ホワイトデーには日本でしか買えないジャン=ミッシェル・モルトローの限定ショコラを。

ヴァレンタインが終わったら、すぐにホワイトデーがやってくる。
いろいろなギフトを考えるが、やはりそこはチョコレートを贈りたい。
ただ、ありきたりのものでは物足りない。
高級ショコラもいいが、より希少性が高いものなら会話も弾みそうだ。
そんなショコラが、限定発売される。
それが「ジャン=ミッシェル・モルトロー」のホワイトデー限定アソートだ。

目を引くイエローのパッケージのアソートは、
今年のホワイトデー限定のスプリングシリーズ“フェット・デュ・プランタン”。
華やかにクランベリーやコジベリーが
トッピングされたマンディアンとフルーティなボンボンショコラの詰め合わせになっている。
実は、ショコラティエのジャン=ミッシェル・モルトロー氏は、本国であるフランスでは、
自分の名前を冠したショコラの販売を行っていない。
8年前からこの時期に、日本でのみ限定販売している。
パッケージも、もちろん日本限定。毎年、新しいパッケージになるため、コレクターもいるそうだ。
ヴァレンタインに比べ、より店舗数も限定されるので、ホワイトデーのアソートは、さらに希少といえる。
短期間で人気が上昇した秘密は、こだわりのショコラにある。

ジャン=ミッシェル・モルトロー氏は、オーガニック農家で育ち、
自家製のオーガニックショコラをレストランでサーブしていたところ評判になり、ショコラティエに専念することになった。
そのため、材料はすべてオーガニック。世界流通1%といわれているオーガニックカカオのみを使用し、
フランスのオーガニック認証「ABマーク」も取得している。
乳化剤なども一切使用しないため、うっかり食べ過ぎても、胃もたれする心配もない体にやさしいショコラだ。
ビーン・トゥ・バーやビーン・トゥ・ボンボンにもいち早く取り組み、
今年は新たにファーム・トゥ・ショコラまで登場した。
農園から関わるショコラづくりのことで、実際にカカオ農園に赴き、
現状を見て、カカオ農家の環境にも配慮しているらしい。
ヴァレンタインのときは、パッケージも違うアソートだったから、もし同じブランドでもかぶる心配はない。
もし、ショコラティエを知っていたら、より喜ばれるかもしれない。
ギフトは、贈る相手の喜ぶ顔と驚く顔を見られるのが楽しみでもある。
数量限定、完売必至なので、早めに準備しておきたい。

 

ジャン=ミッシェル・モルトロー
https://www.jmm-chocolate.jp/
フェット・デュ・プランタン マンディアン3枚+ボンボンショコラ6個 2,450円
マンディアン5枚+ボンボンショコラ10個 3,950円(税抜)

ショップリストはこちら
https://www.jmm-chocolate.jp/shoplist.html

関連記事

CATEGORY

ARCHIVE

ページ上部へ戻る