ベルルッティ、再認識。

男服の基本は変わらずとも、男のファッションはより自由になっている。
それまでのラグジュアリーと、新しいラグジュアリーに、差を感じるようにもなった。

ベルルッティは、新しいラグジュアリーだ。
1895年に創業されたベルルッティの歴史は、革新の1世紀だった。
ジャン・コクトー、イブ・サンローラン、アンディー・ウォーホルなど、数多くのアーティストたちを魅了した。
4代目、オルガ・ベルルッティはさらにベルルッティを改革した。
彼女の目線でパティーヌが生み出され、ベルルッティはより個性に磨きをかけられた。

2005年からはバッグもスタート。
ベルルッティの世界観は、さらに自由になった男服に受け入れられた。
富裕層は、それを後押しした。
男服、コーディネートのハズしこそセンスが出るといっても過言ではない。
若い人であれば、ファストファッションの中に一点ラグジュアリーなアイテムを盛り込むことで、逆にハズしになったりもするが、歳を重ねるとそれは恥ずかしい。
そんなオヤジならではのハズしに、ベルルッティは見事にハマった。
遊びが効いたものこそラグジュアリーで、品格を備えていること。
それがベルルッティの新しさだった。
技術や発想が新しいブランドには、その歴史が短かろうが、時代を変え、トレンドを生み出す力がある。
ベルルッティだけじゃない、リシャール・ミルやマクラーレンもすべてが新しい。
そして、圧倒的なパフォーマンスがある。
そんなブランドたちが、男たちを次のステージへと誘う。
ベルルッティのハイダー・アッカーマンも2シーズン目に入った。

ベルルッティ
https://www.berluti.com/ja-jp/homepage/

関連記事

  1. セレブも夢中の「アレキサンダー・ワン×ブルガリ」のカプセルコレクション第2弾

  2. 欧州セレブが注目するドレイクスのセットアップ

  3. フェンディ カーサ、モダンになって復刻。

  4. 世界で最もエレガントな自動車コンテスト

  5. 世界限定50足のDORMEUIL×The Shoe SurgeonコラボAir Force1。

  6. ベルルッティの両A面ベルト。

  7. フェンディの「モン トレゾール」に、メンズが!

  8. fendi

    今年の雪山はFENDIのリュクスなウェアで

  9. ロロ・ピアーナが、クリエイター 藤原ヒロシ氏とコラボレーション したカプセルコレクションを発表

人気記事 PICK UP!

  1. hemel
  2. 西中千人
  3. dior
  4. kanolly
  5. maserati
  6. egon schiele
  7. cirpas
  8. aman tokyo
  9. setsuniseko
  10. fendi

HOT TOPICS

  1. boucheron
  2. zenbo
  3. 蟹王府
  4. dorchester
  5. SHIGUCHI1
  6. james jarvis
  7. winemarketparty
  8. steinway
  9. otakeshinro
  10. aman tokyo

おすすめ記事

  1. フエギア 1833から、ディフューザーが!
  2. 日本茶の最高峰「八女伝統本玉露」のボトリングティー
  3. 一度は乗りたい!ベンツのスイートルーム 「メルセデス・マイバッハ Sクラス Gr…
  4. ロイヤルブルーティーから新作ロイヤルダージリンラジャインペリアル発売
  5. 東京都庭園美術館に希望の花を咲かせる–蜷川実花 「瞬く光の庭」展
  6. エレガントなユニセックスモデルのトゥールビヨンが2モデル発表
  7. フランス人アーティスト ジャン=ミシェル・オトニエルの個展「夢路 DREAM R…
  8. リシャールミルジャパン基金 チャリティオークション第二弾を開催
  9. ベンテイガがよりベントレーらしく
  10. 夏季限定「神宮前 らかん・果」の低糖質かき氷
PAGE TOP