• CAR
 

マクラーレン「720S Spider」に魅せられて。

マクラーレンへの熱が高まり続けている。
お披露目されたばかりの「720S Spider」の
発表会に足を運んでからというもの、
マクラーレン史上もっとも完成度の高い
コンバーチブルタイプのスーパーカーの魅力に、
とりつかれてしまったようだ。
先日の発表会の様子を振り返りながら、
「720S Spider」の魅力をお伝えしたいと思う。

まず目を引くのは、数多あるスポーツカーのなかでも、もっとも美しいであろう流れるようなボディ。
コンバーチブルは、ルーフを開けたときにカッコいいのは当たり前。
ルーフを閉めたときの美しさは、マクラーレン、
そしてこの「720S Spider」に匹敵するクルマはないと思う。
それをこちらの動画で確かめられる。きっと見入ってしまうハズだ。

 

しかも、360度の視界を確保するガラス張りの
リフラクタブル・ハード・トップは、
ボタンひとつで透明から半透明の状態に切り替わり、
開閉時間はスーパーカー・クラスで最速の11秒。
50㎞/hまでであれば走行時の開閉も可能だという。
操縦者は、まるで戦闘機のパイロットにでもなったかのような感覚を味わえるはずだ。

4.0リッター・ツインターボのマクラーレンV8エンジンは、720馬力。
0-100㎞/h加速は2.9秒という、まさに暴力的ともいえる加速力だ。
官能的なエキゾーストノートは言わずもがな、
リアから2本突き出たマフラーも男心をくすぐってくれる。
価格は37,888,000円から。
マクラーレンの2018年の世界販売台数は、
前年対比43.9%増加の4,806台。
少々いやらしい話にはなるが、特に720はリセールもいい。
マクラーレンこそ投資してみる価値はあると思う。

マクラーレン
https://jp.cars.mclaren.com/

マクラーレン 東京
https://tokyo.mclaren.com/

関連記事

  1. スポーツカーの世界で最前線を走り続けるGT-Rの魅力。

  2. ロールス・ロイス「ゴースト」に「ブラック・バッジ」が登場

  3. 世界にわずか「2台」しか誕生しない F8 TRIBUTO「ALLEGGERITA CARBONIO…

  4. フェラーリの純粋な内燃機関で構成された最後のV8ミッドシップ。

  5. フェラーリ、その世界一のサービスが日本にある

  6. 映画「007」のボンドカー世界25台限定で完全再現!

  7. マクラーレンの最新モデル「McLaren 765LT」発表

  8. 0-100、2.5秒の屋根開きフェラーリ

  9. Ferrari Omologata ワンオフモデル

    世界に1台のフェラーリ、新しいワンオフ・モデル「Ferrari Omologata」発表!

特別連載 リシャール・ミル ブティック紹介

  1. 特別連載 リシャール・ミル 銀座 × スノーボードアルペン竹内智香
  2. 特別連載 リシャール・ミル 大阪 × レーシングドライバー松下信治
  3. 特別連載 リシャール・ミル 伊勢丹新宿店 × プロゴルファー成田美寿々
  4. 特別連載 リシャール・ミル 福岡 × プロゴルファー青木瀬令奈
  5. 特別連載 リシャール・ミル 神戸 × プロゴルファー宮里優作
  6. 特別連載 リシャール・ミル 銀座 × レーシングドライバー中野信治
  7. 特別連載 リシャール・ミル 名古屋松坂屋店
  8. 特別連載 リシャール・ミル 福岡

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. 「ル・カフェ」に 「パティシエ エス コヤマ」のオリジナルスイーツが登場!
  2. 重すぎず、軽すぎないルイ・ヴィトン。
  3. アンダーズ 東京でクリスマスはラグジュアリーグランピング。
  4. 世界でたった一つのグローブ・トロッター。
  5. ロールス・ロイス「ゴースト」に「ブラック・バッジ」が登場
  6. リシャール・ミルの新作は、甘く懐かしい時間に誘うタイムマシン?
  7. セレブも夢中の「アレキサンダー・ワン×ブルガリ」のカプセルコレクション第2弾
  8. 「Bang & Olufsen」、『Beovision Harmony…
  9. H.モーザー2021年最初の新作は、眼と耳で楽しむハイコンプリケーション
  10. より豊かで快適なライフスタイルへ。 至福のひとときを優雅に彩る、ロルフベンツのニ…
PAGE TOP