ベルルッティ、再認識。

男服の基本は変わらずとも、男のファッションはより自由になっている。
それまでのラグジュアリーと、新しいラグジュアリーに、差を感じるようにもなった。

ベルルッティは、新しいラグジュアリーだ。
1895年に創業されたベルルッティの歴史は、革新の1世紀だった。
ジャン・コクトー、イブ・サンローラン、アンディー・ウォーホルなど、数多くのアーティストたちを魅了した。
4代目、オルガ・ベルルッティはさらにベルルッティを改革した。
彼女の目線でパティーヌが生み出され、ベルルッティはより個性に磨きをかけられた。

2005年からはバッグもスタート。
ベルルッティの世界観は、さらに自由になった男服に受け入れられた。
富裕層は、それを後押しした。
男服、コーディネートのハズしこそセンスが出るといっても過言ではない。
若い人であれば、ファストファッションの中に一点ラグジュアリーなアイテムを盛り込むことで、逆にハズしになったりもするが、歳を重ねるとそれは恥ずかしい。
そんなオヤジならではのハズしに、ベルルッティは見事にハマった。
遊びが効いたものこそラグジュアリーで、品格を備えていること。
それがベルルッティの新しさだった。
技術や発想が新しいブランドには、その歴史が短かろうが、時代を変え、トレンドを生み出す力がある。
ベルルッティだけじゃない、リシャール・ミルやマクラーレンもすべてが新しい。
そして、圧倒的なパフォーマンスがある。
そんなブランドたちが、男たちを次のステージへと誘う。
ベルルッティのハイダー・アッカーマンも2シーズン目に入った。

ベルルッティ
https://www.berluti.com/ja-jp/homepage/

関連記事

  1. パテント素材を纏った、魅惑のジョン ロブ。

  2. ルイ・ヴィトンのトローリー第2弾は、ニット素材。

  3. 役目を終えた靴を素敵に蘇らせる「ウエストン・ヴィンテージ」

  4. ドーメルの生地とダウンの種類が選べるドゥミ メジュール。

  5. 重すぎず、軽すぎないルイ・ヴィトン。

  6. カジュアルには、ルイ・ヴィトンの「タイガラマ」

  7. ルイ・ヴィトンから新作コレクション「ナイロン・カモフラージュ」登場

  8. ジョルジオ アルマーニ社とスクーデリア・フェラーリがタッグを組んだ!

  9. 世界で最もエレガントな自動車コンテスト

特別連載 リシャール・ミル ブティック紹介

  1. 特別連載 リシャール・ミル 銀座 × スノーボードアルペン竹内智香
  2. 特別連載 リシャール・ミル 大阪 × レーシングドライバー松下信治
  3. 特別連載 リシャール・ミル 伊勢丹新宿店 × プロゴルファー成田美寿々
  4. 特別連載 リシャール・ミル 福岡 × プロゴルファー青木瀬令奈
  5. 特別連載 リシャール・ミル 神戸 × プロゴルファー宮里優作
  6. 特別連載 リシャール・ミル 銀座 × レーシングドライバー中野信治
  7. 特別連載 リシャール・ミル 名古屋松坂屋店
  8. 特別連載 リシャール・ミル 福岡

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. ルイ・ヴィトンのトローリー第2弾は、ニット素材。
  2. エレガントなユニセックスモデルのトゥールビヨンが2モデル発表
  3. 特別連載 リシャール・ミル 銀座 × スノーボードアルペン竹内智香
  4. バウハウス設立100周年を記念するライカ特別モデルは世界限定150台
  5. 世界限定8点。稀少な大理石のテーブルをイタリア屈指の家具ブランド、ポルトローナ・…
  6. リシャール・ミルが新しい“代表作”「RM 72-01 オートマティック フライバ…
  7. リシャールミルジャパン基金が「チャリティオークション2021」を開催
  8. サバティーニの夏は“海鮮”がいい。
  9. アイリッシュ・ウイスキーの老舗「イーガンズウイスキー」が放つ限定シングル・モルト…
  10. 鈴鹿サウンドオブエンジンで、リシャール・ミルの新作発表!
PAGE TOP