カリナンは、本物の“砂漠の”ロールスロイス

先日の発表会で日本仕様がお披露目され、
予約受付も始まった
ロールス・ロイスの初となるSUV「カリナン」。
価格は3800万円。
大人気らしい。
ラグブロ。読者の方でも、すでに注文済みな方もおられることだろう。

 

 4WDであり、オフロードスイッチも備える、
ロールスのイメージを覆すような一台だ。
ベンテイガほどあか抜けてない?のがいい。

 


インテリアにはもちろん最上級のレザーとウッド、
クローム・パーツを使用している。
もちろん、4座仕様もある。

 


もちろん魔法の絨毯のようと例えられる乗り心地も健在だ。
独立タイプの後部座席には、
中央部分にセンターコンソールを装備。
ロールス・ロイス製のウィスキーグラスやデキャンタ、
そしてシャンパンフルートや冷蔵庫を完備している。
ロールス・ロイスが手がけているから成せる
SUVとは思えない空間。
世界で一番ラグジュアリーなSUVであることは間違いない。

 

また6.75リッターV型12気筒ツインターボエンジンを搭載しており、
滑らかな走りを楽しむことができる。
ボディサイズはレンジローバーよりも一回り大きい5341×2164×1835mm。
最高出力は570psで、最大トルクは850Nmだ。

 

オフロードスイッチを一つ押すだけで、
システムやメカニズムをオフロード走行に
最適化してくれる、電子機構制御の4WD。

ファントムでは、やはり乗る側の服装も相当気にしてしまう。
降りてきてTシャツ、短パンでは、何か違う。
でも「カリナン」ならカジュアルで乗れるし、家族も意外に似合う?
ベンテイガを見下せる?
新しい価値観を見出してくれた一台だと思う。

 

ロールス・ロイス
https://www.rolls-roycemotorcars.com/en-GB/home.html

カリナン

https://www.rolls-roycemotorcars.com/en-GB/cullinan.html

関連記事

ページ上部へ戻る