カシミアタッチになったチルコロ1901。

チルコロ1901は、2017年に発表されたカシミアタッチが、さらにその精度を上げた。
化繊を使ったスウェット地を使ったテーラード。
触ると、その名のとおりカシミアのような風合いを出している。

このチェックもこう見えてスウェット!であり、そこに転写プリントしている。
滑らかな生地が、さらにはカシミアの風合いを出している。
ストレッチ性も高く、よく伸びて、身体に馴染む。
ステアリングを思いっきり切っても、窮屈な思いなどしない。
チルコロ1901は、1901年、ニット工場として生まれた。
ニットだ、“編む”ことを得意としてきたファクトリーだった。
2009年にこの生地を使ってテーラード・ジャケットを世に出した。
半ば軽い冗談だったと聞いたこともある。
しかし“折る”ではなく“編む”にこだわった。
編む作業は、高度な技術が求められる。
縦糸と、横糸が一定角度で交差して作られるのが織物だ。
スウェットはそうやって作られている。
が、チルコロ1901は、交差ではなく、
網目状、ループを繰り返して編んでいる。
これはニットと同じ製法である。
同社の1世紀に及ぶ技術は、たかが生地を、されど生地にした。
快適さはそのままに、ウールのようなジャケットを作るに至った。
さらにはカシミアタッチまで生むことになった。
もちろん、テーラード・ジャケットの基本に沿った縫製は、知られたブランドのそれと比較しても劣ることはない。
流行りのアンコン・ジャケットを、さらにリラックスなジャケットに仕立て、安物なアンコンのそれらを、しっかり否定してみせた。
この手のジャケットでは一番だろう。

今では、ジャケットのみならず、パンツ、コートまで出すトータルブランドになった。

チルコロ1901
http://www.gentedimare-online.com/ec/html/products/list.php?maker_id=2

関連記事

  1. パンデミック前とは装い新たな姿のパリが続々! ポン・ヌフ目の前、サマリテーヌの見どころとは

  2. イタリアのクラフトマンシップを継承する最高峰のラグジュアリーバッグ「アウグスト・ローマ」

  3. 重すぎず、軽すぎないルイ・ヴィトン。

  4. 「A BATHING APE × STASH」がコラボした『ライカ D-LUX 7』登場

  5. ドーメルの生地とダウンの種類が選べるドゥミ メジュール。

  6. rimowa

    ワイン愛好家のためのRIMOWAアルミニウム製ボトルケース

  7. 大切な人への気持ちを彩る「ベルルッティ」のホリディコレクション

  8. ゴルフアイテムがラインナップする「ルシアン ペラフィネ LPFG」がデビュー

  9. ベルルッティの両A面ベルト。

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. 喜びと楽しみを分かち合うゴルフのチャリティーイベント開催
  2. うまさを追求した最高峰の日本酒鷹ノ目-ホークアイ
  3. molteni 室内外をシームレスに繋ぐ 伊ブランド、モルテーニ 初のアウトドアコレクション
  4. 「Bang & Olufsen」、『Beovision Harmony…
  5. リシャール・ミル ブティック銀座が、並木通りに。
  6. W大阪とクリスチャン ルブタン ビューティがコラボしたエレガントなアフタヌーンテ…
  7. ホリデーシーズンにぴったり!フランチャコルタのリュクスなケータリングサービス
  8. H.モーザーの2つのアイコンを融合させた革新的モデル発表
  9. ふたつの“ふふ”が軽井沢に開業
  10. 沖縄にヴィラタイプの宿泊施設「DAICHI OKINAWA villa M」開業…
PAGE TOP