カシミアタッチになったチルコロ1901。

チルコロ1901は、2017年に発表されたカシミアタッチが、さらにその精度を上げた。
化繊を使ったスウェット地を使ったテーラード。
触ると、その名のとおりカシミアのような風合いを出している。

このチェックもこう見えてスウェット!であり、そこに転写プリントしている。
滑らかな生地が、さらにはカシミアの風合いを出している。
ストレッチ性も高く、よく伸びて、身体に馴染む。
ステアリングを思いっきり切っても、窮屈な思いなどしない。
チルコロ1901は、1901年、ニット工場として生まれた。
ニットだ、“編む”ことを得意としてきたファクトリーだった。
2009年にこの生地を使ってテーラード・ジャケットを世に出した。
半ば軽い冗談だったと聞いたこともある。
しかし“折る”ではなく“編む”にこだわった。
編む作業は、高度な技術が求められる。
縦糸と、横糸が一定角度で交差して作られるのが織物だ。
スウェットはそうやって作られている。
が、チルコロ1901は、交差ではなく、
網目状、ループを繰り返して編んでいる。
これはニットと同じ製法である。
同社の1世紀に及ぶ技術は、たかが生地を、されど生地にした。
快適さはそのままに、ウールのようなジャケットを作るに至った。
さらにはカシミアタッチまで生むことになった。
もちろん、テーラード・ジャケットの基本に沿った縫製は、知られたブランドのそれと比較しても劣ることはない。
流行りのアンコン・ジャケットを、さらにリラックスなジャケットに仕立て、安物なアンコンのそれらを、しっかり否定してみせた。
この手のジャケットでは一番だろう。

今では、ジャケットのみならず、パンツ、コートまで出すトータルブランドになった。

チルコロ1901
http://www.gentedimare-online.com/ec/html/products/list.php?maker_id=2

関連記事

  1. パテント素材を纏った、魅惑のジョン ロブ。

  2. ゴヤールの新作トート発売!ゴヤール柄の秘密をご存じ?

  3. 役目を終えた靴を素敵に蘇らせる「ウエストン・ヴィンテージ」

  4. ジョルジオ アルマーニ社とスクーデリア・フェラーリがタッグを組んだ!

  5. フェンディの「モン トレゾール」に、メンズが!

  6. イタリアのクラフトマンシップを継承する最高峰のラグジュアリーバッグ「アウグスト・ローマ」

  7. rimowa

    ワイン愛好家のためのRIMOWAアルミニウム製ボトルケース

  8. 高級原料でこだわりの生地を作ったカンタータ至極のスーツ

  9. dior

    日本文化への敬意も感じる「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展開催中

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

  1. armani
  2. hoshinoresort

おすすめ記事

  1. リシャール・ミルの新作は、甘く懐かしい時間に誘うタイムマシン?
  2. hilton 宮古島の新たなランドマークに――ヒルトン沖縄宮古島リゾートが開業
  3. バウハウス設立100周年を記念するライカ特別モデルは世界限定150台
  4. イタリアの名門ブランドDe Padova社のフォールディングチェア「SUNDAN…
  5. bowers&wilkins 比類なき音質と快適性、スタイリッシュさを兼ね備えたプレミアムヘッドフォン「Px8…
  6. V8フェラーリ最強の488ピスタ スパイダー。
  7. 西中千人 フランスのシャトーホテルで煌めく、西中千人のガラスアートの世界
  8. 世界中のセレブを虜にする香り「アンリ・ジャック」 遂に銀座並木通りにブティックオ…
  9. fendi フェンディ家の暮らしの美学が光るホームコレクション
  10. ソンム湾鉄道 フランス式鉄道旅の愉しみ方
PAGE TOP