ベルルッティ、再認識。

男服の基本は変わらずとも、男のファッションはより自由になっている。
それまでのラグジュアリーと、新しいラグジュアリーに、差を感じるようにもなった。

ベルルッティは、新しいラグジュアリーだ。
1895年に創業されたベルルッティの歴史は、革新の1世紀だった。
ジャン・コクトー、イブ・サンローラン、アンディー・ウォーホルなど、数多くのアーティストたちを魅了した。
4代目、オルガ・ベルルッティはさらにベルルッティを改革した。
彼女の目線でパティーヌが生み出され、ベルルッティはより個性に磨きをかけられた。

2005年からはバッグもスタート。
ベルルッティの世界観は、さらに自由になった男服に受け入れられた。
富裕層は、それを後押しした。
男服、コーディネートのハズしこそセンスが出るといっても過言ではない。
若い人であれば、ファストファッションの中に一点ラグジュアリーなアイテムを盛り込むことで、逆にハズしになったりもするが、歳を重ねるとそれは恥ずかしい。
そんなオヤジならではのハズしに、ベルルッティは見事にハマった。
遊びが効いたものこそラグジュアリーで、品格を備えていること。
それがベルルッティの新しさだった。
技術や発想が新しいブランドには、その歴史が短かろうが、時代を変え、トレンドを生み出す力がある。
ベルルッティだけじゃない、リシャール・ミルやマクラーレンもすべてが新しい。
そして、圧倒的なパフォーマンスがある。
そんなブランドたちが、男たちを次のステージへと誘う。
ベルルッティのハイダー・アッカーマンも2シーズン目に入った。

ベルルッティ
https://www.berluti.com/ja-jp/homepage/

関連記事

  1. ジェイエムウエストンの定番に、遊び心のあるトリプルソール。

  2. ベルルッティのウィメンズ、デビュー。

  3. ゴルフアイテムがラインナップする「ルシアン ペラフィネ LPFG」がデビュー

  4. fendi

    今年の雪山はFENDIのリュクスなウェアで

  5. 素足で履きたいサントーニ。

  6. ルイ・ヴィトンの新作「ガストン ラベル」

  7. フェンディの「モン トレゾール」に、メンズが!

  8. ronherman

    モアナ サーフライダーに「ロンハーマンワイキキ店」がオープン、ホノルルの新名所に!

  9. 役目を終えた靴を素敵に蘇らせる「ウエストン・ヴィンテージ」

人気記事 PICK UP!

  1. japancaviar
  2. shisui
  3. josefalbers
  4. astonmartin
  5. covakakuda
  6. mizubasho
  7. arcadia
  8. vca

HOT TOPICS

  1. hilton
  2. matisse
  3. grandhyatt
  4. molteni
  5. ento
  6. lvjewelry
  7. arcadia

おすすめ記事

  1. ベントレーコンチネンタルGTコンバーチブルに待望の“スピード”が登場!
  2. 奥日光の雄大な自然に抱かれるラグジュアリーホテル ザ・リッツ・カールトン日光へ
  3. 三ツ星シェフをを唸らせたAtsushi Hataeのスイーツ。
  4. ロールス・ロイス「ゴースト」に「ブラック・バッジ」が登場
  5. 天才パティシエの芸術的な大人スイーツ! フォーシーズンズホテル東京大手町のオータ…
  6. ベルルッティ、再認識。
  7. ルイ・ヴィトンのトローリー第2弾は、ニット素材。
  8. 隈研吾が手掛けた一組限定温泉宿「草津きむらや」が開業
  9. ホリデーシーズンにぴったり!フランチャコルタのリュクスなケータリングサービス
  10. GLENMORANGIE 森のアロマ香る限定ウイスキー『グレンモーレンジィ フォレスト』
PAGE TOP