ベルルッティのウィメンズ、デビュー。

言わずもがな、女性に比べて、男性の装飾品は数少ない。
その代表的なものといえば、やはり腕時計だろう。
リシャール・ミル、パテック・フィリップなどは、心をも豊かにしてくれる、いわばラグジュアリーを超えた存在だ。
そして靴も、なくてはならない特別な存在。
美しくパティーヌされたベルルッティの靴を履くたびに、気分が高揚し、男に生まれてきたことを喜ばしく思うという表現も決して間違っていない。


そして、そのベルルッティにウィメンズ コレクションがデビューした。
フェミニンに振ったデザインであれば、まだ“男としての優越感”に浸り続けることができただろう。
だが、オルガ・ベルルッティは、そうではない。
もちろん、メンズとは異なる木型を使ってはいるものの、写真右の靴はベルルッティの名靴「アンディ」、左の「クラシック スリッポン」にはカリグラフィーも健在だ。
過去には、グレタ・ガルボ、パティ・スミス、ソフィー・マルソーなど、名だたるファッション&カルチャーアイコンたちがビスポークや特注品を愛用したという。
ベルルッティの技術と伝統は、ウィメンズ コレクションでも頑なに守り続けられている。


靴はもちろんだが、小物にも注目したい。
鮮やかなグラデーション、繊細なカリグラフィーが表現されたバッグや財布、カードケースなどは、当然、女性にもラグジュアリーな色気をもたらすはずだ。
彼女が好きな色のパティーヌを施した同じものはひとつとして存在しない、唯一無二のベルルッティを贈る。
そんなロマンティックな演出が可能になったことは、男性にとって朗報かもしれない。

ベルルッティ
https://www.berluti.com/ja-jp/homepage/

関連記事

  1. セレブも夢中の「アレキサンダー・ワン×ブルガリ」のカプセルコレクション第2弾

  2. 素足で履きたいサントーニ。

  3. ドーメルの生地とダウンの種類が選べるドゥミ メジュール。

  4. ルイ・ヴィトンの新作「ガストン ラベル」

  5. 120年の歴史が生み出した、RIMOWAのソフトバックとは?

  6. 役目を終えた靴を素敵に蘇らせる「ウエストン・ヴィンテージ」

  7. ジェイエムウエストンの定番に、遊び心のあるトリプルソール。

  8. パテント素材を纏った、魅惑のジョン ロブ。

  9. 世界限定50足のDORMEUIL×The Shoe SurgeonコラボAir Force1。

特別連載 リシャール・ミル ブティック紹介

  1. 特別連載 リシャール・ミル 銀座 × スノーボードアルペン竹内智香
  2. 特別連載 リシャール・ミル 大阪 × レーシングドライバー松下信治
  3. 特別連載 リシャール・ミル 伊勢丹新宿店 × プロゴルファー成田美寿々
  4. 特別連載 リシャール・ミル 福岡 × プロゴルファー青木瀬令奈
  5. 特別連載 リシャール・ミル 神戸 × プロゴルファー宮里優作
  6. 特別連載 リシャール・ミル 銀座 × レーシングドライバー中野信治
  7. 特別連載 リシャール・ミル 名古屋松坂屋店
  8. 特別連載 リシャール・ミル 福岡

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. ベルルッティ、再認識。
  2. 「RM 07-01 オートマティック レーシングレッド」発売を機に考えてみる
  3. 伊勢丹新宿店本館5階=ウォッチにラグジュアリーを極めたカフェが誕生。 後篇
  4. リシャール・ミル待望の新作モデルは、新素材グレーサーメットを採用したRM 11-…
  5. アンダーズ 東京でクリスマスはラグジュアリーグランピング。
  6. グラフィカルでカラフルな3種類のレディス限定モデルが登場
  7. 三ツ星シェフをを唸らせたAtsushi Hataeのスイーツ。
  8. サバティーニの夏は“海鮮”がいい。
  9. H.モーザーの貴重なコンプリケーションの新作2モデルが日本に入荷
  10. フェンディ カーサ、モダンになって復刻。
PAGE TOP