• CAR
 

ベントレー、90年前の名車を12台限定復刻!

1台1台ハンドクラフトで製造


世界から愛されるイギリスの超高級車ブランド・ベントレーは、数々の名車を生み出してきたが、その中でも屈指のスーパーチャージャー付きエンジンを搭載した「ブロワー」を90年の時を超え、12台限定で復刻させる。
このコンティニュエイション・カーは、ベントレー・マリナーのクラシック部門の専属チームが1台1台ハンドクラフトで製造しています。戦前のレーシングカーが忠実に再現されるのは、これが世界初となる。

そして、このテレワーク期間中に、専任エンジニア2人が、1200時間をかけて、正確かつ、完全なデジタルモデルを完成させた。
「ブロワー」は、1929年にサー・ティム・バーキン卿が製作し、オリジナルに製造されたのは、4台のみ。その全車がル・マン24時間を含む耐久レースに参加した本格的なレーシングカーだ。

復刻にあたりベントレーが所有する「チーム・ブロワー」を慎重に解体し、精密な3Dスキャンや複雑な手作業による計測を経た後、デジタルの世界で再現されました。今回のデジタルモデルは「ブロワー」を機械的に正確に複製したもので、630個のコンポーネントで構成された70個のアセンブリーに分かれており、総データ量は2GB以上に達します。




ここから先は、当時の技術を使い手作業で製造される。機能としては、基本的に1920年代に製造された車両と同じだが、安全性のために多少のアップデートが施される。プレス鋼製のフレームや、リーフスプリング式のサスペンション、400mmの機械式ドラムブレーキ、そして最高出力243psを発生するスーパーチャージャー付き4398cc直列4気筒16バルブ・エンジンは、オリジナルと同じように製造される。インテリアも当時と変わらぬデザインになる予定だが、カラーなど、オプションは、購入者が指定出来るそうだ。

この復刻版が誕生すれば、世界で最も価値のあるベントレーと言えるだろう。
12台のコンティニュエーションシリーズのベントレー4 1/2リットル”チーム・ブロワー”が完成するのは約2年後の予定。価格は受注開始時に決定する。世界屈指の名車は、誰の手に渡るのか。オーナーは、歴史に名を刻むことになる。

ベントレー:https://www.bentleymotors.jp/

関連記事

  1. マクラーレン新型「765LT」が日本初公開!

  2. モードな4座フェラーリ「ローマ」

  3. ベントレーの偉大なるV8エンジン、60年以上の歴史に幕を下ろす。

  4. アストンマーティン初のSUV最終段階へ。

  5. リシャール・ミルとマクラーレンが初の腕時計を発表!

  6. 0-100、2.5秒の屋根開きフェラーリ

  7. メルセデスVクラスからアウトドアに最適の「V220d マルコポーロ ホライゾン」登場

  8. マクラーレンの最新モデル「McLaren 765LT」発表

  9. 遂に世界最高峰のグランドツアラー「ベントレー新型フライングスパーV8」生産開始

特別連載 リシャール・ミル ブティック紹介

  1. 特別連載 リシャール・ミル 伊勢丹新宿店 × プロゴルファー成田美寿々
  2. 特別連載 リシャール・ミル 福岡 × プロゴルファー青木瀬令奈
  3. 特別連載 リシャール・ミル 神戸 × プロゴルファー宮里優作
  4. 特別連載 リシャール・ミル 銀座 × レーシングドライバー中野信治
  5. 特別連載 リシャール・ミル 名古屋松坂屋店
  6. 特別連載 リシャール・ミル 福岡
  7. 特別連載 リシャール・ミル 神戸
  8. 特別連載 リシャール・ミル 大阪

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. 2020年究極の電動カー、Maclaren Senna「ライドオン」が登場
  2. リゾナーレ小浜島が7/1にグランドオープン!
  3. リシャール・ミルが新しい“代表作”「RM 72-01 オートマティック フライバ…
  4. セレブも夢中の「アレキサンダー・ワン×ブルガリ」のカプセルコレクション第2弾
  5. 特別連載 リシャール・ミル 神戸
  6. V8フェラーリ最強の488ピスタ スパイダー。
  7. ベルルッティ、再認識。
  8. 2億5000万円のマクラーレン・スピードテール。
  9. ブルガリの「ビー・ゼロワン」コレクションのブレスレット。
  10. 「THE HIRAMATSU 京都」が開業
PAGE TOP