ホンダNSXの進化。

ご存じだろうか。
先日、ホンダのハイブリッドスーパースポーツモデルのNSXが進化したことを。
2019年モデルと称されるそのモデル、
かなり魅力的に進化したのだが、説明されないと気がつかない内容になっているので、
ラグブロ。でご紹介させていただこう。

 

最も変わったのは、中身。外装上の変更は、
新色の追加に加えて、
フロントグリルに横一線で入っていた
クロームのアクセントカラーがボディ同色になり、
スーパーカーに大事な見た目の迫力や特別感、
低く身構えるスタイルが強調されたことくらい。
しかしながらその低さは、
スーパーカーの中でも特筆レベルで、写真からは伝わり辛いが見た目の感想を主観で申せば、
低いとされるランボルギーニのウラカンなども超えており、とてもカッコ良い。
その背景には、NSXの特異なパッケージにある。
世のスーパーカー同様にフロント部にエンジンが無い
ミッドシップパッケージに加えて、
多くのスーパーカーが設けているキャリーバックが入る程度の荷物室まで無い。
NSXのフロント部には、左右のフロントタイヤを
個別に駆動させる2個の超小型形状の電気モーター
だけなので、ボンネットをとても低くでき、
地面と一体化するようなワイド&ローフォルムを
強調できているのだ。

 

ちなみにそのパッケージは、前から順番に、
前輪駆動用の2つのモーター→乗員→ハイブリッドバッテリー→3.5ℓV6エンジン→後輪駆動用の電気モーター→7速ダブルクラッチトランスミッション。
エンジンの脇には冷却用のラジエターがあり、
トランスミッションの脇には排気マフラーがある。
荷物室は、そのトランスミッションの上に熱対策されて設けられる。
とは言っても、熱さに弱い荷物の積載は
避けたほうがよいのと、容量こそ十分だが深さが無く、
歪な荷室形状なので柔軟なボストンバックなどであれば
2人での旅行もこなせる。

そして、2019年モデルで磨かれたのは、
運転で得られる気持ちよさが増したこと。
そもそもNSXの走りの特筆価値は、大きく2つある。
ひとつは、前述したとおりハイブリッドモデルなので、
モーターだけで静かに走れるEVドライブが可能なこと。
この静かに走れる能力により、深夜や早朝、
人通りの多い場所など刺激的な排気音を抑えて走りたい願望を叶えてくれる。
具体的には、スポーツプラスモードやトラックモードを選択すればスーパーカーらしい刺激的な音が奏でられ、
クワイエットモード(静粛モード)を選べば静かに走れる。
この使い分けができ、NSXはオーナーを知的に見せるし、
ストレス知らずのスーパーカーライフを得ることができるし、女性を乗り味でエスコートすることまでできる。そして2つめ特筆価値は、動力性能がとても高いこと。バッテリーや合計3つのモーターがあり、若干重いのでアウディR8やランボルギーニウラカン、フェラーリ488などのような、
軽快感こそ備えていないが、運動特性だけに特化すると
重さを感じさせず、それらライバルをしのぐほど
鋭く加速するし、高い旋回力を示す。
なぜならば、モーターはエンジンのように回転数の
上昇とともに加速力が発揮されるのではなく、
回転数に関係なく相応の電気さえ流せば狙った加速力が
瞬間的に得られる特性を持つ。
なので、加速力はどのガソリンエンジンを搭載するスーパーカーよりも鋭い。さらにNSXは、前輪左右のタイヤを個別に電気モーターが駆動する。
これにより、左旋回では左タイヤより右タイヤを
多く駆動させて、左右の駆動力差でクルマを曲げる
ベクタリング効果も発揮。
これを瞬間的に使って鋭くクルマを曲げる、
連続して使って不思議なほど高い速度で安定して
旋回するなど、これまた通常のモデルでは不可能な
運度特性領域を持っている。
このような電気世界の現状があるので、
今はポルシェやフェラーリそしてマクラーレンなども
性能を追求した高額トップモデルは、
皆ハイブリッドモデルになっている。
NSXは車両本体価格2370万円。
一般的に高いと表されているが、
これら背景を踏まえたハイブリッドスーパースポーツと
考えるととてもお買い得。
最後に、肝心の2019年モデルの進化の肝だが、
その電気特性をフルに使った超高性能な走行を、
違和感なく普段から使いこなせるようになったことだ。
と言うのも、以前は性能こそ高かったが、
通常クルマとは異なる機構でクルマを曲げるからこそ、
そこに違和感を得るときが多々あり、
それが走りの気持ちよさや楽しさを害していた。
2019年モデルから、走りの味付けの総料理長が変わり、
とても素直で癖のない美味しい味になっていたので、
価値は倍増。それによりとても魅力的なモデルになったので、
ここで紹介する経緯に至った。
改めて、最高出力507ps、最大トルク550Nmを発揮するV6エンジンに、ガソリンエンジン換算で排気量1ℓ級の力を発揮する電気モーターをフロントに2基、
排気量1,5ℓ級の電気モーターをリアに1基搭載した、
低重心のミッドシップスーパースポーツモデルのインテリジェントな走りはオーナーに豊かなカーライフを与えるはず。

文:五味康隆

NSX
https://www.honda.co.jp/NSX

関連記事

ページ上部へ戻る