• CAR
 

2020年究極の電動カー、Maclaren Senna「ライドオン」が登場

伝説のドライバーアイルトン・セナの名を冠した特別なライドオンカー

マクラーレン・オートモーティブは、幼いレーシングドライバーのために、サーキット指向の新電動モデル、Maclaren Senna「ライドオン」を発表。昨年のMaclaren 720S「ライドオン」に続き、新たに登場したMaclaren Senna「ライドオン」は、パフォーマンスを追求する幼いエンスージアストにぴったりな究極のアクセサリーだ。モデルとなったMaclaren Sennaは、maclaren史上最も突き詰めたサーキット専用モデルであり、その比類なきパフォーマンスは、マクラーレンで3度Formula1チャンピオンに輝いたアイルトン・セナの名を冠していることにも表れている。

Maclaren Senna「ライドオン」は、マクラーレン正規販売代理店のみで取り扱う限定カラー「Volcano Yellow」となっており、アイルトン・セナのレースヘルメットを思わせるイエローにグリーンのアクセントが入ったカラーリングを、レーシングドライバーを目指すキッズ向けに用意した。

現役F1ドライバーをも満足させる本格走行性能

Maclaren Senna「ライドオン」の対象年齢は3歳~6歳だが、マクラーレンのFormula1ドライバーであるランド・ノリスは自身の体を押し込みテスト走行を敢行、その走りに満足していた。

Maclaren Senna「ライドオン」は、好評を博した昨年の720S「ライドオン」の機能を全て装備している。上下に開閉するディへドラル・ドアで乗降も楽々。本物と同じプッシュ式のスタートボタンを押せばMaclaren Sennaのエンジンサウンドが響き渡る。また、インフォテインメント・システムを使えば、音楽を聞きながらのドライブも楽しめ、USBメモリーやSDカードのファイルにもアクセスできる。

大人をも魅了する本物さながらの精巧な電動ペダルカー

正確なハンドリングのため、きちんと作動するブレーキと、光るブレーキランプも搭載。当然ながら、性能は本物に比べて限定されるが、Maclaren Senna「ライドオン」は2020年以降誰もが欲しがる乗用玩具となるだろう。


価格は105,000円(税別)で、現在、マクラーレン正規販売代理店と一部の玩具店でオーダーできる。

精巧な創り、本物さながらの機能は、子供ならずとも手にしたくなるはずだ。マクラーレンオーナーにとっては、子供へのプレゼントはもちろんのこと、部屋に飾り酒を飲みながら愛でるインテリアとして申し分ない。

マクラーレン
https://cars.mclaren.com/jp-ja

関連記事

  1. フィアットの人気モデル「500(チンクエチェント)」が電気自動車に

  2. 限定399台のマクラーレンのロードスター。

  3. マクラーレンの最新モデル「McLaren 765LT」発表

  4. アストンマーティン初の二輪車!ブラフ・シューペリアと共同開発した「AMB 001」の走行テストが進行…

  5. マクラーレン720Sは、2駆で0-100km/h 2.9秒!

  6. マクラーレン至極のハイパーGT「スピードテール」を日本初公開!

  7. メルセデスが、直列6気筒にこだわった理由。

  8. ランボルギーニ最新モデル「ウラカンEVO RWD スパイダー」を発表

  9. 新しいゲレンデヴァーゲンに乗った!

特別連載 リシャール・ミル ブティック紹介

  1. 特別連載 Vol.9 リシャール・ミル名古屋松坂屋店
  2. 特別連載 Vol.8 リシャール・ミル伊勢丹新宿
  3. 特別連載 Vol.7 リシャール・ミル福岡
  4. 特別連載 Vol.6 リシャール・ミル神戸
  5. 特別連載 Vol.5 リシャール・ミル 西武渋谷店
  6. 特別連載 Vol.4 リシャール・ミル 大阪髙島屋
  7. 特別連載 Vol.3 リシャール・ミル 日本橋髙島屋
  8. 特別連載 Vol.2 リシャール・ミル 大阪

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. 特別連載 Vol.5 リシャール・ミル 西武渋谷店
  2. リビエラ逗子マリーナに『MALIBU HOTEL』が誕生
  3. 非日常のラグジュアリーを提供してくれる「アマン京都」
  4. リシャール・ミルからキミ・ライコネンモデル。
  5. リシャール・ミルの日本未発売モデルがNX ONE銀座で手に入る!
  6. リシャール・ミル ブティック銀座が、並木通りに。
  7. リシャール・ミルの新作は、甘く懐かしい時間に誘うタイムマシン?
  8. Elvaの名を引き継いだマクラーレン究極のロードスター。
  9. フェラーリの純粋な内燃機関で構成された最後のV8ミッドシップ。
  10. ルイ・ヴィトンのトローリー第2弾は、ニット素材。
PAGE TOP