間違いなく、世界一のTシャツ。

この季節の必須アイテムであるTシャツ。
よれよれ、クタクタが似合うのは一部のモデル、タレントくらいだ。
年齢を重ねると、素材の良し悪しが重要になってくると思うべきだ。
ジャケットやコートのように生地の質も吟味して選ぶと大きな差が出る。


日本のTシャツブランド、Ace。
ここはとにかく使用しているコットンが凄い。
世界三大コットンである、スーピマコットンやギザコットン、新疆綿と並んで上質といわれる、スピン綿。
その中でも年間に0.025%しか採れない、繊維の宝石とも称されるスピンゴールドという初摘みの部分だけを厳選して使用している。
本来は機械摘みが主流なスピン綿だが、一番品質のよい部分は手摘みでないと収穫できないらしい。
AceのTシャツに使用されているのは、一つ一つ栄養の多く含まれた手作業で摘み取られたコットンボール。
仕上げは奈良県にあるTシャツ専門工場で行なっている。
この高級天然繊維を使用できるブランドはそう多くない。
生地の良さ、作りの精巧さは通常のTシャツと比にならないだろう。
一枚にかけるこだわりにも圧倒される。
価格は1万3000円。
素材のことを考えたらコスパは高いと思う。


しっかりとハリがあるのは、細い一本一本の糸をぎゅっと詰めているから。
それでいてソフトな着心地は失っていない。
Tシャツとは思えない光沢が生まれているのも特徴だ。
そして着込んでも首回りや裾がヨレにくく、着崩れもほとんどない。
臆することなくヘビロテできる仕様だ。
また現在のファッションは少し大きめのシルエットがトレンドだが、ベーシックかつシンプルな形を採用している。
大人でも着やすいことはもちろん、長年愛用することができるのも嬉しい。
ジャケットと合わせてもカジュアルになりすぎず、上品さをキープしてくれる。
一枚でサラッと着用しても同じことが言えるだろう。
素材、シルエットともにとにかく品がある。
ラグジュアリーな夜を過ごすリラックス着として活用すれば、気分も上げてくれるはずだ。
繊細の中にある極みがシンプルであると考えるAce。
最高品質の素材を使い、良質で飽きのこないデザイン、究極のシンプルというのは気品があり、贅沢なことだと改めて実感させてくれた。
たかがTシャツ、されどTシャツ。
この言葉がぴったりな一枚だと思う。

Ace
https://ace1111.jp/

関連記事

FEATURE

2019-3-6

新型911の凄味。

CATEGORY

ARCHIVE

ページ上部へ戻る