• CAR
 

限定399台のマクラーレンのロードスター。

マクラーレンがアルティメットシリーズのニューモデルをペブルビーチ・コンクールで発表した。
デビューするのは、来年2020年の後半で、なんとまだ名称も決まっていないという状況での異例の発表だ。
それは、公道を風を感じて走ることができる究極のロードスター。
2シーターのオープン・コックピットで、生産台数が399台に厳密に制限されているそうだ。
このロードスターの特色は、公道走行にも適合する、究極のサーキットカーになることを目指したマクラーレン セナとも、高速域での空力効率を追求したスピードテールとも異なり、公道走行の楽しさを徹底的に追及して開発されている。
ドライバーと周辺環境が一体化するような感覚が味わえるらしい。

クラシカルなプロポーションの外観に、エレガントな流れるようなライン、控えめなディヘドラル・ドア。
サーキットより公道指向の強いデザインとなっている反面、マクラーレンのトレードマークでもあるカーボン・ファイバー構造の活用によって、マクラーレン・オートモーティブがこれまでに製造したモデルの中で最軽量のクルマとなっている。
セナで採用されているV8ツインターボをベースとしたエンジンを搭載し、圧倒的な性能が保障されている。
マクラーレン・オートモーティブCEOのマイク・フルーウィット氏は「ロードカーでもサーキットカーでも、もっとも純粋で、最もクルマとの一体感を感じられるドライビング・エクスペリエンスを提供するために、絶えず限界に挑戦しています。
アルティメットシリーズに新たに加わることになった、オープン・コックピットのロードスターは、公道でのドライビングの楽しみを新たなレベルに引き上げるでしょう」と述べている。
2020年後半に発売予定の新しいアルティメットシリーズモデルの日本での販売価格は未定で、現在のセナ(75万ポンド)とスピードテール(210万ポンド)の中間に設定される予定らしい。
マクラーレンは、2018年に12億ポンドを研究開発に投入し、2025年までに18のニューモデルを導入するというビジネスプラン「Track25」の発表通り、イノベーティブなクルマを送り出し続けている。
純粋なオープントップ・ドライビングの爽快さを重視したニューモデル。
スポーツカーではなく、スーパースポーツカーのマクラーレンは、ドライブしていると非日常に誘ってくれる。
ロードスターは、乗った瞬間に変われる魅力がある。
2020年のデビューが今から楽しみで仕方がない。

マクラーレン
https://jp.cars.mclaren.com/
マクラーレン東京
https://tokyo.mclaren.com/

関連記事

  1. マクラーレン720Sは、2駆で0-100km/h 2.9秒!

  2. 映画「007」のボンドカー世界25台限定で完全再現!

  3. AMG45シリーズが完全刷新!

  4. 世界から注目を集めるアウトモビリ。・ランボルギーニ×Riva 1920の家具

  5. フェラーリの純粋な内燃機関で構成された最後のV8ミッドシップ。

  6. V8フェラーリ最強の488ピスタ スパイダー。

  7. ベントレー、90年前の名車を12台限定復刻!

  8. スポーツカーの遺伝子を受け継いだSUVモデル。

  9. アストンマーティン初の二輪車!ブラフ・シューペリアと共同開発した「AMB 001」の走行テストが進行…

特別連載 リシャール・ミル ブティック紹介

  1. 特別連載 Vol.9 リシャール・ミル名古屋松坂屋店
  2. 特別連載 Vol.8 リシャール・ミル伊勢丹新宿
  3. 特別連載 Vol.7 リシャール・ミル福岡
  4. 特別連載 Vol.6 リシャール・ミル神戸
  5. 特別連載 Vol.5 リシャール・ミル 西武渋谷店
  6. 特別連載 Vol.4 リシャール・ミル 大阪髙島屋
  7. 特別連載 Vol.3 リシャール・ミル 日本橋髙島屋
  8. 特別連載 Vol.2 リシャール・ミル 大阪

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. RM 011の定番モデルから、マンチーニモデル!
  2. 特別連載 Vol.3 リシャール・ミル 日本橋髙島屋
  3. Elvaの名を引き継いだマクラーレン究極のロードスター。
  4. 空気清浄機は、ひとりに1台の時代か。
  5. ルイ・ヴィトンのトローリー第2弾は、ニット素材。
  6. フェンディ カーサ、モダンになって復刻。
  7. フエギア 1833から、ディフューザーが!
  8. 特別連載 Vol.2 リシャール・ミル 大阪
  9. リシャール・ミルの新作は、ファレルとともに宇宙へ。
  10. 重すぎず、軽すぎないルイ・ヴィトン。
PAGE TOP