リシャール・ミルとマクラーレンが初の腕時計を発表!

第88回ジュネーブ・インターナショナル・モーターショーで、リシャール・ミルとマクラーレン・オートモーティブが初の腕時計を発表!


その名は「RM 11-03 オートマ ティック フライバッククロノグラフ マクラーレン」。
世界500本限定で、180,000スイスフラン+税(スイス現地小売価格)!
日本予定価格は、21,300,000円(税抜)!*価格は2018年3月現在のもの。
この新作は、マクラーレン アルティメットシリーズをご購入の方に優先して販売される予定です。


素材、ディテール、デザインへのこだわりが生み出した待望の腕時計で、マクラーレン・ マシンのデザインや超軽量化を可能にするテクノロジーを取り入れ、その存在感と機能の両面を併せ持った仕上がりだ。


RM 11-03は、RMAC3キャリバーを立体構造に仕上げ、その複雑な仕掛けを視覚的に前面に押し出しています。
新作RM 11-03 マクラーレンのケースは、カーボンTPT®とクオーツTPT®製です。
クオーツTPT®は、600を超えるシリカ繊維層を重ねて作られています。
1枚の層は厚さ45ミクロン未満で、リシャール・ミルが独自に開発したマクラーレンカラーであるオレンジのレジンに浸します。
そしてカーボンTPT ®層の間に挟み、専用の機械で45度ずつずらしながら重ねていきます。
続いて120度に過熱し、航空分野で用いられるものと同類の加圧機を使って6気圧の圧力をかけます。
その後社内のCNCマシンで加工され、加工されたクオーツ TPT®は独自の模様となり1つとして同じものはありません。


竜頭は、マクラーレンのホイールデザインで、プッシュボタンは、マクラーレン720Sのヘッドライトデザイン!
ケースの美しさにも目をひかれる。
ラグジュアリーと最先端テクノロジーを追求している両社の初コラボレーション腕時計。
マクラーレンのオーナーたちに愛されてきたリシャール・ミルだけに、このコラボレーションは見逃せない。

リシャール・ミル
http://www.richardmille.jp/

関連記事

  1. スポーツカーの遺伝子を受け継いだSUVモデル。

  2. リシャール・ミルの新作は、甘く懐かしい時間に誘うタイムマシン?

  3. メルセデス・ベンツ「EQC Edition 1886」日本限定55台!

  4. マクラーレン720Sは、2駆で0-100km/h 2.9秒!

  5. V8フェラーリ最強の488ピスタ スパイダー。

  6. 0-100、2.5秒の屋根開きフェラーリ

  7. Elvaの名を引き継いだマクラーレン究極のロードスター。

  8. ランボルギーニ最新モデル「ウラカンEVO RWD スパイダー」を発表

  9. リシャール・ミルが男子ゴルフの新規トーナメントをサポート

特別連載 リシャール・ミル ブティック紹介

  1. 特別連載 リシャール・ミル 福岡 × プロゴルファー青木瀬令奈
  2. 特別連載 リシャール・ミル 神戸 × プロゴルファー宮里優作
  3. 特別連載 リシャール・ミル 銀座 × レーシングドライバー中野信治
  4. 特別連載 リシャール・ミル 名古屋松坂屋店
  5. 特別連載 リシャール・ミル 福岡
  6. 特別連載 リシャール・ミル 神戸
  7. 特別連載 リシャール・ミル 大阪
  8. 特別連載 リシャール・ミル 銀座

人気記事 PICK UP!

HOT TOPICS

おすすめ記事

  1. マクラーレンの最新モデル「McLaren 765LT」発表
  2. フェラーリの純粋な内燃機関で構成された最後のV8ミッドシップ。
  3. ラリックの香水『クリスタルボトル コレクション2020 《オーキデ》』が発売。
  4. リシャール・ミルの新作は、甘く懐かしい時間に誘うタイムマシン?
  5. ベルルッティ、再認識。
  6. 鈴鹿サウンドオブエンジンで、リシャール・ミルの新作発表!
  7. 非日常のラグジュアリーを提供してくれる「アマン京都」
  8. フェンディ カーサ、モダンになって復刻。
  9. 至高の時間を堪能する 「フォーシーズンズホテル東京大手町」19時間の贅
  10. 世界で最もエレガントな自動車コンテスト
PAGE TOP