょっとやそっとではへこたれない。毎日使い続けても安心だ。それでいて、手触りが抜群。素材の良さと高級感、そこへのこだわりはさすがと言える。

ここ数年で、一気に時代は変化した。スーツを着なくなったという人も、多いのではないだろうか?
スポーツラグジュアリーという言葉もかなり普及し、洋服も、合わせる小物も。仕事着も、普段着も。とにかく動きやすく着やすいことが念頭に置かれている。今回のラインナップはまさに、「スポーツラグジュアリー」。バックパックが3種類も用意されている。最近、バックパックデビューをした人も多いのではないだろうか?よりスポーティにいきたいという人には、オススメ。

「ラージ バックパック」にはストラップと背面パットがついていて、重い荷物も快適に持ち運ぶことができる。パソコンもすっぽりだ。「バックパック」と「スモール バックパック」には、機能的で実用的なポケットがいっぱい。
トートバックは2WAY仕様。ダブルハンドルシステムといって、ハンドバックとして使うことができる短めのハンドルと、ショルダーバックとして使うことができる長めのハンドル、2つがついている。中のポケットは、なんと取り外しが可能だ。出張や旅好きの方には、「ウィークエンダー」もオススメだ。1泊2泊くらいの荷物なら、軽々と収納が可能。ショルダーストラップもついているから、持ち運びも楽だ。

今回使用されている金具は、全て特注。ブランドのモノグラムとロゴがあしらわれている。他にも、スーツケースに固定が可能なトラベルストラップには、ドイツケルンの座標が刻み込まれていたり、パーソナライズが可能なアドレスづタグがついていたり。最先端のノウハウと、最新のデザインを提案する中にも、RIMOWAが刻み続けてきた歴史を、決して忘れてはいないのだ。

「旅」と言っても、自宅とは遠く離れた場所に旅行することだけじゃない。人生という旅、チャレンジという旅、はたまた日常という旅。概念にとらわれず、時代とともに新しい解釈を生み出しつつ、時代の変化とともにRIMOWAは進化していく。コロナ禍という大きな時代の変化の先に生まれた、今回のソフトバック「RIMOWA Never Still バッグコレクション」。

ビンテージな木製から、クラシカルなアルミニウム製、ハイテクなポリカーボネート製へ。そして時代は、機能的で日常使いもできる、ソフトバックへ。
私たちも、変化と進化が求められているのかもしれない。

RIMOWAオフィシャルウェブサイト
https://www.rimowa.com/jp/ja/home

関連記事

  1. ルイ・ヴィトンの新作「LV ESCALE」 発売開始

  2. ジョルジオ アルマーニ社とスクーデリア・フェラーリがタッグを組んだ!

  3. 重すぎず、軽すぎないルイ・ヴィトン。

  4. カシミアタッチになったチルコロ1901。

  5. ベルルッティの両A面ベルト。

  6. ルイ・ヴィトンの新作「ガストン ラベル」

  7. 役目を終えた靴を素敵に蘇らせる「ウエストン・ヴィンテージ」

  8. ベルルッティ、再認識。

  9. 「ABCDEFGucci」で自分だけのニットを。

特別連載 リシャール・ミル ブティック紹介

  1. 特別連載 リシャール・ミル 銀座 × スノーボードアルペン竹内智香
  2. 特別連載 リシャール・ミル 大阪 × レーシングドライバー松下信治
  3. 特別連載 リシャール・ミル 伊勢丹新宿店 × プロゴルファー成田美寿々
  4. 特別連載 リシャール・ミル 福岡 × プロゴルファー青木瀬令奈
  5. 特別連載 リシャール・ミル 神戸 × プロゴルファー宮里優作
  6. 特別連載 リシャール・ミル 銀座 × レーシングドライバー中野信治
  7. 特別連載 リシャール・ミル 名古屋松坂屋店
  8. 特別連載 リシャール・ミル 福岡

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. リビエラ逗子マリーナに『MALIBU HOTEL』が誕生
  2. 2億5000万円のマクラーレン・スピードテール。
  3. 2020年のクリスマスは、アンダーズ東京のスペシャルグランピング
  4. 「アマンレジデンス 東京」と「ジャヌ東京」虎ノ門に2023年開業
  5. 世界最高峰のヒストリックカー・レース「ル・マン クラシック」。同祭典を讃えるリシ…
  6. アルファロメオ、完全受注生産!ジュリアに、あのGTA、GTAmが復活!
  7. 夏季限定「神宮前 らかん・果」の低糖質かき氷
  8. 鈴鹿サウンドオブエンジンで、リシャール・ミルの新作発表!
  9. 「THE HIRAMATSU 京都」が開業
  10. 特別連載 リシャール・ミル 神戸 × プロゴルファー宮里優作
PAGE TOP