• CAR
 

ダークなアクセントを効かせたモダンラグジュアリークーペ「 ベントレー GTマリナーブラックライン」登場

マリナーによる世界屈指の美しい仕上げとブラックパーツによる究極のラグジュアリー

ベントレーの全ラインアップに設定されている「ブラックライン」は、エクステリアのオプションとしては非常に人気で、コンチネンタルGTシリーズにおいては、全体の38%をブラックラインが占めるほどだという。
エクステリアの全てのブライトウェアがブラックに統一されるGTマリナーブラックラインは、最新の「GTマリナー」や「GTマリナーコンパーチブル」の落ち着いた雰囲気の中にも華やかさがあるコンサバティブなエクステリアとは一線を画す存在感を示す。
ブラックパーツの数々で装飾され精悍でスポーティな引き締まったクールさがプラスされたボディは、様々なカスタマイズをより魅力的に見せ、アグレッシブでソフィスティケイトされた美しさを纏った唯一無二の最高のラグジュアリーカーとなっている。

ブライトウェアの全てがブラックで統一されるブラックライン


ベントレーのウィングド「B」バッジを除いたエクステリアのすべてのブライトウェアがブラックに統一されるブラックライン。
ラジエターグリルもブラックとなっており、GTマリナーではサテンシルバー仕上げのアッパーミラーキャップも黒く輝く「ベルーガ」仕上げだ。マリナーのアイデンティティの一つであるマトリクスウィングベントもブラックアウトされており、「MULLINER」のロゴだけが明るく輝く。ラジエターグリルは、ブラックに明るい縁取りで奥行きを感じさせるデザインのままで、ブラックのバンパーロアグリルへとつながっている。


GTマリナーブラックラインのホイールは通常モデルと同じ10スポークの22インチだが、リムはブラック塗装で仕上げられ、セルフレベリングバッジにはクロームのリングが付く。
また、オプションとしてコントラストの効いたポリッシュ仕上げの「ポケット」が印象的なマリナー製ブラックホイールも近々追加の予定だそうなので更に期待が高まりそうだ。

マリナーならではの豪華で魅力的なインテリア


GTマリナーブラックラインは、GTマリナーの豪華で魅力的なインテリアをそのまま引き継いでいる。マリナーが提供する無限ともいえるカラーから好みのものを選べるほか、豊富なレザーとステッチをベースにベントレーお勧めの3色コンビネーションも8種類用意されている。
インテリアには「マリナー ドライビング スペシフィケーション」が標準設定され、シートとドアとリアクォーターパネルはベントレー独自の「ダイヤモンド・イン・ダイヤモンド」キルトで彩られ、コントラストとアクセントが効いたステッチがダイヤモンド模様を美しく引き立てています。キャビン全体に施されるステッチはなんと約40万針。ひとつのダイヤモンド模様には712針が施され、その一針一針がダイヤモンド模様の中心部に向かって正確に配列されています。自動車業界でも指折りの職人技を有するマリナーならではの正確さと美しさが作り出す芸術的ステッチです。

世界最高峰のラグジュアリークーペ


エンジンは、ベントレーを象徴する6.0リッターW12ツインターボ(635PS)とダイナミックな4.0リッターV8(550PS)の2種類から選択可能。どちらも最高峰グランドツアラーに相応しいエフォートレスなパフォーマンスで長距離ドライブを堪能できるだろう。
他とは違う思い描く理想の車に近づけたいのであれば、GTマリナーブラックラインは、心強い選択肢の一つになることは間違いないだろう。ブラックラインは現代的なアレンジを効かせた世界最高峰のラグジュアリークーペなのだから。

 

 

関連記事

  1. 2020年究極の電動カー、Maclaren Senna「ライドオン」が登場

  2. フェラーリの限定モデル「デイトナ SP3」誕生

  3. 100周年のベントレーは、ヴィンテージになるか。

  4. フェラーリの純粋な内燃機関で構成された最後のV8ミッドシップ。

  5. ファントムとドーン 2台の特別なビスポークのロールス・ロイスが完成

  6. 幻のアストンマーティン 「Valkyrie AMR Pro」誕生

  7. ファントムをも脅かす新しいゴースト。

  8. マクラーレンのハイブリッド・スーパーカー「アルトゥーラ」が誕生!

  9. メルセデス・ベンツ「EQC Edition 1886」日本限定55台!

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. イタリアの名門ブランドDe Padova社のフォールディングチェア「SUNDAN…
  2. 「ベンジャミン ステーキハウス 東京ガーデンテラス紀尾井町」
  3. サバティーニの夏は“海鮮”がいい。
  4. リシャール・ミルの新作は、甘く懐かしい時間に誘うタイムマシン?
  5. 世界初コーナーソファを生み出した「ロルフベンツ」
  6. 2020年究極の電動カー、Maclaren Senna「ライドオン」が登場
  7. 「ジョー マローン ロンドン」から車用ディフューザー登場!
  8. マクラーレンの最新モデル「McLaren 765LT」発表
  9. H.モーザーとMB&Fの特別なコラボレーションモデルが登場  2つの個…
  10. フェラーリ、その世界一のサービスが日本にある
PAGE TOP