カシミアタッチになったチルコロ1901。

チルコロ1901は、2017年に発表されたカシミアタッチが、さらにその精度を上げた。
化繊を使ったスウェット地を使ったテーラード。
触ると、その名のとおりカシミアのような風合いを出している。

このチェックもこう見えてスウェット!であり、そこに転写プリントしている。
滑らかな生地が、さらにはカシミアの風合いを出している。
ストレッチ性も高く、よく伸びて、身体に馴染む。
ステアリングを思いっきり切っても、窮屈な思いなどしない。
チルコロ1901は、1901年、ニット工場として生まれた。
ニットだ、“編む”ことを得意としてきたファクトリーだった。
2009年にこの生地を使ってテーラード・ジャケットを世に出した。
半ば軽い冗談だったと聞いたこともある。
しかし“折る”ではなく“編む”にこだわった。
編む作業は、高度な技術が求められる。
縦糸と、横糸が一定角度で交差して作られるのが織物だ。
スウェットはそうやって作られている。
が、チルコロ1901は、交差ではなく、
網目状、ループを繰り返して編んでいる。
これはニットと同じ製法である。
同社の1世紀に及ぶ技術は、たかが生地を、されど生地にした。
快適さはそのままに、ウールのようなジャケットを作るに至った。
さらにはカシミアタッチまで生むことになった。
もちろん、テーラード・ジャケットの基本に沿った縫製は、知られたブランドのそれと比較しても劣ることはない。
流行りのアンコン・ジャケットを、さらにリラックスなジャケットに仕立て、安物なアンコンのそれらを、しっかり否定してみせた。
この手のジャケットでは一番だろう。

今では、ジャケットのみならず、パンツ、コートまで出すトータルブランドになった。

チルコロ1901
http://www.gentedimare-online.com/ec/html/products/list.php?maker_id=2

関連記事

  1. ルイ・ヴィトンの新作「ガストン ラベル」

  2. 世界で最もエレガントな自動車コンテスト

  3. グッチのクリエイティブ ビジョンを称え探求する没入型エキシビション「Gucci Garden Arc…

  4. 「フェンディ」と「ヴェルサーチェ」がお互いのシグネチャーを交換した新しいコレクション「フェンダーチェ…

  5. ベルルッティ、再認識。

  6. パンデミック前とは装い新たな姿のパリが続々! ポン・ヌフ目の前、サマリテーヌの見どころとは

  7. ルイ・ヴィトンのトローリー第2弾は、ニット素材。

  8. 役目を終えた靴を素敵に蘇らせる「ウエストン・ヴィンテージ」

  9. ゴヤールの新作トート発売!ゴヤール柄の秘密をご存じ?

人気記事 PICK UP!

  1. james jarvis
  2. boucheron
  3. zenbo
  4. 蟹王府
  5. winemarketparty
  6. otakeshinro
  7. steinway
  8. SHIGUCHI1

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. james jarvis James Jarvisの個展「Hello Bauhaus」PARCO MUSE…
  2. より豊かで快適なライフスタイルへ。 至福のひとときを優雅に彩る、ロルフベンツのニ…
  3. フランス人アーティスト ジャン=ミシェル・オトニエルの個展「夢路 DREAM R…
  4. ベントレーから第5のシリーズとなる「ベンテイガ エクステンデッド ホイールベース…
  5. ベルルッティ、再認識。
  6. グラフィカルでカラフルな3種類のレディス限定モデルが登場
  7. プレミアムラゲージで知られるRIMOWAから、腕時計を3本収納できる「RIMOW…
  8. ベンテイガがよりベントレーらしく
  9. リシャール・ミルと海洋スポーツの意外なコネクション
  10. サバティーニの夏は“海鮮”がいい。
PAGE TOP