アストンマーティン初のSUV最終段階へ。

アストンマーティン初のSUV「DBX」が、いよいよカウントダウンか。
開発の最終段階へ入ったというニュースが飛び込んできた。
既存のアストンマーティン・スポーツカーに匹敵するパフォーマンスレベルを達成しているらしい。

現実世界における試験走行と、サーキットにおけるハイパフォーマンス評価を組み合わせたテストプログラムは、シルバーストーン(英国)およびニュルブルクリンク(ドイツ)のエンジニアリングセンターを拠点都市、世界各地で実施されている。
非常に苛酷なサーキットとして知られるニュルブルクリンクで行われている耐久テストでは、アストンマーティンの原稿のラインナップ中、もっともスポーツ性が高いVantageと同等のコーナリングスピードを記録している。
一方で、ブレーキ性能はアストンマーティンが誇るスーパーGTカー、DBS Superleggeraさえ上回っているそうだ。
この2つのパフォーマンスを組み合わせた新型SUVは、ニュルブルクリンクの北コースで繰り返し実施している走行テストにおいて、8分を切る驚異的なタイムを何度も記録している。

DBXには、4.0リッターV8ツインターボ・エンジンが搭載される。
このパワーユニットは、現代的なGTカーの爽快なパフォーマンスを実現するようにチューニングが施されて、VantageやDB11にも搭載されているV8エンジンは、DBX用にさらに性能が引き上げられ、その最高出力は550PS、最大トルクは700Nmに達している。
ハイスピードテストでは、DBXの最高速度が180mph(約290km/h)を上回ることが確認されたらしい。
最終的な最高速度と加速性能は、テストプログラムの最終段階で改めて設定されるそうだ。
もちろん、アストンマーティンならではの重厚なサウンドを実現するために、DBXのエキゾースト・システムは、中音域を高めながらも深みのある低音に焦点を当て、スポーティな走行時には胸のすくようなサウンドを奏でるように調整されているそうだ。

DBXのテストプログラムは、順調。
チーフエンジニアのマット・ベッカー氏は、次のように述べている。
「SUVオーナーが期待する日常の使い勝手と洗練された走行性能を実現することを念頭に置いて、4.0リッターV8ツインターボ・エンジンの較正とチューニングを実施しています。
同時に、アストンマーティン・ブランドの伝統となっている、クルマとドライバーが一体となったドライビング・ダイナミクスにも注力しています。
DBXの総合的なパフォーマンスは、すでに非常に高いレベルに到達しています。
今後数ヶ月は、DBXにとっても、私たちにとっても、重要な時期になるでしょう。
パワートレーンにさらに磨きをかけるとともに、ダイナミック・パフォーマンスのセットアップを煮詰めることによって、DBXは市場でもっともエキサイティングなSUVモデルに仕上がるでしょう。」

アストンマーティン史上最も広範囲なテストプラグラムを適用し、スポーツカーと同等レベルのパフォーマンスを実現するDBX。
今年の12月に発表される予定だ。
その走り、試してみたい。

アストンマーティン
https://www.astonmartin.com/ja

関連記事

CATEGORY

ARCHIVE

ページ上部へ戻る