• CAR
 

映画『007』シリーズ初のジェームズ・ボンドモデル バイク 「Scrambler 1200 Bond Edition」が、トライアンフから世界限定250台で登場!

プレミアムでラグジュアリーな「007」専用ボディワークに息を呑む

映画『007』シリーズは長年、クルマにスーツ、美食に至るまで、男の世界における「一流」を教えてくれる教科書となってきた。例えば「ブリオーニ」のスーツ、「ターンブル&アッサー」のシャツ、「グローブ・トロッター」のアタッシュケース、「ボランジェ」あるいは「ドンペリニヨン」のシャンパーニュ、「アストンマーティン」のクルマなど、ダンディでエレガントなボンドスタイルに憧れ、それを真似てきたという読者も少なくないはず。

そんなジェームズ・ボンドを師と仰ぐ男性たちに、ぜひとも乗っていただきたい「新しい乗り物」が登場した。シリーズ最新作となる第25作『007 / ノータイム・トゥ・ダイ』のダイナミックなアクションシーンに使われたバイクを記念して、英国の伝説的なバイクメーカーとして知られるトライアンフ・モーターサイクルズが世界限定250台(日本では限定20台)で販売する「Scrambler 1200 Bond Edition」である。

本物の質感が醸し出すオーラに痺れる

ベースとなるのは、トップエンドモデル「Scrambler 1200 XE」。その並外れたパフォーマンスとスペックに加え、ひと目で特別な車体であることが分かるような、美しくかつユニークな007のデザインスキームと、非常に手の込んだディテールを持ち合わせる。実車を前にすると、埃をあげて路面を疾駆することを躊躇させるような磨き上げられた輝きと、本物の質感からもたらされるオーラに圧倒される。と同時に、跨がってみるとどんな場所にでも行けそうと思わせる、ワクワクさせる冒険心がふつふつとこみ上げてくる。眺めて、触れて気分を高揚させ、乗ってアドレナリンを存分に放出させる乗り物として(さらにスペシャルな1台として人に語れる、自慢できるという要素も!)、このバイクほど食指を動かされるものはなかなかないだろう。

垂涎の性能に加え、「007」ファンを唸らせるギミックも!

もともとトライアンフを2台(ThunderbirdとThruxton)乗り継いできた筆者にとっては、7,400rpmで90PSを叩き出す1200cc空冷2気筒エンジンのパフォーマンスはすでに十二分にエキサイティング。進化したトライアンフはまた、スタイルに合わせたライディングモードの設定機能を持つ。走行条件に合わせてROAD、RAIN、OFF-ROAD、SPORT、RIDER(ライダーが設定可能)、OFF-ROAD PROの6種類のライディングモードを使いこなせば、高度な走りをよりエキサイティングかつ安全に堪能できるという仕組みだ。他にもIMUを活用したコーナリングABSやコーナリングトラクションコントロールなど、近年のトライアンフの走りの進化には目を見張るものがある。

だが何にも増して、この車体はジェームズ・ボンド気分を味わせて(正確な表記としては「味わわせて」だと思いますが、いかがいたしますか?)くれる特別な記念モデルであるという出自に、乗るたびに酔いしれられるといった魅力が堪らなく嬉しい。フィニッシュをブラックアウトさせた燻し銀の美しさを持つ車体は、乗る自分だけでなく周囲の人目をも惹きつけて止まないだろう。

そうそう、エンジンを始動させる際にTFTディスプレイに表示される「007」専用のスタートアップ画面(ライフリングの入った銃身越しに「007」のロゴが立ち上がる!)は、何度見ても興奮させられるはずだ。ライダー自身の名前を、このスタートアップ画面に表示させる機能があるというのも、所有欲を実にくすぐる。

書き連ねるとたくさんあり過ぎて困るくらいだから、特別仕様の詳細に関しては、別にリストとして披露しよう。とにかく台数が少ないので、少しでも興味を持たれた方は、メーカーに早めに問い合わせてみることをおすすめしたい。

Detail:
優美でオリジナリティ溢れるジェームズ・ボンド専用デザインプレミアムな「007」専用ボディワーク:
• – 007 ロゴが入った美しいエキゾーストナンバーボードとサイドパネルロアフィニッシャー
• – ロゴ刺繍入り 高級本革シート
• – F ディスプレイに Bond Edition 専用スタートアップ画面を採用
• – 劇中でボンドが駆るバイクをイメージした「007」専用ボディカラー

