ドーメルの生地とダウンの種類が選べるドゥミ メジュール。

つい先日まで残暑が厳しいと思っていたら、急に朝夕冷え込むように。
今年の秋は、どこへ行ってしまったのだろう。
風が冷たくなると、コートやダウンのニュースが、すんなり耳に入ってくる気がする。
ファッション好きでも、あまりに暑いと実感はわかないからな。
パリ発のラグジュアリーファブリックブランド「DORMEUIL(ドーメル)」で、2019年10月25日からビヨンド ジェンダーのダウンジャケットがローンチ。
メンズ、レディース問わず、好みのサイズ、表地、裏地とダウンの種類と量も選べるドゥミ メジュールだ。


ダウンジャケットの表地は、ドーメルのファブリック約5000種類から選ぶことができる。
サイズは、XS~XLまでの5種類。
ダウンは、フランス産ホワイトダック、または、グリーンダウンで、ダウンの量は、100g、130gのどちらかを選ぶことも可能。
ダウンの量って、ライフスタイルによって変わるよね。
ちなみに、グリーンダウンとは、羽毛布団などから回収したダウンを洗浄し、再利用したもの。
ドーメル青山店では、「Green Down Project」の一員として羽毛布団の回収も行っているそうだ。
それは、ドーメルが生地の開発にあたり、天然繊維のエキスパートとして、地球に多大なる敬意を払い、人間と動物と環境の調和を保つための活動の一環でもある。
本来、適切な処理によって循環資源でありうるダウンは、限りある天然素材だ。
自然、動物、人間の福祉に配慮しながら環境とライフスタイルに伴うダウンの需要増加に対応するひとつの方法がリサイクルダウン、グリーンダウンであることから、ドゥミ メジュール ダウンのローンチにあたり、地球への配慮を身にまとうという選択肢を用意したのだという。


1842年創業以来、常に、伝統を生かしながら新しい服地の開発に挑戦しているドーメル。
現代のライフスタイルのキーワードでもあるスポーティにかなうファブリックを開発している。
そんなスポーティーなマインドの人々に向け、今シーズンはドゥミ メジュールのダウンジャケットが登場することになった。
このダウンジャケットに同生地のボトムスをセットアップするダウンパンツスタイルもユニークだ。


単純なドレスダウンではなく、ダウンジャケットに同生地のパンツを合わせることで、従来のスーツのようなエレガンスさを体現できる。
ほかとはひと味違ったクラス感のあるダウンファッションが楽しめる。
同生地で、テーラードジャケットもそろえておけば、活用シーンも広がりそうだ。
ドゥミ メジュールで、表地だけで約5000種類あるから、オーダーするときの楽しみもある。
生地により価格は異なるが250000円から。
すぐにオーダーすれば、ぎりぎりクリスマスに間に合うかもしれない。
写真のようなセットアップ風は面白い。
パートナーとペアでオーダーしても、可愛い。

ドゥミ メジュール ダウンジャケット
サイズ XS~XLの5サイズ
表地 約5000種類
裏地 約25種類
ダウン ホワイトダック・グリーンダウン
ダウン量 100g・130g

ドーメル青山店
https://www.dormeuil.com/jp/

関連記事

  1. カジュアルには、ルイ・ヴィトンの「タイガラマ」

  2. 欧州セレブが注目するドレイクスのセットアップ

  3. 男は、オータクロア。

  4. カシミアタッチになったチルコロ1901。

  5. ベルルッティの両A面ベルト。

  6. パテント素材を纏った、魅惑のジョン ロブ。

  7. ジェイエムウエストンの定番に、遊び心のあるトリプルソール。

  8. 重すぎず、軽すぎないルイ・ヴィトン。

  9. クルマとファッションの素敵な関係。

特別連載 リシャール・ミル ブティック紹介

  1. 特別連載 Vol.8 リシャール・ミル伊勢丹新宿
  2. 特別連載 Vol.7 リシャール・ミル福岡
  3. 特別連載 Vol.6 リシャール・ミル神戸
  4. 特別連載 Vol.5 リシャール・ミル 西武渋谷店
  5. 特別連載 Vol.4 リシャール・ミル 大阪髙島屋
  6. 特別連載 Vol.3 リシャール・ミル 日本橋髙島屋
  7. 特別連載 Vol.2 リシャール・ミル 大阪
  8. 特別連載 Vol.1 リシャール・ミル 銀座

人気記事 PICK UP!

PAGE TOP