• CAR
 

限定399台のマクラーレンのロードスター。

マクラーレンがアルティメットシリーズのニューモデルをペブルビーチ・コンクールで発表した。
デビューするのは、来年2020年の後半で、なんとまだ名称も決まっていないという状況での異例の発表だ。
それは、公道を風を感じて走ることができる究極のロードスター。
2シーターのオープン・コックピットで、生産台数が399台に厳密に制限されているそうだ。
このロードスターの特色は、公道走行にも適合する、究極のサーキットカーになることを目指したマクラーレン セナとも、高速域での空力効率を追求したスピードテールとも異なり、公道走行の楽しさを徹底的に追及して開発されている。
ドライバーと周辺環境が一体化するような感覚が味わえるらしい。

クラシカルなプロポーションの外観に、エレガントな流れるようなライン、控えめなディヘドラル・ドア。
サーキットより公道指向の強いデザインとなっている反面、マクラーレンのトレードマークでもあるカーボン・ファイバー構造の活用によって、マクラーレン・オートモーティブがこれまでに製造したモデルの中で最軽量のクルマとなっている。
セナで採用されているV8ツインターボをベースとしたエンジンを搭載し、圧倒的な性能が保障されている。
マクラーレン・オートモーティブCEOのマイク・フルーウィット氏は「ロードカーでもサーキットカーでも、もっとも純粋で、最もクルマとの一体感を感じられるドライビング・エクスペリエンスを提供するために、絶えず限界に挑戦しています。
アルティメットシリーズに新たに加わることになった、オープン・コックピットのロードスターは、公道でのドライビングの楽しみを新たなレベルに引き上げるでしょう」と述べている。
2020年後半に発売予定の新しいアルティメットシリーズモデルの日本での販売価格は未定で、現在のセナ(75万ポンド)とスピードテール(210万ポンド)の中間に設定される予定らしい。
マクラーレンは、2018年に12億ポンドを研究開発に投入し、2025年までに18のニューモデルを導入するというビジネスプラン「Track25」の発表通り、イノベーティブなクルマを送り出し続けている。
純粋なオープントップ・ドライビングの爽快さを重視したニューモデル。
スポーツカーではなく、スーパースポーツカーのマクラーレンは、ドライブしていると非日常に誘ってくれる。
ロードスターは、乗った瞬間に変われる魅力がある。
2020年のデビューが今から楽しみで仕方がない。

マクラーレン
https://jp.cars.mclaren.com/
マクラーレン東京
https://tokyo.mclaren.com/

関連記事

  1. マクラーレン720Sは、2駆で0-100km/h 2.9秒!

  2. メルセデス・ベンツ「EQC Edition 1886」日本限定55台!

  3. 遂に世界最高峰のグランドツアラー「ベントレー新型フライングスパーV8」生産開始

  4. 映画『007』シリーズ初のジェームズ・ボンドモデル バイク 「Scrambler 1200 Bond…

  5. 2億5000万円のマクラーレン・スピードテール。

  6. マクラーレン「720S Spider」に魅せられて。

  7. ベントレー、90年前の名車を12台限定復刻!

  8. モードな4座フェラーリ「ローマ」

  9. メルセデスが、直列6気筒にこだわった理由。

特別連載 リシャール・ミル ブティック紹介

  1. 特別連載 リシャール・ミル 伊勢丹新宿店 × プロゴルファー成田美寿々
  2. 特別連載 リシャール・ミル 福岡 × プロゴルファー青木瀬令奈
  3. 特別連載 リシャール・ミル 神戸 × プロゴルファー宮里優作
  4. 特別連載 リシャール・ミル 銀座 × レーシングドライバー中野信治
  5. 特別連載 リシャール・ミル 名古屋松坂屋店
  6. 特別連載 リシャール・ミル 福岡
  7. 特別連載 リシャール・ミル 神戸
  8. 特別連載 リシャール・ミル 大阪

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. リシャール・ミルがラファエル・ナダルモデル最新作「RM 27-04」を発表
  2. アンダーズ 東京でクリスマスはラグジュアリーグランピング。
  3. 「ブルーノ・マーズ」がプロデュースするラム酒「セルバレイ」 が日本上陸!
  4. ベルルッティ、再認識。
  5. 世界で最もエレガントな自動車コンテスト
  6. リシャール・ミルが新しい“代表作”「RM 72-01 オートマティック フライバ…
  7. 100年の時を超えて蘇ったバカラ「春海コレクション」発売
  8. 伊勢丹新宿店本館5階=ウォッチにラグジュアリーを極めたカフェが誕生。 後篇
  9. 「THE HIRAMATSU 京都」が開業
  10. リシャールミルジャパン基金が「チャリティオークション2021」を開催
PAGE TOP