フィニッシュをブラックアウト:
• – ブラックアルマイト仕上げ リアマッドガードとハイレベルフロントマッドガード
• – エレガントなブラックフォーク
• – 上質なエンジンバッジにゴールドアクセント
• – ブラックパウダーコート スイングアームとスプロケットカバー

– ブラックアルマイト仕上げグラブレール、サンプガード、インフィル

 美しいアイテムとディテール:
• – ブラックアルマイト仕上げ シュラウド付きフォグランプ
• – Arrow サイレンサーとカーボンファイバーエンドキャップ
• – 削り出し加工 フロントブレーキリザーバー
• – ブラック リアホイールアジャスター
• – ステンレス製ヘッドライトグリル

希少なリミテッドエディション:
• – 全世界で250 台、日本限定 20 台
• – シリアルナンバー入りプレートと専用バッジ付き
• – Bond Edition 専用ハンドオーバーパック

Scrambler 1200 E 傑出した性能をすべて踏襲:
• – 2 気筒エンジンが繰り出すスリリングなパフォーマンス:90P @ 7,400rpm、110Nm @ 3,950rpm
• – カテゴリーをリードするフットワーク
• – クラストップ最先端テクノロジー、スペック、装備
• – 息を呑む Scrambler スタイル

メーカー希望小売価格2,590,000円(税込)

トライアンフモーターサイクルズジャパン(株)
https://www.triumphmotorcycles.jp/

トライアンフ(Triumph )・・・イギリスが世界に誇るバイクメーカーで、現存する中では世界最古となっている「トライアンフモーターサイクル」。「大脱走」でスティーブ・マックイーンが逃走に使うTR6 TROPHYや「ミッションインポッシブル2」でのトムクルーズのSpeed Triple T509、「ジュラシックワールド」でのクリス・プラットのScrambler、「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒」でのマーゴット・ロビーのStreet Triple など、映画の世界でも主人公の相棒として重要な役割を担うほど存在感のあるブランドとなっています。

関連記事

  1. メルセデス・ベンツ「EQC Edition 1886」日本限定55台!

  2. スポーツカーの遺伝子を受け継いだSUVモデル。

  3. スポーツカーの世界で最前線を走り続けるGT-Rの魅力。

  4. ベントレーの偉大なるV8エンジン、60年以上の歴史に幕を下ろす。

  5. メルセデスVクラスからアウトドアに最適の「V220d マルコポーロ ホライゾン」登場

  6. リシャール・ミルとマクラーレンが初の腕時計を発表!

  7. Ferrari Omologata ワンオフモデル

    世界に1台のフェラーリ、新しいワンオフ・モデル「Ferrari Omologata」発表!

  8. マクラーレン新型「765LT」が日本初公開!

  9. マクラーレンのハイブリッド・スーパーカー「アルトゥーラ」が誕生!

特別連載 リシャール・ミル ブティック紹介

  1. 特別連載 リシャール・ミル 大阪 × レーシングドライバー松下信治
  2. 特別連載 リシャール・ミル 伊勢丹新宿店 × プロゴルファー成田美寿々
  3. 特別連載 リシャール・ミル 福岡 × プロゴルファー青木瀬令奈
  4. 特別連載 リシャール・ミル 神戸 × プロゴルファー宮里優作
  5. 特別連載 リシャール・ミル 銀座 × レーシングドライバー中野信治
  6. 特別連載 リシャール・ミル 名古屋松坂屋店
  7. 特別連載 リシャール・ミル 福岡
  8. 特別連載 リシャール・ミル 神戸

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. ヴァージル・アブロー×ナイキ・コラボレーションプロジェクト 知られざるバックスト…
  2. リシャール・ミルからキミ・ライコネンモデル。
  3. V8フェラーリ最強の488ピスタ スパイダー。
  4. リビエラ逗子マリーナに『MALIBU HOTEL』が誕生
  5. リシャール・ミルの日本未発売モデルがNX ONE銀座で手に入る!
  6. ブルガリの「ビー・ゼロワン」コレクションのブレスレット。
  7. フェラーリの純粋な内燃機関で構成された最後のV8ミッドシップ。
  8. フェラーリ、その世界一のサービスが日本にある
  9. 「ABCDEFGucci」で自分だけのニットを。
  10. ベルルッティ、再認識。
PAGE TOP