限定399台のマクラーレンのロードスター。

マクラーレンがアルティメットシリーズのニューモデルをペブルビーチ・コンクールで発表した。
デビューするのは、来年2020年の後半で、なんとまだ名称も決まっていないという状況での異例の発表だ。
それは、公道を風を感じて走ることができる究極のロードスター。
2シーターのオープン・コックピットで、生産台数が399台に厳密に制限されているそうだ。
このロードスターの特色は、公道走行にも適合する、究極のサーキットカーになることを目指したマクラーレン セナとも、高速域での空力効率を追求したスピードテールとも異なり、公道走行の楽しさを徹底的に追及して開発されている。
ドライバーと周辺環境が一体化するような感覚が味わえるらしい。

クラシカルなプロポーションの外観に、エレガントな流れるようなライン、控えめなディヘドラル・ドア。
サーキットより公道指向の強いデザインとなっている反面、マクラーレンのトレードマークでもあるカーボン・ファイバー構造の活用によって、マクラーレン・オートモーティブがこれまでに製造したモデルの中で最軽量のクルマとなっている。
セナで採用されているV8ツインターボをベースとしたエンジンを搭載し、圧倒的な性能が保障されている。
マクラーレン・オートモーティブCEOのマイク・フルーウィット氏は「ロードカーでもサーキットカーでも、もっとも純粋で、最もクルマとの一体感を感じられるドライビング・エクスペリエンスを提供するために、絶えず限界に挑戦しています。
アルティメットシリーズに新たに加わることになった、オープン・コックピットのロードスターは、公道でのドライビングの楽しみを新たなレベルに引き上げるでしょう」と述べている。
2020年後半に発売予定の新しいアルティメットシリーズモデルの日本での販売価格は未定で、現在のセナ(75万ポンド)とスピードテール(210万ポンド)の中間に設定される予定らしい。
マクラーレンは、2018年に12億ポンドを研究開発に投入し、2025年までに18のニューモデルを導入するというビジネスプラン「Track25」の発表通り、イノベーティブなクルマを送り出し続けている。
純粋なオープントップ・ドライビングの爽快さを重視したニューモデル。
スポーツカーではなく、スーパースポーツカーのマクラーレンは、ドライブしていると非日常に誘ってくれる。
ロードスターは、乗った瞬間に変われる魅力がある。
2020年のデビューが今から楽しみで仕方がない。

マクラーレン
https://jp.cars.mclaren.com/
マクラーレン東京
https://tokyo.mclaren.com/

関連記事

CATEGORY

ARCHIVE

ページ上部へ戻る