• CAR
 

遂に世界最高峰のグランドツアラー「ベントレー新型フライングスパーV8」生産開始

通行く人の注目を集めて離さない洗練された美ボディを持つ、ベントレーの世界最高のラグジュアリー4ドアグランドツアラー「新型フライングスパーV8」が、高級車製造工場では世界初となるカーボンニュートラル認証を取得したクルー工場で本格的な生産を開始した。

熟練職人の手作業による美しい内装とV8ツインターボが生み出す驚異的な性能

個性的なサウンドを放つ新型フライングスパーV8は、熟練職人の手作業によって1台につき100時間以上の時間を費やし慎重に大切に生み出されている。2005年以来40000台目のフライングスパーの生産を達成し、その名声も受け継いだ。新しいフライングスパーを作成するプロセスは、そのアプローチにも細心の注意が払われる。例えば、内装を構成する60の部品を構成するためには、141人の職人が3キロの糸を使って350枚のユニークな革を組み合わせている。言わずもがな、この新型の心臓部には4.0リットルのV8ツインターボが搭載されている。このV8を活かすべく新型に施された革新的なシステムとテクノロジーにより、フライングスパーシリーズの中で特にエキサイティングでダイナミックなパフォーマンスを表現することに成功。新型グランドツアラーはこのほど認証手続きを完了し、高級リムジンとしては驚異的な性能数値を記録。

・0-100 km/h 4.1秒
・0-160 km/h 8.8秒
・最高速度 318 km/h
・WLTP CO2: 288 g/km
・WLTP 燃費(複合): 22.2 mpg (UK)
・WLTP 燃費(複合): 12.7 litres / 100 km
・WLTP 航続距離: 709 km

全てのパフォーマンスがスマートに進化

最大出力は550ps。最大トルクは78.5kgm。ツインスクロールターボを使用して、わずか2000rpm弱で770Nmの最大トルクに到達し、4500rpmまでフラットなトルクカーブを維持する。 車体はW12バージョンよりも約100kg軽量化されており、V8の驚異的なエンジンパフォーマンスを後押し。同時に、地球環境への配慮も向上。満タンでの航続距離は現在709km(WLPT)となり、CO2排出量はW12と比較して15%削減された。燃費を最大化するために、V8では軽負荷状態でトルクが235Nm以下、そしてエンジン回転数が3000rpm以下の場合、8気筒のうち4気筒を停止させる。解除時間は瞬きにかかる時間のわずか10分の1である約20ミリ秒。給油時間減少による走行時間の延長なども実現し、すべてが俊敏にスマートに進化している。エアサスペンション、ブレーキによるトルクベクタリング、ドライブダイナミクスコントロール、電動ステアリングなどが標準装備されている。さらに、ベントレーの先駆的な48V電動アクティブアンチロールテクノロジー(ベントレーダイナミックライド)と電子制御オールホイールステアリングをオプションで追加することで、さらに俊敏性を高めることができる。

運転アシストなどのオプションも充実し、様々な自分好みのカスタマイズも可能

ドライバーファーストであり抜群のプロポーションを誇る新型フライングスパーV8は、形式美を損なうことなく運転アシストを充実させ、オプションが充実。4人乗りと5人乗りのどちらかを選択でき、業界初のベントレーローテーションディスプレイもオプションで選択可能だ。スタートボタンを押すとダッシュボードからタッチスクリーンが現れる。カスタマイズ可能な3種のウインドウが表示され車内環境をパーソナライズすることができる。車内の雰囲気を大きく左右するレザーシートのカラーも選択可能で合計15色用意されている。エアサスペンションには、先代のフライングスパーに比べて60%増の空気量を持つ3室式エアスプリングを採用。これにより、スポーツレベルのスプリング剛性から高級リムジンの乗り心地まで、ドライバーが選択したモードに応じて変化させることができる幅が広がった。オプションのエレクトロニック・オールホイール・ステアリングは、フライングスパーに導入された新技術で、高速道路での安定性と街中での操縦性の両方を向上。低速走行時には、システムが後輪を前輪と逆方向に操舵する。これにより、ホイールベースが短くなり、旋回円が小さくなり、俊敏性が増し、駐車が格段に楽になるという効果がある。

革新的技術と豪華さを融合した新型フライングスパーV8の価格と納車開始時期は?

これまでにない革新的な技術と現代的な豪華さを両立した究極の芸術、それが新型フライングスパーV8。細部に至るまで美しさを追求したエレガントなデザイン、快適性、豪華さ全てにおいて究極だ。なお、日本でのメーカー希望小売価格は22,561,000円。注文は現在受付中であり、日本で深みのある低音が鳴り響くのは2021年第2四半期頃となる。

ベントレー
https://www.bentleymotors.jp/

関連記事

  1. ランボルギーニ最新モデル「ウラカンEVO RWD スパイダー」を発表

  2. スポーツカーの世界で最前線を走り続けるGT-Rの魅力。

  3. マクラーレンのハイブリッド・スーパーカー「アルトゥーラ」が誕生!

  4. アストンマーティン初の二輪車!ブラフ・シューペリアと共同開発した「AMB 001」の走行テストが進行…

  5. アストンマーチンの名機「DBR1」のビスポーク仕様モデルが登場

  6. マクラーレン「720S Spider」に魅せられて。

  7. ベントレーの新作「Bacalar」が3月3日に一般公開

  8. アストンマーティン初のSUV最終段階へ。

  9. 0-100、2.5秒の屋根開きフェラーリ

特別連載 リシャール・ミル ブティック紹介

  1. 特別連載 リシャール・ミル 銀座 × スノーボードアルペン竹内智香
  2. 特別連載 リシャール・ミル 大阪 × レーシングドライバー松下信治
  3. 特別連載 リシャール・ミル 伊勢丹新宿店 × プロゴルファー成田美寿々
  4. 特別連載 リシャール・ミル 福岡 × プロゴルファー青木瀬令奈
  5. 特別連載 リシャール・ミル 神戸 × プロゴルファー宮里優作
  6. 特別連載 リシャール・ミル 銀座 × レーシングドライバー中野信治
  7. 特別連載 リシャール・ミル 名古屋松坂屋店
  8. 特別連載 リシャール・ミル 福岡

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. アイリッシュ・ウイスキーの老舗「イーガンズウイスキー」が放つ限定シングル・モルト…
  2. 「ABCDEFGucci」で自分だけのニットを。
  3. 世界で最もエレガントな自動車コンテスト
  4. セレブも夢中の「アレキサンダー・ワン×ブルガリ」のカプセルコレクション第2弾
  5. ルイ・ヴィトンのテーブル・フットボール&ビリヤードテーブルが登場
  6. フェラーリ、その世界一のサービスが日本にある
  7. リシャール・ミルとACJのコラボ第2弾。
  8. 青木瀬令奈プロ、「宮里藍サントリーレディスオープン」大会レコードで大逆転優勝!
  9. リシャール・ミルがラファエル・ナダルモデル最新作「RM 27-04」を発表
  10. RM 011の定番モデルから、マンチーニモデル!
PAGE TOP