アスプレイ×グローブ・トロッターの新作ラゲージ。

200年を超える伝統的なアルチザンの技術と
革新的な発想により生み出される「アスプレイ」の製品は、
生涯を通じて使うことができ、
世代から世代へと受け継がれていく、
まさにサスティナブル・ラグジュアリーブランドだ。
創業当時から行っているビスポークは、
小物から大がかりなものまでどんな注文にも応えてくれる。

 


直近のビスポークといえば、
ザ・リッツ・カールトンとコラボした『カクテルトローリー』。
シルバーのプレートと強化ガラスのトローリーは、
豪奢なアールデコ調で「アスプレイ」ならではのデザインが散りばめられている。
このコラボを記念して三台の『カクテルトローリー』が
世界中のザ・リッツ・カールトンホテルでお披露目され、
ルームサービスや、プライベートディナーに、
この『カクテルトローリー』を使ったサービスが受けられるという。
(ホテルによってサービスは異なるので、お問い合わせ下さい)
自宅で楽しみたいなら、オーダーも可能だ。
本体価格は、約420万円。
デキャンタなど付属品を含めると約900万円で、受注生産のみとなっている。
でき上がるまでの期間も、ビスポークならではの楽しみな時間になりそうだ。

 

大がかりなものばかりではなく、
ファインジュエリーやレザー製品、
シルバーやフレグランスと、
アイテムは、ライフスタイル全般に及ぶ。
カフリンクスは、ユニークでインパクトのあるものが多い。

 


ジュエリーの“コズミックコレクション”にある
ロケットシリーズでネックレスとカフリンクスという
パートナーとのリンクコーデするのも遊び心があり、
ホリデーシーズンのギフトにもオススメだ。

 

ホリデーシーズンといえば、バカンスに向かうトラベルケースも気になるところ。
グローブ・トロッター社が製作するロンドナーラゲージコレクション
『エンジンターニングブラック』は、発売以来、大人気だ。
英国の産業革命時に生まれたデザインである
エンジンターニング(エンジンが回転し続けるために、鉄の表面に施された刻印のこと)
をモチーフとしたクロスハッチを採用し、
ブラックで仕上げられている。
ブランドのイメージカラーのパープルとはまた違った印象だ。

 

錠前には、トラベルケースを開けるときにだけ見ることができる部分に
エンジンターニング柄が施されている。
ボディのプレートを含め、これらにはスターリングシルバーが使用され、
プレートには好きな文字を入れることもできる。
英国王室御用達ブランドのタッグで作られるラゲージに、
オリジナリティをプラスする意味でも、
名前はもちろんメッセージを入れてみるのもいいかもしれない。
ライニングは、ブルーだ。

 

Asprey(アスプレイ)
“ロンドナーエンジンターニングブラック”ラゲージ
http://www.sunmotoyama.co.jp/collection/585/

アスプレイ サンモトヤマ銀座本店
http://www.sunmotoyama.co.jp/

関連記事

ページ上部へ戻る